メジャー挑戦

 WBCが終わってマスコミなどでは今オフでのメジャー行きについて
 いろいろとあらぬ詮索を始めているけれど。松坂・上原・岩村などなど...
 本人の願望までは誰にも干渉できないのも事実だろうと思う。
 元々WBCそのものがメジャーにとっては見本市とも言われていた。
 確かにその側面は否定できないしそんな下心がなければ企画しないだろう。

 メジャー挑戦を表明するのは本人の自由だけれど願望だけでは叶わない。
 最近は年俸交渉の駆け引きの道具みたいになっていることもある。
 ただメジャーに行って成功できるかどうかはまったく別の問題。
 本人の能力・資質以外に言語の問題や自己調整能力も要求される。
 自分のことは全て自己責任というメジャーの環境にあっては
 メニューは全て自分自身でやらなければならないはず。
 コーチなどの指導を待っていては到底生き残ることは不可能だろう。
 自己主張ができなければ自分の立場が悪くなるだけだからね。

 負けて下を向いているようではとてもじゃないがメジャーはムリ。
 タフなメンタリティさえ求められる。少なくとも野茂やイチロー並の
 自信や信念を持ってなければ通用する世界ではないはず。
 ときには日本以上にマスコミは辛らつだからね、メジャーは。
 球団に守られて制限をしてもらっている現状とは天地の開きがある。
 果たしてどれだけの人間がこれらをクリアできるんだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-03-25 23:42 | プロ野球
<< プロ野球開幕 開幕前夜 >>