週末はホントネタがない

 契約更改以外ホント話題も少なくなってきた気がする…

 OB総会で大沢“親分節”サク裂/「6年に1回は優勝しろ」

 *日本ハム元監督の大沢啓二氏(73)の「親分節」がさく裂した。
  OB総会が2日、東京都内で行われ120人が詰め掛けた。あいさつに
  立った球界のご意見番は「北海道の熱気はすごい。24年も勝って
  いないのだからそろそろ優勝しないと。パ・リーグは6球団なんだから
  6年に1回は勝たないと」とゲキを飛ばした。
  一方で楽天に話が及ぶと「三木谷みたいなもんが、1年で田尾のクビを
  切りやがって。今度入ってきたのは野村のバカタレだ」と冗談交じりに
  話していた。*相変わらず厳しいねぇ…

 確かに球団の監督だけでなく常務まで勤めた人間だし、このときの
 優勝監督だから球団も何もいえないかもしれないね、確かに…
 ただ地域密着なんていう考えのない頃の話だから一概には、ねぇ
 いえないところもある。あの頃は球場もガラガラだったし…
 開幕15連勝を飾った間柴もいたし、抑えのエース江夏もいた。
 三木谷オーナーへの毒ガスには同意するところも確かにある。
 相変わらず、ノムさんには厳しいねぇ、南海の先輩だから
 あまりノムさんも頭が上がらないのかもしれないケド…
 
森本稀哲外野手(24)が1日、札幌の球団事務所で契約交渉に臨み、倍増の3000万円で更改した。プロ7年目で初の100試合以上出場(103試合)などの成績面のほか「ファンサービスの面も評価してもらいました」。新庄とともに“かぶり物”に参加するなど「パフォーマンス手当」も含まれているもようだ。
 新庄が後継者に指名する1番手の若手だけに、球団も数字に期待を反映させた。昨季は「ゴレンジャー」のアカレンジャーに、今季は5人全員が新庄のマスクをかぶる“SHINJO5”の一員も務めた。ここ2年、新庄プロデュースの“かぶり物”の「団体の部」に現役選手では皆勤賞と、ファンを大切にしてきた。

 確かに強烈なキャラだと思う、マジマジと見たのは初めてだが、
 「日ハムの仕掛け人梅安」見たいなすごいキャラだね(爆)…
 ただこのままでは子供が泣き出してしまうかもしれないから
 何か考えないといけないかもしれない、コワモテだからね。
 球場なら防止を被っているからいいけれど、お立ち台で
 帽子を取ってしまったら子供にとってはかなり怖いかも… 

 エンゼルス、元近鉄のカラスコと2年契約 
 *米大リーグのエンゼルスは2日、ナショナルズからフリーエージェント
  (FA)になった救援右腕のヘクター・カラスコ投手(元近鉄)と2年契約
  を結んだ。カラスコは今季、開幕をマイナーで迎えたが4月下旬に
  大リーグ昇格。64試合に登板して5勝4敗2セーブ、防御率
  2.04だった。*とあるけれど…

 5勝4敗2セーブというところが彼らしいといえば彼らしいね。
 防御率こそ改善されているけれど、さすが元祖カラスコ…
 メジャーでもカラスコ劇場をやっているんだろうか?(爆)
 複数年契約をしてもらえるんならそんなことはなさそうだ…
[PR]
by extranjeco | 2005-12-03 20:40 | プロ野球
<< 55年会 どうだろうね... >>