末恐ろしいけれど楽しみな逸材

 中田・由規とBIG3といわれて高校ドラフトでは1位指名でなければまず採れない。
 そういわれていたマリーンズの唐川が今季2度めの登板。初登板がホークス戦だが
 とても高卒ルーキーとは思えないような投球内容だったのを覚えている、ヤラれた…
 去年夏の甲子園予選千葉大会から見ていたけれど無駄が全くないゆったりとした
 フォームから繰り出される投球は球速以上に速く見えてもいた。
 怪物中田を完璧に抑えていた由規は甲子園でも150kmを超えていたけれど
 唐川の場合はまるで松坂を思わせるような下半身の充実ぶりだったのを覚えている。
e0039510_4251323.jpg

 今季無駄打ちも多いけれど圧倒的な打撃陣を誇る西武打線を相手に見事な投球。
 ホークス戦では大事をとって7回で降板したけれど昨日は9回1失点で完投。
 チームの育成方法などでも違いはあるけれど松坂以上の怪物ぶりを発揮
 ただものではないことはわかっていたけれど次の楽天戦でノムさんがどんな対策を
 講じてくるかで評価が決まるかもしれない。いい新人が現れたなぁ^^
[PR]
by extranjeco | 2008-05-04 23:40 | パリーグ
<< 効果のほどはどれほどか? 試合は見られなかったけれど >>