弱敵侮るべからず

 交流戦ももはや中止の試合を残すだけになっているけれど
 楽天 6月リーグ単独首位だ!
 今月に入っての楽天は月間だけなら首位に立っているほどの成績。
 短期だけどいう指摘はあるかもしれないけれど今季前半の
 巨額の負債を考えればまさに驚異的な成績だろうとも思う。
 現に今月はマリーンズやホークス西武よりもいい成績だからね。
 コレといった大掛かりな補強もできないままでエースの岩隈を
 欠いてのこの成績は天晴れというしかないかもしれない。

 今週末から再びリーグ戦が再開されるけれど舐めてかかっていると
 間違いなく他の球団は足元をすくわれかねない状況かもしれない。
 去年から比べれば格段にチーム内に粘りができているような気もする。
 礒部は去年の39勝だけでなく今季は50勝以上できるとの手ごたえを
 感じ取っているらしい。去年は野戦病院のような状況だったけれど
 意外に少しずつ選手層が厚くなり始めてきてバックアップができている。
 一場頼みという状況だったけれどグリンも何とかメドが立ってきた。
 しかもオールスター前には岩隈の復帰が濃厚になってきたのも大きい。

 ある意味これからは楽天がキーマンになるかもしれないね。
 後半戦の風雲児になりかねない、そんな気がする。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-20 19:46 | パリーグ
<< 今年の交流戦 注目されていた試合 >>