2006年 04月 04日 ( 1 )

セリーグも開幕

 セリーグも開幕したけれど巨人開幕戦視聴率15・9%

 この手の数字が一人歩きすることが多いのだけれど
 WBCの流れにもウサギは乗れなかったようだ。
 実際パリーグの開幕戦では地元の視聴率は結構高かった。
 だいたいが17~18%ほどだったとも言われているからなぁ。
 監督が変わってもウサギファンが戻りきっていないのだろうね。
 今季もコレまでと同じような補強路線を歩んでいるからなぁ...
 野口・豊田・小坂そしてイ・スンヨブ、お金持ちはコレだから(爆)。

 球界の危機とか野球離れとか最近は言われているけれど
 その真相は単なる「ウサギの危機」なんじゃないかという気がする。
 ウサギで食えなくなったマスコミや球界関係者が焚きつけている
 そんな印象が強い、メジャーまで広げれば野球離れはありえない。
 現にメジャーへの関心は年々高くなっているような気もする。
 ゴジラがメジャーに行ってからウサギの人気が低下し始めたのかも...

 誰かが言っていたけれど「巨人のファンはコアな部分が他より少ない」
 どちらかというとミーハーで移り気なファンが多いという、そうかもしれない。
 コレまで全国的な人気を背景に経営をしてきたのだけれど
 それが放映権料という含み資産を生み出して原資になっていた。
 コレまでそれほどウサギは経営努力をしてこなかったからね。
 近年の地域密着という流れにより状況が変わってきているのも事実。
 パリーグの球団はここ数年相当経営努力をしてきているから、
 以外にウサギの後背地が少なくなってきているのかもしれない。
 
 「巨人愛」を前面に打ち出して選手にそれを要求しているけれど
 コレまでの補強路線で選手にそれを求めるのはどうだろうか?
 かなり虫が良すぎるような気がしてくるけれどね...
[PR]
by extranjeco | 2006-04-04 09:19 | プロ野球