ストーブリーグ突入

 日本シリーズも終わって正式にストーブリーグに突入した。
 これからはFAも解禁されて惜別球人も増えてくるかもしれない。

 おそらくもっとも動き出すだろう楽天、楽天 ローズ獲得へ

 *楽天が、巨人を退団することが決定的なタフィ・ローズ外野手(37)を獲得する
  方針を固めたことが26日、明らかになった。今季27本塁打を放ったローズは、
  巨人では来季構想外。シーズン中から調査を進めてきた楽天関係者は
  「まだ30発を打つ力はある」(球団関係者)と10年間で通算360本塁打の打力を
  高く評価。正式退団を待って入団を打診する方針だ。*とある。

 けれど獲得するかどうかはノムさん次第という気がする。
 何かと「首脳陣批判?」をコレまですることが多かっただけに
 果たしてローズの獲得に対してどんな印象を持っているだろうか?
 実績は申し分ないけれど清原不要とまで言っていたからなぁ...

 *≪岩隈に投球禁止令≫日向秋季キャンプに参加中の岩隈に、投球禁止令が
 下された。*今年は去年の騒動で調整遅れもあったし肘の具合もよくないらしい。
 立花コンディショニングディレクターが就任したことでフィジカル面での
 トラブルは相当軽減できるかもしれない。今は我慢のときかも知れない。

 楽天秋季キャンプ始動!ケガに強いチームを目指す

 *同ディレクターは独自のトレーニング方法を確立。日米両球界でキャリアを積んだ
  エキスパートの招へいだけでも心強いが、さらに球団では『コンディショニング部門』
  を組織化しする方針を固めたことが明らかになった。
  「ウチのチームは組織作りが1番。理学療法士も採用します。ベテランも多いこと
  ですし、アクシデントに強いチームにしたいです」*とある。
 
 本来なら今シーズンから導入しなければならなかったはずの組織構築。
 とかくケガや故障は選手の自己管理不足と指摘されることが多いけれど
 それだけではないような気もする。選手だけでは対応できないことも
 多いし、年俸の低い選手は自分でトレーナーを雇うことなんてムリ。
 選手を練習漬けにした後のフォローは絶対に必要だと思う。
 しかも今季キャンプからスタッフの不足はかなり指摘されていた。
 紀藤が二軍投手コーチに就任することが明らかになり、同じく日本ハムを退団し
 、すでに就任が決定している山田バッテリーコーチとともに第2クール初日の
 29日から指導にあたるらしいから来季はベストでキャンプに臨んでほしい。

 オリックスが塩谷に非情の戦力外通告…トライアウト3日前何で?
 *オリックス・塩谷和彦内野手(32)が26日、スカイマークスタジアム内の
  球団事務所で戦力外を通告された。20日には、中村勝広監督(56)と
  個人面談を行い、「来季も戦力」と評価されていた矢先の急転の解雇となった。
  小林球団部長補佐は「シーズン中から、彼も外でやりたいと言っていたので、
  球団も動いていました。相手もあることで難しい。戦力の編成上のことです」と説明。

 おそらく去年の報復人事のような気もしてくる、結構発言をしていて
 球団に対してもいろいろといっていたからなぁ、合併の悪い印象を
 球団は早く幕を引きたいようだ。身勝手なような気もするけれど...
 
 陽ハム入り表明「ここで頑張る」これからだからね。
 *3日の高校生ドラフトで1巡目指名を受けた福岡一・陽仲寿(ヨウ・チョンソ)内野手
 (18)が25日、入団する意思を初めて示した。前日に球団施設を見学し一夜明けた
  札幌市内のホテルで「(北海道は)きれい。札幌ドームは大きかった。ここで頑張りたい」
  ときっぱり。まだたどたどしい日本語に精いっぱい、本心を表した。*
 本人としてはドラフトの結果は不本意だっただろうけれど、吹っ切れてよかった。
 球団もファンも必要と感じているのだからココでがんばったほうがいいと思う。
 そして早く札幌ドームに立ってこの声援に答えることが先決だと思う。
[PR]
by extranjeco | 2005-10-27 09:10 | プロ野球
<< 社会人野球クラブチームとマイナ... マリーンズ日本一 >>