コレが現実なんだろうね…

 小笠原FA移籍の補償4億5600万円、巨人支払いへ
 去年から先送りされていた小笠原の補償が決定した。

 去年あたりから人的補償のケースが増えていたけれど
 今回は金銭での補償と決定、無理もないかもなぁ。
 工藤がプロテクトから外れていたから十分に可能性はあったはず。
 けれど頭名ハネルールというか同一リーグ優先の条項があるから
 日ハムも人的補償には全く魅力を感じなかったんだろう。
 稲葉のようにチームにとって核になる選手が必要だったんだろう。
 
 ウサギの若手はプロテクトされることを望まず移籍したい
 そう内心希望することも多いなんて夕刊紙には書かれることもある。
 けれど他球団からは全く評価されていないことに気づくべきかもなぁ…
 人的補償は1人までなのだのだから釣り合いが取れないはず。
 同じような条件なら2軍から生きのいいのを昇格させた方がいいし
 高田GMもウサギでできなかった育成に力を注いでいる。
 自分で選んだウサギ球団なのだから不運を嘆く前にもっと
 前を見るべきなのかもしれないなぁ。
 
[PR]
by extranjeco | 2007-01-10 23:35 | プロ野球
<< カラスコ いろいろと… >>