そんな気がしていた…

 ことの仔細はよくはわからないけれどさらば神戸!?「大阪オリックス」誕生へ
 オリックス 大阪D買収秒読み 
 大阪ドームが置かれた状況から確かにその伏線のようなものもあった。
 
 大阪ドーム 応札はエムケイ
 大阪ドーム(大阪市西区)を所有・運営する大阪市の第三セクター「大阪シティドーム」
 =会社更生手続き中=の競争入札で、応札した企業はタクシー大手、MKグループの
 大阪エムケイ(大阪市北区)だったことが18日、分かった。
 応札価格は最低入札価格の100億円という。同社は今後、事業計画に賛同する企業
 の中から出資を募るという。
 管財人は落札の条件として、ドームを一定期間保有することや、スポーツ・文化イベント
 の開催など公共的機能を維持することを挙げている。近く大阪エムケイから事業計画
 のヒアリングを行い、来週中にも落札の是非を判断するとみられる。

 MKは大阪ドーム落札不適格
 大阪ドーム(大阪市西区)を所有・運営する大阪市の第三セクター「大阪シティドーム」
 =会社更生手続き中=の競争入札で、同社管財人の浦田和栄弁護士は22日、唯一
 応札していたタクシー大手、MKグループの大阪エムケイ(大阪市北区)の落札は
 不適格と判断した。浦田弁護士は近く大阪市に対し、大阪ドームの買い取りなど
 対応を要請するとみられる。
 
 大阪ドーム社再建で市に支援正式要請 
 大阪ドーム(大阪市西区)を所有・運営する大阪市の第三セクター「大阪シティドーム」
 =会社更生手続き中=の管財人浦田和栄弁護士は23日午前、大阪市の関淳一市長
 と会談、「市の継続関与が望ましい」として正式に支援を要請した。
 
 大阪D 4月から「京セラD」に
 大阪ドームの再建案発表

 オリックスの買収額はMKの入札額よりも10億円も低いけれど
 それなら何故MKは却下されてしまったんだろうかという疑問も残る。
 以前から3年をメドに近鉄は球団経営から完全撤退するともいわれていた。
 合併が2年前だったから来年が丁度その時期になるはず。
 ブレーブスの名を残す約束で球団を買い取ったときもそれを反故にして
 名前を変えてしまったし、今度はバファローズの名前まで消えるのか…
 ブレーブスはもう歴史の渦中に飲み込まれてしまって西宮球場ももうない。

 もう近鉄の名残は選手だけになってしまったけれど、コレで完全に
 消滅してしまうのかもしれない、そんな気がするね…
 藤井寺球場ももうなくなってしまったし、移転した後のスカイマークは
 いったいどうなるんだろうか。ダブルフランチャイズにも限界があるだろう。
 「合併反対」のときのファンが流した無念の涙を深く飲み込んだまま
 バファローズは静かに表舞台から消えていくだけなのかもしれない…

 けれども利に聡い球団だけれど果たしていつまで続くんだろうか?
 失速したときの某オーナーがどうするのかが見ものだね。 
 算盤を弾くのは得意だけれど全ては砂上の楼閣というのを知らないようだ。
 所詮、成金は成金でしかないのかもしれないね…
 去年のNHKの番組で本人が語ったことと逆のことをしているんだからね。
 丁度今時分のはずだったのではなかったか?
[PR]
by extranjeco | 2006-04-28 17:47 | 球界
<< 入来の非常事態 唯一あった試合 >>