確かに複雑な心境だろうと思う。

 試合が終わって気がついたこともやはりある。
 今現在日ハム関係者やファンにとってもっとも気がかりなことは
 やはりFA宣言した小笠原の動向だろうと思う。
 マスコミなどではウサギやドラ入りという憶測も流れてもいる。
 報道されているような内容は到底ファンからして受け入れられないはず。
e0039510_0231045.jpg

 私は球場に行く前からこの活動を知っていたので全く違和感はなかった。
 コレは当日球場で配られたビラではあるけれどフォントが小さすぎる…
 よほど目がいい人でなければアドレスまで見極めるのは不可能。
 実際に札幌の篤志家によってこのような署名活動さえ始まった。
e0039510_03459.jpg

 小笠原のときだけ掲げられる横断幕だけれど全てを物語っているはず。
 当然ながらファンは引退まで小笠原には残ってほしいはずだろう。
 様々な憶測が流れる中でこんな記事を見つけたドンデン返しがあるかも知れない。
 札幌移転前の日ハムはお世辞にも集客力があるチームではなかった。
 それは小笠原を始めとして中堅以上の選手なら誰もが知っているはず。
 小笠原自身自らのバットで札幌移転までの5年連続の東京ドームMVPの
 栄誉さえ受けている、コレは東京ドームにレリーフとして飾られてもいる。
 年俸だけなら簡単に移籍はできるけれどそれ以上のものをファンから
 もらっているという事実を彼自身否定できないのではないのだろうか?

 確かに金銭面ではウサギやドラほど出せないというのが球団の実情。
 けれど小笠原は球団の誠意を求めてFA宣言をしたのではないだろうか?
 事実球団は去年オフにコレまで複数年契約が慣例だったのを単年契約に
 している。相当彼のプライドを傷つけるものだっただろうとも思う。
 あるいはボタンの掛け違えみたいなものだったかもしれない。
e0039510_1424370.jpg

 小笠原だけでなくこれ以上選手の流出には耐えられないのかもしれない。
 それが偽らざるファンの心境かもしれないのだろうとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-11-11 23:15 | パリーグ
<< アジア1 アジアンシリーズサムスン戦試合編 >>