確かに青天の霹靂かもしれない…

 昨日の夜に突然発表された衝撃、王監督 胃の腫瘍摘出手術で休養

 WBC以降何かとやつれたような印象が強かっただけに衝撃的だった。
 ホークス以外野球界全体にそれが広がっているような感じもする。
 この時期での王監督の離脱は確かに大きな障害になるのは事実。
 けれど1番大切なことは王監督自身の健康であることだろう。
 チームのことは現場に任せて一刻も早く完治させてほしい。

 王監督はショックだが運命やはり不安は隠せないようだ。
 けれどさすがは強い心を持った指揮官だなぁ、私ならどうだったか?
 これほど冷静に起こった事実を受け止められるだろうか?たぶんムリだろう。
 昨日西武戦で勝ちきれなかったけれど執念のドローも…松中ショック!
 松ちゃんの涙はその全てを表していたのかもしれない。
 確かに現場が白星を積み重ねていくことが最大の薬だろうと思う。

 海外にもその影響は広がっているようだ。イチローらも王監督の早期回復願う
 WBCで指揮を執ったこともあってイチローも心配だろうと思うし
 特に教え子のジョーや井口にとっては特に切実なことだろうとも思う。
 ジョーや井口は王監督が普段から不調を訴えたことを聞いたことがないからね。
 海外からはいち早い回復を祈ることしかできないし自分の成績を上げて
 監督に喜んでもらうしかないのも事実だからね。

 王監督のいち早い回復を願って止まない、ケドムリはしないでほしい…
[PR]
by extranjeco | 2006-07-06 23:47 | プロ野球
<< 動画配信 思い切ったものだね >>