もう一つの球宴

 1軍のオールスターの要綱が発表された、フレッシュ球宴に辻内、炭谷ら
 開幕からスタメンで出ていた炭谷だけれどこっちで選出。
 最近はファームでの情報もあまりメディアでは聞かれなくなってきていたし…
 何かの新聞で恩師平安高原田監督にもたしなめられていた。
 「高校時代は毎日6時間は練習していた。もっと練習しろ」と
 「エピソードとして語り継がれるほどの練習をしろ」という。
 そのぐらいの気持ちを持って野球に取り組んでほしい。
 そんな親心のような心境から出た言葉なのだろうね、きっと。
 ただ恩師にはコレでもまだ足りないと感じるのかもしれないスポニチにあった記事

 確かに今が1番叩けば叩くほど伸びていく時期だから
 なおさら原田監督は危機感を持って見ているのかもしれない。
 そういえば新人の頃のジョーも工藤・武田に嫌がられても
 それでもしつこく聞きまくっていたし、バットを封印してまで
 守備練習に時間を割いてたというエピソードさえ聞いたことがある。
 実際工藤には「キャッチャー失格」とまで突き放されていたほどだった。
 あの時期にひたむきにやったからこそ今のジョーがあるんだろう。
 そんなこともあってか工藤はジョーの育ての親とまで言われるときがある。
[PR]
by extranjeco | 2006-05-26 19:59 | プロ野球
<< 評論家 快挙 >>