カテゴリ:球界( 58 )

ファンサービス

 本来なら今日は東京ドームに行くはずだったけれど急な仕事でご破算…
 未だに公式戦の観戦には至っていない、かなりストレスもたまってきている。
e0039510_4135380.jpg

 日ハムがかつての本拠地で年に数試合行っている。
 去年は7試合だったがそのうち4試合はホークス戦だった。
 ホークス戦ではB・Bがアトラクションで肉離れを起こして松葉杖をついていた。
 そのときはヒルマン監督や新庄・小笠原などのポスターで柱が飾られていた。
 残りはオリバ戦だったしそのオリバ戦のお立ち台で新庄が引退宣言をした。
 その試合を見てきた人の話ではその後騒然として最後の観客が帰ったのは
 もう23時ごろだったとも聞いている。今となっては懐かしい限り…

 去年は3塁側で試合を見ていたが確かに日ハムファンよりはホークスファンの方が
 多いという印象を持っていた。応援の連携もホークスの方が取れていたと思う。
 もっともその時点では日ハムがスタートで躓いてホークスは首位争いをしていた。
 そんな事情はあったけれど(7月の試合ではほぼ満員の状態とも聞いている)。
 今年もヤフーの動画配信を見る限りではホークスファンの方が多いとも思った。
 確かに南関東ではホークスファンは着実に増えているような気がする。
 千葉マリンでもかなりビジター席が埋まっているというのを実感する。
 実際今年4月には前日でも指定席チケットが取れなかったほどだった。
 私を含めて神奈川のホークスファンにとっては公式戦を見られるのは限られている。
 去年の交流戦でもハマスタや神宮ではかなりのホークスファンが集まっていた。

 今年から交流戦の試合が削減されて変則日程になった。
 ドラの落合監督は交流戦には懐疑的な見方をしているけれどそんなパリーグファンを
 おそらくは考えてはいないと思う、元々セリーグは交流戦には反対の立場だったから。
 人それぞれ考え方は違うからなんともいえないけれど意義は少なくないだろう。

 話を日ハムに戻せば東京ドームで公式戦を行うことは球団にとってメリットは少ない。
 そういってしまえば関東の日ハムファンには辛いことだけれど、実際に東京ドームで
 提供されたサービスに果たして満足できただろうか?今年も去年と大差ないだろう。
 日ハムファンクラブに入っている人にはピンバッジがもらえるけれどそれだけだ。
 物販や食べ物で日ハムらしいものを提供されただろうか?おそらくないと思う。
 実際に提供されたものはウサギ戦で提供されるものとほぼ同じだろうと思う。
 しかも売店の半分は閉まったままではなかっただろうか?コナミカップでもそうだった。
 私は楽天との交流戦にも行ったけれどほぼ全ての売店が開いていたのを覚えている。
 実際複雑なロイヤリティーなどの権利関係が存在しているのも事実だろうとも思う。

 売店を閉めているんだったら権利放棄として日ハム側に開放すべきだったのかも
 そう思えるのも偽らざる心境。鎌ヶ谷にもあるんだし更には札幌ドームには
 もっと多くのサービスが存在しているのも事実だろうとも思う。
 観客の数的差以外でも北海道からきた日ハムファンを失望させただろうとも思う。
 特に食べ物はビジターファンにとっても楽しみだと思うけれどね。
[PR]
by extranjeco | 2007-04-21 23:15 | 球界

ドラフト“勘違い防止”くじを公開

 コミッショナー事務局は22日、高校生ドラフト(25日)の1巡目入札が競合した場合に
 使用するくじを公開した。昨年の高校生ドラフトでは抽選の際に発表された交渉権
 確定球団が、直後に変更されるトラブルが発生。昨年は折り畳まれたくじの内側に
 NPBの認め印が押してあり、抽選に参加した監督が「外れ」にもかかわらず、これを
 当たりくじと間違えたのが原因だった。

 相当混乱していたからなぁ去年の高校生ドラフトでは...
[PR]
by extranjeco | 2006-09-23 23:53 | 球界

野球がない!!

