交流戦第3夜…

 交流戦も第1節が終わって明日からは別のカードになる。
 まだ始まったばかりだけれど結構明と暗に別れてきているようだ。
 勢いに乗ったところと出遅れてしまったところ、でもまだ始まったばかり。
 これからまだまだどんでん返しもあるだろうと思う。

 日本ハム 対 中日 【延長10回】日本ハム2勝1敗0分けニッカン式 
 最後はデニーの押し出しというのもある意味劇的なことかも…
 ココでセギノールだったら確かにビビってしまっておかしくはない 
 ワンポイントでダルビッシュのサードというのもなかなかの芸当かもしれないね。
 前日の背信もあったけれど彼には何かを掴んでほしいとも思った。

 前夜はチームの勝利を優先して押し出しの四球を選んだ石井琢だったけれど
 今日は見事にヒットを打って2000本安打を達成した、ホントおめでとう!!
 何でも投手として勝ち星を挙げてのこの記録は川上氏以来50年ぶりだとか。
 しかもコレを達成したのは川上氏しかいないというからある意味凄いこと。
 同じように投手から野手へと転向した王監督でさえできなかったことだもの。 
 ただ「現実は小説より奇なり」という通り試合もまた千変万化した。
 強運を持った愛敬が連続無敗記録もかかっていた試合だった。ニッカン式
 6回に逆転打を打たれてついに記録も潰えたかと思われたがココから
 楽天打線に火がついてあれよあれよの再逆転劇でチーム連敗を止めた。
 目立たないけれど何かを持っている選手なのかもしれない。
 そういえば愛子様誕生のときにもインタビューを受けていたからなぁ…
 「敬宮愛子内親王」だからね愛子様は、畏まった彼の姿を思い出す。

 スワローズ対 西武 【試合終了】ヤクルト3勝0敗0分け ニッカン式
 ココまで打ち込まれてしまったらファンもそうだけれどチームの環境は
 最悪の状態になってしまうかもしれないね、特に投手と野手との関係は。
 いくら点をとってもそれ以上に失点してしまったら投手陣を糾弾したくなる。
 今日は打線も湿りがちで守備にも影響が出てしまっているからなぁ…
 こういう負け方は尾を引いてしまうことが多いモノだからね。
 
 ホークス対カープ 【試合終了】ソフトバンク1勝2敗0分け ニッカン式
 貧打と拙攻といってしまえばそれまでだし、中継ぎ以降が打たれての完敗…
 クリーンアップが1安打では勝てないわなぁ、宗リン江川も4タコだったし…
 カープ継投策に見事なまでに押さえ込まれてしまっていた。
 
 決して見たくはなかった見事なまでのカラスコ劇場の再演、前か後かの違い…
[PR]
by extranjeco | 2006-05-11 23:42 | プロ野球
<< ゴジラ 交流戦2日目 >>