五輪も閉幕

 日本勢があまり振るわず結局メダルは荒川の金だけで終わった。
 期待されていた種目でも競馬でいう「入着」で終わってしまった
 そんな感じもするけれど力を出し切れないままだったのかもしれない。
 プレッシャーや重圧、大きすぎる周囲からの期待による不安…
 要因はいろいろとあるかもしれない

 そんな中遅塚団長がメダル1個に「最低の結果」という記事。
 総括することは確かに必要、ただ選考過程に物議を醸したのも事実。
 一部の団体ではなぜ?という疑問があったのを思い出してしまう。
 マスコミが煽ったために国民に必要以上の期待を抱かせたという
 そんなこともあったはず。不用意な重圧になったのかもしれない。

 産経にあった【西田ひかるのOh,my goodness!】五輪の重圧
 ≪メディアも選手に気遣い≫日本では確かに選手への気遣いは足りないかも…

 *今回はずっとアメリカでテレビ観戦しているのですが、解説者の意見や放送の
  仕方などで日本と異なる点も多く、普段と違う観点でみられるのは新鮮です。
  例えばスピードスケートでアメリカの解説者は日本選手を紹介する際、こんな風に
  いいました。
  「ぜひメダルをとって欲しいですね!」といったコメントも一切ありません。
  ちょっとした言葉のニュアンスの違いでも、選手には大きなプレッシャーに
  つながるのだと、改めて気付かされました。*

 日本の実況だとまず「ぜひメダルをとって欲しいですね!」となる。
 民放に限らずNHKでさえそんな傾向があるのを否定できない。
 マスメディアではまず絵がほしいしテレビでは視聴率がほしい。
 そのために過剰といえるほどまで事前に国民の期待を煽る。
 背景には視聴率というものがあるのだろうと思うけれど…

 *日本との大きな違いを考えると、「本当にそのスポーツを楽しむ」という気持ちの
  違いがあるような気がします。日本選手は「楽しんできます」とはいうものの、
  どこか硬さが感じられます。*

 国民性の違いなのかもしれないね選手が競技を楽しめないのは…
 競技をするのは選手だけれど、その競技にいろんなものが付いている。
 国威発揚とか出身地の町おこしだとか重圧になることが多いね、確かに。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-28 19:50 | 戯言
<< なんだかねぇ… 昨日の打線爆発 >>