カテゴリ:プロ野球( 99 )

触れなければならないこと

 野球に乱闘はつきものという考え方があるけれどそれは間違いだろう。
 特に外国人選手は「やられたらやり返せ」が合言葉のようになっている。
 「ブラフにはブラフを」という理論が根底に流れているんだろうとも思う。
 ブラフといえば清原だけれど、彼は1度たりとも手を出したことはない。
 それを美徳のように言い放つ球界OBも存在するけれどそれは間違いだろう。
 ココは日本だ、メジャーのような報復劇は絶対に許されない。
 厳しい内角攻めは投球術の基本ともいえる、投手OBは口をそろえて言う。
 日本人投手で故意死球をやれるほど肝が据わった投手はまずいない。
 死球から動揺して崩れる投手の方がはっきり言って圧倒的に多い。
 
 日本ハム金村が出場選手登録から外れるコレだけで事の大きさが計り知れるはず。
 実際金村はケガを負ってしまっている、一度登録を抹消されたら復帰まで
 まる10日はかかってしまうし自分に非の全くないケガによる抹消ということ。
 ズレータには10日間の出場停止が科されたけれどそれと全く同じ条件と
 いうのは果たして妥当か?という疑問がホークスファンとしても残る。
 ズレータの離脱は痛いといえば痛いけれどそれとコレは全く別次元の問題。
 まずは日ハムファンに謝罪しなければならないだろうと思う。
 1ファンがしてもどうしようもないが「ごめんなさい、本当に申し訳ないと思います」

 こんなことがあっても報復行為に出なかった日ハム選手はえらいとも思う。
 大概こんなことが起こったら報復のし合いで泥仕合になりかねないもの。
 普通なら警告があってその後は間違いなく危険球扱いになって当然のはず。
 日本ハム・ヒルマン監督は怒りおさまらず当然といえば当然だろうとも思う。
 メジャー経験もあるヒルマン監督が報復を指示しなかったのは賢明だった。
 ズレータは本当に反省しているのならまず金村に謝罪しなければならないはず。
 「倍返し」の意味を間違いなく局解しているようにしか思えない。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-17 19:04 | プロ野球

そういつまでもうまく行くかなぁ...

 何とか理想的な開幕ダッシュをしてきたウサギだけれど
 今までのようにこれからも行くのか?という素朴な疑問。

 巨人 3カード連続勝ち越し不安要因もなくはないだろうと思う。
 放置には韓流を何とか取り込もうとしている記事があったけれど
 コレから交流戦というかく乱要因が待ち受けているのも事実。
 パリーグのチームとの対戦が待っているからね、楽しみだ。
 去年それまで絶好調だったのに交流戦でドラが失速したのも記憶に新しいけれどね。
 変わって出遅れていたトラが交流繊以後息を吹き返して優勝したこともある。

 実際去年4番の小久保に対してパリーグチームは徹底的に弱点を突いた。
 その攻め方を他のセリーグチームが分析してその後ウサギが失速した。
 同じようなことがイ・スンヨプに起こらないと断言できようか?
 他にも小坂に対しても起こりうる可能性は十分にあるはずと思っている。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-10 19:09 | プロ野球

偉大な記録

 選手にとって自己管理は大切なことだというのは当然だけれど
 それを身を持って示したようなすばらしい記録だと思う。
 年間わずか140試合前後の日程だけれどコレを維持するのは
 生半可な心構えではできないだろうと思うし、満身創痍での出場だったはず。
 コレまでだって何度も厳しい攻めの末ぶつけられた事も何度かあった。
 三瀬がぶつけたときには一時トラキチのネットが騒然となったけれど
 自身のHPでコメントを残してトラキチの興奮を鎮めていたのを思い出す。
    
 今ではアニキとしてトラキチの精神的な支えになっているのも事実。
 毎年のように下半身はパンパンになっているというからなぁ。
 オフには護摩行を毎年欠かさずに行なっているとも聞くから精神的な
 強さも相当なものだろうとも思う。弟分のC新井はギブアップだったし...