 今日は初めから試合の予定が全く組まれていなかった。
 単なる日程上の都合かどうかはわからないけれど何かヘンな感じ。
 予備日みたいな感じもしないではないけれどいい休日になったのかも。
 ただでさえパリーグは俄然熱くなっているからなぁ。

 けれど野球が消えた週末を迎えた2004年を思えばまだ救われる。
 あのまま球界再編が行われていたら果たして野球に関心を
 持ち続けていられたかどうか私もわからない。
 そろそろあのストから2年が経とうとしてもいるからなぁ…
 あのときのことを思うと今でも憂鬱になることがあるのも事実。

 1リーグ制になることがコレから先あるかもしれないけれど
 球団削減だけは2度と起きてほしくはないのが実感するところ。
 増えるのは大歓迎するけれどね。
[PR]
by extranjeco | 2006-09-21 23:50 | 球界

経営統合

 先日のオーナー会議で阪急との経営統合が決定したトラに対してオーナー会議が
 下した裁定は阪神は「譲渡」…30億支払い決定何か腑に落ちない気がする。
 資本はあくまでも電鉄が100%持っていて資本変動が起こるわけでもない。
 しかも経営母体が全く変わってしまうわけでなく現状は維持される。
 経営権譲渡と判断されたようだけれど、それならオリバは近鉄が撤退したら
 加盟料は支払うんだろうか?渋ちんだからまず払わないだろうね。
 岩隈問題のときに保有権は近鉄から営業譲渡されたと言っていたけれど...

 トラが新規参入扱いされるのならば合併によってできたオリバも新規参入では
 ないのか?そういう疑念さえ湧いてくる。資本関係が大きく変わったのだから。
 合併では総資本構成は変わらないというのならトラの資本構成は変わったのか?
 親会社の資本構成は変わったけれどトラ本体の資本構成は全く変わっていない。
 確かオリバは支払っていなかったと思ったけれどなぁ...
[PR]
by extranjeco | 2006-07-15 23:43 | 球界

1リーグ制

 球団数削減という事態が発生しない条件を前提として、今の問題を
 解決するには12球団(以上)での1リーグ制しか手段はないような気がする。
 ウサギ戦が少なくなるセは断固として反対するのは見えているけれど。
 テレビ局側が放映権料そのものを値切り始めているらしい。
 事実年々ウサギ戦視聴率は低下の傾向にあるのも報道されている通り。
 ヘタをすれば地上波からプロ野球中継がなくなることもないとはいえない。

 実際に現行ルールでプレーオフを強行するなら新規参入が不可欠になる。
 けれど今のところMKが事実上門前払いされている状況ではそれもムリ。
 大阪ドームの売却のときも結局MKはほぼ門前払いだったからね。

 交流戦のあり方でさえ溝はなかなか埋まらずかえって深くなってもいる。
 交流戦を増やせば事実上の1リーグ制と同じことだろうし。
 消化試合が増えるからといってプレーオフは始められたのだけれど
 結局今度はリーグ戦そのものを否定することにもなりかねない。
 それならわざわざ1年を通してやる必要はなくなってしまうはず。

 球団減でに1リーグ制では2年前の合併騒動からさらにファン離れが
 起きてしまう危険性が高いことを暗に示唆しているだろうね。
 清原が加わったけれどオリバのファンはそれほど増えているだろうか?
 清原だってあと何年現役でいられるかの保証はどこにもないのだし。
 12球団1リーグ制にしてシーズンを分割するしか手段はないかもしれない。
 
[PR]
by extranjeco | 2006-07-14 14:16 | 球界

遅々として進まないね…

 もう何度も会合を重ねているけれど全く進展していない気もする。
 けれど双方の主張が平行線だからそれも仕方がないのが現状だろう。
 パが「シーズン1位=優勝」容認へ2年かけてコレだからね...

 元々パリーグが見切り発車でやってしまったことで混乱しているのだが
 ココ2年の成功でセもプレーオフをヤル気になったというのが実情。
 けれどコレ自体が元々は泥縄みたいなものだったはず。
 毒の方が大きいことはOBなどからも指摘されていたはずだった。
 球団増でもない限りリーグ戦を否定しかねないものだし
 現行制度では日本シリーズを軽視することになってしまうのだから。
 ただ単に野球協約を変えればいいというものではないはずだ。

 交流戦だって実入りが少なくなるからと削減したいセと現状維持したい
 パとの間にはなかなか相容れない利害の対立が現実としてある。
 ただ存在しているだけのコミッショナーには解決能力は全くない。
 誰も強権を発動して事態収拾を図れないでもいるのが現状だし...
 ファンに決定権を持たせた方がいいんじゃないのかな?どっちみち
 肝心のファンにソッポ向かれたら終わりなのだからね...
[PR]
by extranjeco | 2006-07-13 23:15 | 球界

何だかなぁ

 大阪ドームの破綻から京セラがネーミングライツを取得した。
 オリバはこれからどうするのかまだ結論を下してはいないけれど
 果たしてどうなるんだろうかね、不透明といえば不透明だ。 
e0039510_141375.jpg

 しかもトラの経営統合で機構やオーナー会議がどんな判断を下すか?
 そのオーナー会議が来週中に開かれるけれどまた揉めるんだろうね。
 経営統合が新規参入と見なされれば加盟料を支払う必要がでてくる。
 件のオーナー連中がいったいどんな判断をするんだろうかね。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-01 23:52 | 球界

球界にとってファンとは何なんだろうか?

