もつれたネェ...

 前半こそ一方的な試合だったけれど終盤になってもつれた試合だった。
 
 楽天 対 日本ハム 【試合終了】楽天2勝3敗0分け 動画配信にて。
 
 ニッカン式楽天は4回まで八木にパーフェクトに抑えられていたし... 
 6回までは全く手も足もでなかったほどでわずか1安打という状態だった。
 八木はこのまま完封か完投かと思えるほど完全に抑えていたからなぁ。
 でもこの日は漠然と「八木は7回につかまりそう」そんな予感がしていた。
 併殺で切り抜けたと思ったとたんにフェルナンデスに1発を喰らっていた。
 まだ投げられそうだったけれどこの回後続を抑えて降板していた。
 結構風が強かったフルキャストだったけれど8回から投入された
 日ハムご自慢の中継ぎ以降が突然楽天打線に捕まり始めた。
 しまいには抑えのマイケルまで連打を食らって降板してしまうほど。
 礒部のときにはサヨナラのような雰囲気さえでてもいたのが印象的。
 ヒチョリの好捕で終わったけれどあわやサヨナラ弾という当たりだった。

 西武対ホークス 【試合終了】西武3勝3敗0分け 音声のみ 
 
 ニッカン式1球が勝敗を分けたのかもしれない、判定から変え時まで...
 立ち上がりの松坂はいきなり1死満塁というピンチを背負うほどよくはなかった。
 ホークス打線にこのときタイムリーがでていたら展開は変わっていたかも...
 結局柴原が三振してこの回は終わって3回には松ちゃんのHRでリードした。
 この1発でセットで投げていた松坂はノーワインドに切り替えたという。
 確かに松坂にとっては痛恨の1球だっただろう。
 対照的に和巳は好調で5回まで1安打に抑えるほどだった。
 けれど6回四球のランナーは出したけれど2アウト取って和尚を追い込んでいた。
 三振かと思われたけれど判定はボール、そのあとに逆転2塁打を喰らった。
 けれど判定は判定、どうこう言ってもそれは負け犬の遠吼え。
 その後打ち込まれて終盤には大差がついてしまった、終わったな...
 9回の攻防は西武ファンにとっては胃が痛くなるような展開だっただろうね。
[PR]
by extranjeco | 2006-05-05 22:35 | パリーグ
<< いろいろと... 継続は力だろうね >>