ささやかなもの…

 ホントパリーグを象徴する選手がまた1人ユニホームを脱いだ。
 まだまだやれると思うけれど、寂しい限りと思う…
 涙の引退登板…岩本「らしい終わり方」そうかもしれないね…

 去年はウサギとの交流戦で自身初のHRを東京ドームで放った。
 DH制のパリーグでは打席に立つことはまずなかったからだけれど。
 打った堀には当然のように「○○嫁」という非難があったのも事実…
 「最後ぐらいは花を持たせてやれ!!」そんな心境なのだろう。

 ただ打った堀はベンチのヒルマン監督に聞いたそうで、監督は
 真剣勝負を掘に言い渡したのだという。儀式としてより勝負した方が
 彼に対してふさわしいし彼のプライドにまで配慮したのかもしれない。
 儀式としてだったらある意味岩ちゃんに失礼だったかもしれない。

 新庄の投手コーチの演出まで…岩ちゃん長い間お疲れ様でした…
 
[PR]
by extranjeco | 2006-03-05 23:25 | パリーグ
<< 失ったもの… 何度繰り返せばいいんだろう… >>