小笠原移籍決定

 ドラの撤退で残留かウサギ行きが2者選択となっていた小笠原の
 ウサギ入団が正式に決定した、北海道のファンはさぞ残念だろうと思う。
 残留要望の署名活動さえ篤志家によって始められていたけれど
 とうとう小笠原を翻意させることはできなかった。

 報道では4年という複数年契約の提示に相当心を動かされたようだね。
 去年コレまで慣例だった複数年の提示がなかったとかコレまでの球団の
 対応などからくる不信感をやはり払拭できなかったのかもしれない。

 あるいは自分自身の環境を変えたかったのかもしれないし更にもっと
 自分自身が挑戦者として挑戦し続けたかったのかもしれない。
 確かにウサギは誠心誠意を尽くして交渉してきたのも事実。
 それが小笠原の心を動かしたのかもしれない。

 けれど小笠原自身決してこれから先が安泰というわけでもないだろうね。
 3塁をウサギは用意しているとも言われるけれど小笠原はやはり
 1塁のほうが守備は堅実。ウサギにはイ・スンヨブが既にいる。
 確か価格の条件で残留交渉をしてきてもいたからなぁ。
 誰を人的補償でウサギから採るんだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-11-22 23:13 | パリーグ
<< 08年夏の甲子園は8・2開幕 松坂が後任の選手会長に赤田指名 >>