マウンドから見たプロ野球

 日刊ゲンダイに連載されていた記事。近鉄の「いてまえ野球」は裏付けされたもの

 「近鉄かぁ、いてまえ野球かぁ」何も彼石毛博史だけではなく、多くの人は
 そう思っていただろうと思う。実際ウシファンの多くも内部のことなど全く
 伺い知ることなどできないから豪快な打線ばかりが目に付いていただろう。
 2001年は北川のHRで劇的なリーグ優勝を決めたほどだったから。
 その豪快さをウシファンは大阪近鉄に求めていたのも事実だろうと思う。

 小林コーチは結構理論家だという話を聞いたことはあったけれど
 ココまで徹底していたのか?と内心驚いているのが正直なところ。
 以前にも前川の育成法でメンタル面の強化をしていたと聞いていた。
 イメージトレーニングでプラスに考えるように指導していたと
 小林コーチ本人が言っていたのを思い出した。
 確かに彼石毛博史はウサギ時代は「蚤の心臓」といわれるほど
 ココ1番では弱さを出していたことを覚えているから大きな転換点だっただろう。 

 現在でも観客動員を増やすためにパでは打者有利な状況になっている。
 おととしまでは飛ぶボールなどが使われていたし、ストライクゾーンも
 確かに両サイドはセリーグより狭い事を感じることが多い。
 実際メジャーでも1時期同じようなことをしていたとも聞いているから
 止むを得ないのかもしれない。

 けれど対戦するバッテリーは当然打たれたくはないから研究するはず。
 ただでさえ1発を持った強打者が多いのだからコーチを含めて
 対策は念入りにやって当然のこと、ミーティングも長くなるはず。
 そのためにはスコアラーによる膨大なデータが必要になるだろう。
 実際去年の交流戦でもセは結構ヤラれていたし日本シリーズでは
 目下3連敗中でもある。石毛の話を聞いていると「セの方がレベルが高い」
 それはパを知らない人間の幻想か戯言のようにしか聞こえなくなるね。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-07 19:21 | パリーグ
<< 二段モ−ション 忘れられているもの >>