 もはや彼は阪神だけでなく球界の財産といってもいいかもしれないね。
 これからも気力と体力が続く限りフル出場を続けてほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-09 23:58 | プロ野球

セリーグも開幕

 セリーグも開幕したけれど巨人開幕戦視聴率15・9%

 この手の数字が一人歩きすることが多いのだけれど
 WBCの流れにもウサギは乗れなかったようだ。
 実際パリーグの開幕戦では地元の視聴率は結構高かった。
 だいたいが17~18%ほどだったとも言われているからなぁ。
 監督が変わってもウサギファンが戻りきっていないのだろうね。
 今季もコレまでと同じような補強路線を歩んでいるからなぁ...
 野口・豊田・小坂そしてイ・スンヨブ、お金持ちはコレだから(爆)。

 球界の危機とか野球離れとか最近は言われているけれど
 その真相は単なる「ウサギの危機」なんじゃないかという気がする。
 ウサギで食えなくなったマスコミや球界関係者が焚きつけている
 そんな印象が強い、メジャーまで広げれば野球離れはありえない。
 現にメジャーへの関心は年々高くなっているような気もする。
 ゴジラがメジャーに行ってからウサギの人気が低下し始めたのかも...

 誰かが言っていたけれど「巨人のファンはコアな部分が他より少ない」
 どちらかというとミーハーで移り気なファンが多いという、そうかもしれない。
 コレまで全国的な人気を背景に経営をしてきたのだけれど
 それが放映権料という含み資産を生み出して原資になっていた。
 コレまでそれほどウサギは経営努力をしてこなかったからね。
 近年の地域密着という流れにより状況が変わってきているのも事実。
 パリーグの球団はここ数年相当経営努力をしてきているから、
 以外にウサギの後背地が少なくなってきているのかもしれない。
 
 「巨人愛」を前面に打ち出して選手にそれを要求しているけれど
 コレまでの補強路線で選手にそれを求めるのはどうだろうか?
 かなり虫が良すぎるような気がしてくるけれどね...
[PR]
by extranjeco | 2006-04-04 09:19 | プロ野球

メジャー挑戦

 WBCが終わってマスコミなどでは今オフでのメジャー行きについて
 いろいろとあらぬ詮索を始めているけれど。松坂・上原・岩村などなど...
 本人の願望までは誰にも干渉できないのも事実だろうと思う。
 元々WBCそのものがメジャーにとっては見本市とも言われていた。
 確かにその側面は否定できないしそんな下心がなければ企画しないだろう。

 メジャー挑戦を表明するのは本人の自由だけれど願望だけでは叶わない。
 最近は年俸交渉の駆け引きの道具みたいになっていることもある。
 ただメジャーに行って成功できるかどうかはまったく別の問題。
 本人の能力・資質以外に言語の問題や自己調整能力も要求される。
 自分のことは全て自己責任というメジャーの環境にあっては
 メニューは全て自分自身でやらなければならないはず。
 コーチなどの指導を待っていては到底生き残ることは不可能だろう。
 自己主張ができなければ自分の立場が悪くなるだけだからね。

 負けて下を向いているようではとてもじゃないがメジャーはムリ。
 タフなメンタリティさえ求められる。少なくとも野茂やイチロー並の
 自信や信念を持ってなければ通用する世界ではないはず。
 ときには日本以上にマスコミは辛らつだからね、メジャーは。
 球団に守られて制限をしてもらっている現状とは天地の開きがある。
 果たしてどれだけの人間がこれらをクリアできるんだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-03-25 23:42 | プロ野球

宴の後

 WBCは日本の優勝で幕を閉じたけれど次回はどうだろうか。
 課題や問題が山のように吹き出してきたのも事実。
 コレをどう解決していくかも重要な課題になるはずだろう。

 けれど結局 彼らは何も学んではいないようだね。
 開催時期の問題などで辞退する選手が多かったのも事実。
 それでも変更するつもりは毛頭ないようだ、何でかねぇ。
 自分たちの失敗を認めたくはないのかもしれないのだろう。
 1年しか準備期間がなかった今回と違って次回は3年もあるはず。
 次回から協議に応じるといっていなかったけ、またゴリ押しか?

