岩隈

 去年から右肩に違和感を感じていた岩隈
 野村監督 岩隈にボヤキ、2軍落ちも
 岩隈は2段モーション克服「OK」

 確かに去年の成績はどうあがいても言い訳はできないだろう。
 それは本人が一番わかっていることだろうと思う。
 右肩の問題は自己管理の問題かもしれないけれどそれだけか?
 そうではないような気が彼の場合はしないでもない。
 岩隈だけに全てを追わせるのは気の毒な気がする。

 彼の場合球団合併で起きたプロテクト問題のためにかなり
 調整が遅れたという経緯があった、ただでさえ調整が難しいのに。
 保有権の問題が解決したのは12月に入ってからのことだった。
 その間にもOBなどから罵詈雑言を浴びせられてもいる。
 コーチも変わってアドバイスも十分に受けられなかったのも事実。

 しかもフルキャストの完成が遅れていたのも事実だったし
 スタッフの不足から投手陣全体が投げ込み不足だった。
 去年の楽天の成績からして投手陣は火の車だったから
 岩隈も自分から故障を言い出しにくかったのかもしれない。
 ファンの期待にも応えなければならなかったはずだから。

 評論家あたりからは「自覚が足りない」と酷評されたけれど
 自覚していたからこそ投げ続けたんだろうね、たぶん。
 自分のことだけを考えていたらもっと早く降りていたはず。
 案外評論家もマスコミもほとんど言及していなかったなぁ。
 今季はじっくりと立て直すいい機会かもしれないね。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-11 22:51 | パリーグ
<< キャンプも中盤 キャンプの意義 >>