簡単にヤラてたね…

 王監督が入院してから初めての西武戦だったしナインも燃えていたはず。
 ただ最近のホークスナインは気合は入ってもどこか空回りするところがある。
 それが拙攻になってしまったりエラーにつながっているような気もする。
e0039510_0541889.jpg

 この日も先発のグラマンを全く打ちあぐねてもいた、走者は出しても凡打や
 併殺などを繰り返してそれほどよくはなかったグラマンの立ち上がりを助けた。
 グラマン自身コレまで8回までは投げたことはあっても完投や完封は
 ただの1度もなかったからね、犠牲フライで1点を取るのがやっとだったし…
 今季左にはからっきしだったけれどグラマンの低めに抜ける球に
 完全に交わされてしまっていたからなぁ。そういえば八木もそんなタイプだったし。

 一方先発したわっちは何かエラーがらみで自滅したようなところもあった。
 アレだけ守備にエラーが出てしまってはやはり勝てないだろうね。
 結構四球も多くそしてタイムリーを喰らっていたのを覚えている。
 背中の痛みと戦っているだけに奮起してもらいたいね...
[PR]
by extranjeco | 2006-07-17 19:45 | パリーグ
<< まずは一安心か… 代表1番乗り >>