まだやってたの?

 マネーゲームの決着もついてもう終わったと思っていたけれど
 まだやってたんだね、「SAVE! BAYSTARS」
 神奈川新聞では横浜駅でエントリーされているけれど1度も街頭活動を
 横浜駅で見た事がないなぁ、というか「SAVE! BAYSTARS」そのものを
 ネット以外で見た事がない。横浜に住んでもう20年になるけれど。

 最近はこの活動そのものに疑問を感じることが多くなってきたのも事実。
 去年の球団合併反対とは完全にその趣旨が変わっている。
 球団を横浜に残すかどうかではなくTBSとの資本関係ありきという問題に
 完全に刷り換わってしまっている、違うのかな?
 コレまでの動きを見ているとこの活動そのものがTBSの別働隊としか
 思えない。コレまでのTBSの言動を見ているとただベイスターズは
 楽天との交渉の道具にしかされてなかったんだけれど。

 一時期フジサンケイグループが保有するベイスターズ株を売却する。
 そんな話があったけれど、その先は噂されていたusenだったのも事実。
 その後フジサンケイグループが撤回して立ち消えになったけれど
 このときにTBSはその株式を即時買い取るとは全く言わなかった。
 本当に球団を死守するのであればそう言い出すのが自然な流れ。
 ついぞその言葉はTBSからは聞こえてこなかった。

 そもそもこの運動のホントの目的っていったい何なんだろうか?
 ベイスターズ救済ではなく、TBSの救済のような気もする。
 実際ヒルズ族の1つusenも攻撃の対象となっているけれど
 ベイスターズの置かれた現実をどう見ているんだろうか?
 今季地元のTVKでも試合中継が削減されてもいる。
 理由は簡単、スポンサーが付かないため球団に支払う放映権料を
 支払ってしまうと赤字になってしまうからだった。

 放映権料というとウサギ戦のことばかりいわれるけれど
 現実問題ホームゲームでの中継が減ってしまったら当然のように
 球団の赤字は増加してしてもおかしくはない。
 テレビ中継が減ってしまったらファン獲得は難しいはず。
 ヒルズ族を敬遠していたらネット中継もおぼつかなくなる。
 現に観客動員数でも最下位だったからなぁ…

 資本関係だけに目が行ってしまっているけれど
 本当のベイスターズの危機はソコにあるんじゃないのかな?
 コレまでだってTBSは満足な対策を打っていないし…
[PR]
by extranjeco | 2005-12-24 23:53 | プロ野球
<< いろいろと… オフもいろいろと >>