高田繁「日ハム1位の真相」

 日刊ゲンダイに連載されていた高田GMの回想録。

 「今の野球では勝てない」3年間指揮を執ったヒルマン監督が昨シーズン後に変わった

 今季成功したスモールベースボールの必要性をヒルマン監督自身が感じたんだろう。
 監督自身去年SWSがワールドシリーズを制したことが転機になったのかもしれない。
 あるいは前年から大きく順位を下げてしまったことへの反省から生まれたんだろうね。
 けれどそう簡単にチームが変われるものではないことを監督自身が知っていたはず。
 今季のホークスがいい例だったかもしれない、つなぎ野球が浸透できなかった。
 しかし鎌ヶ谷組にはそれを可能にできる人材がいることを監督が知っていた。
 それゆえに大胆な戦術変更が可能なことを理解していたのかもしれない。

 大きな収穫を得ることになったダルビッシュ親子の説得

 ダルビッシュにとってもこの事件は大きな転換点になっただろうとも思う。
 あの喫煙画像は各方面に大きな衝撃として伝えられてもいた。
 ダルビッシュ自身「何で俺だけが?」生身の人間として考えても不思議ではない。
 ただ未成年の芸能人が同じような喫煙画像を撮られて無期限の謹慎処分を受けた
 このときは多分そこまで考えも及ばなかったかもしれない。
 ダルビッシュにとってホントに衝撃を与えたのはHRを食らってうなだれたあの試合。
 岩ちゃんから叱咤激励されたあの試合が大きかったのかもしれない。
 あのあとから負けなし街道を突き進むようになったんだからね。

 稲葉、岡島移籍組がチームにもたらしたもの

 稲葉はある意味トラの金本に匹敵するほどの選手になるだろうと思う。
 生え抜き選手ではないけれどすでに札幌のファンの心をつかんでいる。
 金本はもはやアニキとしてトラには欠かせない存在になってもいる。
 金本をFAで入団させたのは他ならぬ星野SDだけれど高田GMの明大の後輩。
 物の前後はあるにせよ戦略としての意見交換はあっても不思議ではない。
 共に島岡御大の薫陶を受けてきた間柄でもある。
 実際稲葉がいない試合を日ハムファンが想像できるだろうか?

 セーブ記録更新 マイケルの抑え

 コレは日ハムがやった改革とも絡んでくる、マイケルにしろ八木にしろ
 通常のスカウト活動ではなかなか発見できなかったものでもある。
 他のところで高田GMは「八木は先物買い」とも言っていたもを覚えている。
 通常のスカウトなら自分の目で確かめてそれを報告するだけなのだが
 日ハムはコレまでのドラフトでの苦戦から方針を大きく変えたという。
 スカウトのこれまでの経験などから判断することが多いのが過去のドラフト。
 日ハムは全てを数値化して客観的に判断するよう制度を変えた。
 そのデータは球団の機密事項であって役員しか知らないともいう。
 球団社長であってもそれは口外できないとも言われているらしい。

 やはり優勝するチームにはそれだけの理由がやはりあるんだろうね。
 
[PR]
by extranjeco | 2006-10-07 23:06 | パリーグ
<< プレーオフ第1戦 痛い敗戦 >>