プロ野球開幕

 待ちに待った季節の到来、そうパリーグが昨日開幕した。
 何でも10万人以上のファンが球場に詰め掛けたという。
 WBCの余韻もあるからなおのこと感心が高いのだろうと思う。
 「野球離れ」ともいわれる昨今、「行ってみるか」そう思わせることは
 球界にとっても重要なことだろうと思う、ファンがいてこそプロだから。
 一人でも多くのファンに足を運んでもらうことは選手の希望でもある。
 特にパリーグはそのことに努力を積み重ねてきていたのだから。
  
 いきなりやってくれた...毒ガス攻撃の前に
 先制攻撃を仕掛けたのかもしれない(爆)
 おそらくかなり前から計画を練っていた
 のでは?しかも秘密裏のうちに。
 何せ球団公認という強みがある。

 確か今年は脱被りモノ宣言していたし。
 ノムさんは結構ネチネチとやる方だし。
 しかも決勝点を決めたのは教え子の
 イナバウアーだったから、ノムさんには
 キツイ一撃だっただろうとも思うね。

 東スポネタだと楽天は決起集会で
 ジンギスカンをパクついていたとか...
 開幕戦を意識していたのは間違いない。
 でも裏目に出てしまったようだ(爆)

 「なまら最高!」まで出てしまったし...ただ必ずしも札幌全域で使われてはいない模様。
 それでも結構泣かせる話ではないかなぁ、岩チャンのテーマを使うなんて。

 妖艶なるご本家の思いとは別の札幌にイナバウアーは現れてしまったけれど(爆)
 何でもこのチームにはジンクスがあるらしい、マリーンズ弁当より強烈なもの
 「金メダリストが始球式をした年は全て優勝」だとか、ラジオで昨日言っていた...
 伊東監督は「いきなり現役を引退し就任した監督はいずれもBクラス」というジンクスを
 跳ね除けて2位ながらプレーオフで勝って日本一になったこともあるから
 あながちアテにはならないかもしれないけれど...



 
 余裕なのか強がりなのか...
[PR]
by extranjeco | 2006-03-26 08:57 | パリーグ
<< 混乱もあったようだね... メジャー挑戦 >>