予断を許さないが...

 去年から物議を醸し続けてきた問題、村上ファンドの一件阪急 阪神株取得方針決定へ
 経済の問題だからいろいろと憶測が飛ぶのは恒例のことだけれど。
 資本問題をオーナー会議側が問題視し始めたから苦肉の策か。
 楽天・TBSの資本問題はそれほど重要なことではないような気もする。
 今時敗退行為をするようなことはまず考えられないからね。
 ただ村上ファンドの問題だけは他の資本問題とは別の次元だろう。
 野球協約違反が相当濃厚になっているから重要な問題だろうね。
 ただ阪急がオリックスの株式を握っているか逆のケースがあれば
 新たな問題になりかねないという危険性も存在するけれど…

 「統合は嫌」と阪神ファンある意味贅沢な悩みだろうと思う。
 近鉄の合併問題ではトラファンはあまり感心を示してはいなかった。
 逆に今はノド元に刃を突きつけられているような状態なのだろう。
 阪急だって球団名を変えるような暴挙には出ないだろうと思うから
 現在の状況では統合はそれほど悪い話ではないようにも思える。
 ホークスのときにも同じような問題が起こったけれどソフトバンクは
 移転もせず名称変更をごく些少現にとどめてもいる、DからSになっただけ。
 応援歌もそのまま使用しているし、変更は逆に球団にとってはマイナスになる。

 阪急がビジネスにマイナスになるようなことはまずしないだろうと思う。
 かつてブレーブスを持っていたのだからね、ズブのシロウトではないのだから。
 同じ西宮市に本拠を構えていたのだからお互いのことをよく知っているだろう。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-18 19:31 | 球界
<< わかってはいたけれどね... 触れなければならないこと >>