日ハム高田GM

 とあるスポーツ紙にあったコラムだけれど核心を突いているだろうと思う。
 現役時代はウサギで「鉄壁のレフト」と呼ばれた強肩堅守の人だった。
 おそらく今でもヒチョリには十分に参考になるかもしれないと思う。
 かつて日ハムでも監督をしていたけれどあまり日の目を見なかった。

 2004年度チームはプレーオフにまで登りつめていたけれどある意味
 それは幸運が後押ししていたのかもしれない、翌年は5位だったから。
 ちょうどこのとき球界再編の嵐がパリーグに吹いていて合併対象となった
 バファローズがこの発表と共に急激に失速していたのを覚えている。

 高田GMの就任はちょうどその頃だったが2005年はいい成績ではなかった。
 実際小笠原やセギノールといった中軸での三振が劇的に増えてもいた。
 特に前年首位打者だった小笠原の不振が大きかったのかもしれない。
 
 高田GMがまずしたことはFA宣言したけれど先行き不明だった稲葉を
 交渉の末入団させたことだろうと思う。ノムさんに叩き込まれたことは
 決してダテではないことを日ハムファンが知るには時間はかからなかった。
 打球を取ってからの処理の速さは折り紙つきだったし送球も的確。
 それでいて送球のタイミングを相手によっては変えてもいるから
 走者にはプレッシャーになるだろうね、投手のクイックのように。
 ひちょりの守備がさらに向上したのも稲葉の存在があるのかもしれない。
 稲葉の加入で日ハムの外野はホント堅く締まったものになった。

 投手交替のときに外野3人衆が集まって話しているけれど
 コレはあまり他のチームでは見かけないことだろうと思う。
 一見するとヨタ話をしているように見えるけれどおそらくは守備位置とか
 バックアップの確認を取っているのかもしれないしエラーも少ない。

 高田GMが着手したのは鎌ヶ谷組の育成と強化だという。
 当時の2軍はいわゆるメジャー流の調整とでも言うべきかゆるい球を
 遠くに飛ばすという選手が多くあまり練習もきつくなかったともいわれる。
 そんな中「強化部」を作って自らが部長に就任して月1で強化会議を招集。
 このとき鎌ヶ谷でしっかり打球を叩いていたのが田中賢と俊足の紺田。
 2人は今年1軍に昇格し川島や飯山など練習への取り組みが真剣な選手も昇格。
 いずれも今季の活躍からすればむしろ当然のことだったかもしれない。
 コレは私以上に日ハムファンならよく知っていることだろうとも思う。
 実際に一時は失速しかけたチームが交流戦後半から再び盛り返してきた
 そのときには期間限定ながら鵜久森が昇格した前後ではなかったか?

 今季の躍進の影の功労者は高田GMかもしれないね、確かに。
[PR]
by extranjeco | 2006-09-08 15:45 | パリーグ
<< いよいよ胸突き八丁に差し掛かってきた 貧打の極みか… >>