まずは一安心か…

 心配されていたけれど結構病状は重かった、王監督の手術成功 胃を全摘出
 かねてから混乱を避けるために手術の日程などは公表しないとされていた。
 実際に知っていたのは親族と球団首脳のごく一部だけだったのだろう。
 けれどマスコミ関係者は頻繁に出入りする親族や球団職員などの動向から
 昨日のうちに何か重大発表があることを何となく確信していたようだ。
 胃の全摘出というからやはり早期ではあってもガンだったんだね。
 それを知っていたからごく一部の人にしか知らせていなかったんだろうとも思う。
 医師団の記者会見を待ってから選手もコメントを出した。
e0039510_211973.jpg

 「王監督のために」それは松ちゃんや和巳だけではなく宗りんだってそうだろう。
 ここ数年宗りんはチームの育成の象徴みたいな存在だったからね。
 雁ノ巣からドームに上がってきたときも自分だけ打球がフェンスに届かない。
 そう悩んでいたけれど監督以下首脳陣のアドバイスと本人の練習によって、
 打球もフェンスに届くようになったというようなそんな話も聞いたことがある。
 小久保の負傷で慣れない3塁の守備でエラーをしても監督が我慢して使っていた。
 あのときの経験がなかったら今の彼はなかっただろうね、確かに。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-18 20:42 | プロ野球
<< ゴジラ 簡単にヤラてたね… >>