 かの人物はこんなことを言っているけれどなんだかなぁ...
 成功を口にする前に課題についての検証をするべきではないのかな。
 それをしないうちは成功とはいえないような気がするんだけれど。
 今回問題になった組み合わせをどう説明するんだろうか?
 3度も同じ組み合わせになった日韓戦は全く問題にはならないのだろうか?
 審判の問題はどうするんだろうか?問題がないとは言わせない。
[PR]
by extranjeco | 2006-03-22 23:49 | プロ野球

リベンジ

 一敗地に塗れて3たび韓国との激突、もう負けは許されない。
 もはや意地とプライドだけが選手を支えているのかもしれない。
 同じ組み合わせが3度もあるというおかしなことがあるのも事実。
 WBCにはおかしなことが多いけれどそれは日本側には責任はない。
 王監督以下選手はただ目の前の敵を叩き潰すだけだろう。
 
 日本は投打がかみ合って韓国を撃破した、選手もそうだけれど
 見ていた国内のファンもコレで溜飲が下がっただろうと思う。
 日本プロ野球に対してのプライドがかかっていた試合だったはず。
 コレで決勝進出が決まったけれど、ファンはこういう試合を
 シーズン中に求めていたというのも確かなことだったと思う。
 
 決勝のキューバ戦結果はとにかく持てるものを全て出し切ってほしい。
[PR]
by extranjeco | 2006-03-19 23:17 | プロ野球

昨日の打線爆発

 WBC日本代表久々の打線爆発!といきたいところだけれど
 どうやら額面どおりには受け取れないようだ、ボールのからくりが
 あるという、さっきラジオでそう話していた。

 何でもボビーの意向があってマリーンズの守備のときにはそう
 日本代表の攻撃のときにはパリーグ公式球が使われていて
 マリーンズ攻撃のときにはWBC公式球が使われていたという。
 何でもボビーは公式球とシーズン公式球が違っていたら投手の
 負担が大きくなるという理由でWBC公式球を使わなかったらしい。
 そのせいかもしれないね、この日の打線の爆発は…

 この日のことはいくらか割り引いて考える必要はあるかもしれない。
 元々が親善試合なのだからあまり重要度はないのだろうけれど
 最近になってこのWBCの意義には疑問な点が更に増えてきた。
 元々懐疑的に見ていたのだけれどなお一層その思いが強くなった。
 メジャーでもあまり相手にされていない企画だからなぁ…
 それなのに何で日本はこれほどムキになっているんだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-02-27 19:54 | プロ野球

手痛い1発

 そういえば昨日エキブロでかなり深刻なトラブルがあった。
 丁度夕方あたりからログインが全くできなくなってしまっていた。
 ココも外見上まるで閉鎖されたような感じになっていた。
 15分ほどの格闘の末、何とかログインできたけれど
 アレはいったいなんだったのだろう?先月の今頃も今回と
 同じように異常に動作が重くなってエラーが続出したこともあった。
 最近は某Blogサービスのような症状がよく起きるね(爆)

 WBCの壮行試合で松坂は手痛い1発を喰らったけれどあまり
 心配は要らないだろう、米国製のロジンバックが合わなかったようだ。
 わっちやお杉はもう滑りやすいことには気がついていたけれど
 それやストライクゾーンやボールの感触などを確認していたようだった。
 それよりも松坂の場合花粉症の方が深刻なのかもしれない。
 ドーピングの問題もあって安易に薬も使えないだろうから。
 去年ほど飛ばないとはいっても平年ぐらいは今年も飛ぶらしいからなぁ。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-25 22:48 | プロ野球

なぜだろうね…

 キャンプも打ち上げというチームも多くなってきてこれからは
 オープン戦やWBCなどほぼ実戦形式の内容になっていくだろう。
 当然スコアラー活動もまとめの段階に来ているかもしれない。
 WBCはさておいて開幕まであと1ヶ月あまりとなってきてもいる。
 どの球団も相当な胸算用を心に秘めているかもしれない。
 パだと当然プレーオフ進出が最優先課題になっているはずだろう。

 そんな中あったWBCにまつわるこんな話題賛否は分かれるだろう。

 特にこの人の場合は神聖化されてアンタチャブルみたいなところもある。
 団塊の世代の前後ではその傾向が顕著になっているかもしれない。
 確かに王監督と並んで球界の最大功労者であるのも間違いではない。
 けれどまだ闘病中の身、本人の健康のためにもムリはさせられないはず。
 何でまたそうこの人にムリをさせるんだろうか?中継が日テレだからか?
 マスコミはすぐに美談にしようとするけれど何か違うような気がする。
 球界やマスコミがこの人を必要としているのは事実なのだろうけれど
 それならそれで病気が完治してからでも遅くはないはずだろうけれど…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-21 19:09 | プロ野球