無念!!の一言かもしれない

 結局詰め腹を切らされてしまっただけかもしれない…
 2~3日前まではほぼ続投決定と報じられていたけれど
 まさに急転直下の電撃解任今朝の練習前に言われた。

 
 
 本当に彼は全力を尽くせる条件と環境を与えられたのだろうか?
 就任発表から1ヶ月で分配ドラフトやドラフト会議、そしてトライアウト...
 ドラフトでは新規参入ゆえ大きく出遅れていたにもかかわらず
 フロントはコレといった戦力を用意してくれたとは到底思えない...
 しかも設備さえ1から作り直しで本拠地が完成したのは開幕直前。
 キャンプ地でさえ決まっていなかったという混乱した状況...

 監督未経験の人物をいきなり監督とした三木谷オーナーの思いつき
 それから始まったことだけれど、何か全て監督に負わせてしまった...
 そんな印象さえ受けてしまう。キーナート前GM以外誰もその責任を
 フロント内では負ってもいないことも事実だろうと思う。
 むしろ限られた戦力の中でコレだけやったことは評価されてもいい。
 礒部岩隈以外はほとんどが年俸の大幅ダウンの中での入団。

 監督自身も初めてのことで試行錯誤の連続だったと思う。
 なかなか勝てなくて選手と衝突してしまったり、いらぬ不協和音を
 作ってしまったことも当然あったと思う、それも予見されたこと。
 普通ならそれらを見越してベテランの監督を招聘するのだけれど
 いきなり新人監督を招聘した三木谷オーナーも非を認めて
 今季の成績には忍耐を持って臨んでほしかったとも思う...

 オーナーはフロントに目を光らせていないと来年もまた同じような
 失敗をしかねないと思う、。田尾監督だから潔く身を引いたけれど
 他の人物、特にノムさんならそうは行かないだろうと思う。
 当然ドラフトなどの編成は1からやり直しになるはず。
 今季より成績は下がるとは思えないけれど、もしあまり変わらなかったら
 ノムさんのクビを切れるんだろうか?素朴な疑問である。
[PR]
by extranjeco | 2005-09-25 23:53 | プロ野球
<< 同期の桜 お杉 >>