松坂が後任の選手会長に赤田指名

 メジャー入りがほぼ決定した現選手会長の松坂の後任に
 松坂自身が同期で主将の赤田を選んだらしい。

 何でも西武には壁紙ではないけれどヘンなジンクスがあるらしい。
 「選手会長になると、チームから追い出される」というもの。
 自身の希望とはいえ任期途中でチームを去る松坂を始めとして
 小関、デニー鈴木健ら歴代の選手会長の多くは西武には残って
 おらず、無事でいるのは和田ぐらいだという。

 ここまでくると確かに負の連鎖としかいいようがないけれど
 それを断ち切るためにも赤田が選ばれたらしい。
 「一軍で常に試合に出ているし、監督の信頼も厚い」とはある選手。
 チームにとって重要な選手だけに放出は難しいだろうとも言う。
 赤田自身も「まだ何も言われていないけれど、ほかにやる人
 いませんから。ボクがやるということで考えている」と覚悟。

 まだ正式には決定してはいないようだけれど、どうなるんだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-11-20 19:34 | パリーグ
<< 小笠原移籍決定 ヒルマン監督続投 >>