 交流戦も終わってこれからはリーグ戦に戻るんだけれど
 いつも考えさせられるまゆげのノーさん のコラム。
 確かに全く聞く耳を持たないオーナー側は論外としても(接点さえない)
 選手会もそれほどファンの声を聞こうとする意欲に欠けているような気がする。
 提供されているコンテンツが全て週刊ベースボールとのタイアップだからね。
 選手会独自でファンからの声を聞こうという姿勢があまり感じられない。
 どうしてもそんな思いが付きまとってしまう。ノーさんが言うのももっともなこと。
 遅々として進まない現状を考えればファンの意見を吸い上げるところがどうしても
 必要になってくるはずなんだけれど、それがどこにもないのが現実だろうと思う。

 折角ニッカンには記者Blogがあるんだからそれを上手く活用してはどうだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-06-23 17:49 | 球界

亀の歩みか...

 交流戦ももう残り3連戦となって中止になった試合以外に来週からは
 再びリーグ戦が始まる。あっという間の6週間だったかもしれない。
 交流戦のあり方にも問題がないわけではないけれど検討課題だろう。

 ドラフト不正 次年度指名権はく奪へ構造改革協議会
 ただ実行委員会で議決できても意見がまとまらないオーナー会議で
 承認される可能性は極めて低いだろうと思う、過去何度否決されたか。
 去年実施された高校生ドラフトなど結局エゴで決まったところもある。

 球界改革といわれるけれどどこも自分の利害を主張しているだけなんだろう。
 「ウチは厳しいからまずはお宅から」というような状況なんだろうね。
 三者がそれぞれ同じようなスタンスなのかもしれない。
 けれどそうこうしているうちにメジャー志向の選手はドンドン流出していく。

 育成にかかる費用のことを持ち出されることも多いけれど、それなら
 育成部門をメジャーのように切り離して独立リーグに担ってもらう方法もある。
 そうすれば支配下枠は30~40人程度で運営できるだろうし、その分
 新規参入を増やせるはずだろうとも思う。結構エモヤンが主張している。

 選手の年俸体系見直しのためにインセンティブに比重を置くのは当然として
 支払いに際して出場試合係数を設けるのも1つの方法だろうとも思う。
 選手への批判の多くが高額年俸選手の欠場などが上げられるけれど
 サッカーのように試合に出なければ減額といった方法も取ることができる。
 Jリーグではその年全欠ならば契約年俸の70%しか支払われない。
 生活がかかっている分出場に貪欲になっている1つの側面でもある。
 野球にはこの制度がないから年俸高騰に歯止めもかかっていない。

 いろいろと方法はあるとは思うんだけれどね…
[PR]
by extranjeco | 2006-06-16 14:15 | 球界

交流戦…

 昨日は試合がなかったけれど、交流戦も今が酣といった感じだろう。
 その試合結果によってはまさに悲喜こもごもだろうね、確かに…
 連勝するところもあれば連敗するチームが当然出てくるはず。
 それでファンは一喜一憂しているのがホントのところだろうね。
 「交流戦だから」と醒めて見ている人はそんなに多くないかもしれない。

 そんなときに見かけた「まゆげのノーさん」の記事、結構私は見ている。
 ファンにとって魅力的な交流戦を結構大事なことかもしれない。
 メジャーでも定着には結構時間がかかったというからもっと長い目で
 見るところは必要なのかもしれないしそうすべきなのだろうとも思う。
 けれどできるところから少しずつマンネリを防ぐ方法を考える必要もある。
 3連戦のうち1試合をホームとアウエーを交換するとかあるだろうね。
 ウサギとトラほど危険なカードはないからあまり問題にはならないかも。

 DHの扱いもそうだけれどセリーグ側の扱いをもっとよくしてほしいね。
 7回の応援回でも相手チームの応援歌を流さないほどだし...
 それほど苦にはならないはずだろうとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-05-23 20:10 | 球界