カテゴリ:アマ野球( 26 )

確かに逸材だろう

 怪物・中田めぐり空前の大争奪戦開幕!
 去年の横浜戦での活躍は見事と言うしかないだろう。
 今季から使用球が低反発球になるからなおさら彼の素質が
 はっきりと現れるかもしれない、コレであまり変化がなければ
 彼は清原以来の逸材になるだろうとも思う。楽しみだなぁ。
 
 中田始動に日米10球団スカウト集結制度がどうなるかわからないが
 今季のドラフトでは間違いなく1位でなければ取れないだろうね。
 指名に行くとなれば相当ドラフトでも大学社会人も合わせて
 戦略を練っていかないと惨敗なんてことにもなりかねない。
 投手以上にその打撃センスを買われているわけだからなぁ。
 今年の甲子園でどれだけ更に成長するのか見てみたい選手だ。
 おそらく去年の田中や斉藤に匹敵するほど注目されるはずだし。
[PR]
by extranjeco | 2007-01-05 14:49 | アマ野球

08年夏の甲子園は8・2開幕

 日本高野連は24日、第90回全国高校野球選手権について北京五輪(8月8~24日)
 の日程を考慮し、大会史上最も早い8月2日から開催することを決めた。また代表校を
 集めての抽選会は行わず、各地方大会で代表校が決定後、順次抽選する方式を
 取ることになった。

 参加校数は6校増えて55校。第80回大会同様、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、
 兵庫の6府県から2校が出場する。会期は従来より2日間延長されて、17日間で
 実施される。各地方大会は7月27日までに代表校が決定するように日程を調整。
 全国大会までの日数が少ないため従来の抽選会は行わず、地方大会決勝から
 試合予定日まで、5日間の期間を設ける。


 かねてから過密日程による弊害がいわれていたけれど再来年は北京五輪。
 五輪が完全に夏の甲子園とバッティングしてしまうからね。
 今季も長引く梅雨で相当選手のコンディションにも影響が出ていたと聞く。
 けれど開始を早めてもやはり天候相手のものになるからどうだろうか?
 県予選そのものを繰り上げて行かないといけなくなるだろうし。
 天候に恵まれなければ再び強行日程にならざるを得ないかもしれないし。

 松坂のとき以来の記念大会だから学校が多い県では2校が代表になる。
 特に神奈川や大阪・愛知ではその分だけ負担は少なくなるだろう。
 松坂のときも2校が代表だったから予選ではあまり投げていなかった。
 あの時甲子園では斉藤のような肩の疲労が心配されてもいたからね。
 まずはそのときの天候が順調であることを祈るしかないだろうね…
[PR]
by extranjeco | 2006-11-25 23:56 | アマ野球

高野連 斎藤&田中に“取材規制”

 米国に遠征する日本高校選抜は28日、大阪・枚方市内のグラウンドで合宿最終日の
 練習を行ったが、日本高野連は早実・斎藤佑樹投手(18)と駒大苫小牧・田中将大
 投手(17)の取材を自粛するよう報道陣に要請した。過熱報道が与える悪影響を危ぐ
 したもので、注目の両投手は無言で合宿を打ち上げた。高校選抜は29日、成田空港
 から米ニューヨークに出発する。

 何か遅すぎたような気がしないでもない、ひどい状況になっている。
 そのうち本人にも悪い影響が出かねないしケガ人さえ出そうな気がする。
 そうでなくても本人たちにとっては相当なストレスになっているはず。
 もう休ませて挙げるべきだろうね、ここまでくると。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-29 18:56 | アマ野球

「斎藤投手の熱投の一語に尽きる」王監督が感激

 初優勝の決定後、球団広報部を通じてコメントを出し、「この優勝は、斎藤投手の
 熱投の一語に尽きる」と賛辞を送った。そして、「きのうまでの疲れなどすべてを
 超越したチーム一丸となっての勝利。今はとにかく、ゆっくり休んでください。
 本当におめでとう!」と健闘をたたえた。

 療養中の王監督にとっても何よりの良薬になったかもしれない。
 センバツのときから相当気にかけていたのを記事で見たこともあった。
 突然の入院会見を受けて早実ナインも王監督を気にかけていた。
 夏の予選以降選手に負担をかけないよう大先輩の王監督のためにも
 優勝するということを意識しないように心がけてきたという記事も見た。
 それが今実を結んだのだからなぁ、王監督の喜びもひとしおだろうね。
 
 まずはゆっくりと休んでほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-22 19:05 | アマ野球

栄冠は君に輝く

 早実4―3駒大苫小牧(決勝再試合=21日)

 昨日の再試合を受けて再び両校が激突したけれど駒大苫小牧は
 あと一歩のところで早実に及ばず3連覇を逃した。
 田中も負けた悔しさはあっても悔いは残っていないだろうとも思う。
 全力を尽くしたのだから。

