動き出した…

 いろいろとまた選手だけでなく、コーチ陣まで動きが出てきた…

 巨人再建の切り札!ソフトバンク・尾花投手コーチ招へいへ


 いろいろな意見があると思うけれど、尾花コーチが今の投手陣を支えてきた。
 去年辺りから確かに投手陣が打ち込まれたことが多々あったけれど、それは
 選手がその期待に応えられなくなっていたというだけかもしれない。
 奇策を用いず、自分が信じた選手をいつものように起用するという
 勝負師肌の王監督の期待に応え、監督の信任も厚かったと思う。

 単身赴任ももう7年目だったから、もう11年単身赴任になる王監督自身が
 尾花コーチの心境を1番よくわかっていたのだろうと思う、残念だけれど…
 実績を見てもコレだけの人物に変わるコーチが果たして他にいるのか?
 そんな気がしてならない。起用法など采配面で靴を挟まれるのを嫌うそんな
 監督だけにいくら有能でも監督とそりが合わなければ現場が混乱するだけ…

 そんな彼だけにウサギが狙うのはよくわかることだけれど、果たしてどうか?
 現場介入が日常化している経営陣やOBなど小ウルサい連中が多いから
 途中でイヤになってしまうかもしれない、救いは理解者の工藤がいることか…
 原と同年代ということもあって以外にうまくいくかもしれないけれど
 不協和音が起きたときにそれを飲み込めるだけの度量が原にあるのかどうか…
 
 その間にも永井と若田部にも戦力外通告がなされた、若田部はFAで移籍
 しながらもこの3年ケガなどでまともに投げてもいなかったからなぁ…
 初優勝の立役者だった2人がもう、淋しい…
[PR]
by extranjeco | 2005-10-01 21:49 | プロ野球
<< 順番が違うような… 早くも始まったストーブリーグ >>