 北海道民にとっては残念なことだったと思うけれどやはり
 両校の健闘をたたえなくてはいけないだろうとも思う。
 田中はプロ志望だけれど斉藤はまだ進路が決まってはいない。
 甲子園のことだけで頭がいっぱいで考える余裕もなかったかも。

 残るはあと国体になったけれどまたいい試合を見せてほしいね。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-21 19:35 | アマ野球

決勝再試合

          
 駒大苫小牧 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
 早実(西東京)0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1

 今季早くから優勝候補の双璧とまでいわれていた両チームだけに
 両校の激突はやはり一筋縄ではいかないほどの死闘となった。
 決勝再試合は三沢の太田以来だったかもしれないけれど
 ここまできたらもう田中も斉藤もエースとしてのプライド
 ただそれだけかもしれないなぁ、確かにそう思える。

 それでもセンバツから投げ続けてきて夏も結構な球数になっている
 斉藤の肩が心配でもある、もう松坂の比ではないかもしれない。
 ケガや故障がないことを祈りたいね、ホントに。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-20 23:57 | アマ野球

ファイナル進出決定

 早実5―0鹿児島工(準決勝=19日)
 駒大苫小牧7―4智弁和歌山(準決勝=19日)

 やはり優勝候補同士の対決になったなぁ決勝戦は、予想通りか。
 どちらも頂点を目指すためにコレまで練習してきたのだから
 明日の試合がその集大成になるんだろうと思う。

 3連覇に王手をかけた駒大苫小牧と初優勝に王手をかけた早実。
 明日はケガに気をつけて悔いのない試合をしてほしい。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-19 23:27 | アマ野球

確かに出すぎかもしれない

 今年の夏の甲子園は確かにHRが異常とも思えるほど多い。
 しかも外野の頭を越えるような長打も相当多くなっている気がする。
 単に守備位置かとも思ったけれど定位置でも頭を抜かれるからなぁ...

 讀賣にあった記事なぜか本塁打ラッシュの甲子園、“プロ級”の当たりも

 確かに今年の天候は相当不順で予選前は結構雨の日が多かったし
 予選開始と同時に猛暑になっていたなんてこともあった。
 そのために投手陣の走り込みが足りなかったこともあっただろう。
 投げ込みでは最近屋内施設が充実してきているから一概には
 いえないだろうけれど早実斉藤はセンバツから球数も多かった分
 それほどの調整遅れにはならなかったのかもしれない。
 実際彼は打撃練習を少なくして投げ込みと走りこみに専念したらしい。

 打撃設備の向上によって打撃技術も格段に進歩したのも事実だろう。
 更に最近は筋トレなどによってパワーも向上してもいる。
 確かに投手にとっては受難の環境なのかもしれないなぁ。
 けれど来季から現在プロで使用している体反発球になるとのこと。
 その分在庫処分などで大量に使われた可能性も否定できない。
 けれどそろそろ金属バットの見直しを図る時期なのかもしれない。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-18 23:26 | アマ野球

しかし...

 智弁和歌山13―12帝京(準々決勝=17日)
 しかしHR7発というのもなぁ、典型的な打撃戦だったような気がする。
 ボールの影響もあるだろうけれどここまでくると考える必要があるね。
 確か来年のセンバツから低反発球になると聞いているけれど
 その効果はどれくらい出るんだろう?来年には結果が出る。

 確かに今年はHRが出すぎという指摘もあるし定位置よりも深く守っていて
 それでも外野手の頭を越えるような打球も多かったという印象がある。
 選手の体格や筋力の向上よりもボールの影響が大きいのかもしれないし
 そろそろ金属バットの見直しも必要になってきているのかもしれない。
 投手の肩の消耗への影響も考えないといけない時期に来ているのかも...
[PR]
by extranjeco | 2006-08-17 23:25 | アマ野球

日大山形、延長13回逆転サヨナラ…山形県勢初の8強

 日大山形11―10今治西(延長13回、3回戦=16日)
 まさに壮絶な試合だったと思う、ホントシーソーゲームだった。
 打撃戦といえばそうだけれどここまでもつれてしまうとはなぁ。
 わずかな展開のアヤで結果が変わってしまうことが多いけれど
 劇的といってしまうにはあまりにも明と暗の差が大きいね...

 山形県勢は確かに高校野球では後進の部類に入るのは事実。
 以前はPLに29点も取られて大敗したこともあったほどだった...
 なかなか3回戦の壁を破れずにいたのも事実だった。
 それまでの教訓から県を挙げて強化策を始めたとも聞く。
 やっとそれが身を結びつつあるのかもしれないね、確かに。
 けれどそれだけで満足していてはいけないはず。
 さらに上を目指していってほしいとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-16 19:24 | アマ野球