<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

早くも始まったストーブリーグ

 リーグの大勢が決まると始まってしまう、毎年恒例のこの季節。

 
 球団はシーズン中から要請していたけれどヒルマン監督 続投決定やっと決定した。
 ファンも監督自身も不満が残るシーズンだったかもしれないと思う。
 去年はプレーオフ進出という位置までいったけれど、今年は大差の5位。
 今季は新庄が何度か抹消されたりして十分な戦力も揃いきれなかった。
 ただ来季は1年契約というのが気になるところかも知れない…移転して3年目だから
 来年はしっかり実績を残してさらに地元に定着させてほしいところだと思う。

 岩本が日本ハムを去る/コーチ要請も現役にこだわりとても残念だと思う。
 結構彼を好きだというファンは他球団にも多いから現役でやってほしい。
 ココ2年不本意な成績だったから彼自身も不満だったと思う。
 まだ燃え尽きてしまうには早すぎる、岩ちゃんの移籍は決定的になったようだね…
 
 「現役として札幌ドーム(のお立ち台)で手を挙げられなかったのが心残り」。彼らしい… 
 しかもベテラン奈良原が事実上の「戦力外通告」淋しくなってくる。

 他にもいろいろと戦力外とされた選手が他球団からも出てきている、物思う秋か…
[PR]
by extranjeco | 2005-09-30 18:57 | プロ野球

パリーグ全日程終了

 昨日でパリーグは全日程を終了してプレーオフを待つのみとなった。

 シーズンを1位通過することが決定したホークス、まだ浮かれてはいられない。
 去年敗北を喫して日本シリーズ進出はならなかった苦い経験があるから。
 連盟からの要請も全て固辞してセレモニー的なものは最小限にした。
 何事にも慎重な人だから王監督が来季続投やっと本人の口から出た。
 90勝はならなかったけれど、89勝は凄い数字だと思うし勲章のようだと思う。
 

 松中2冠 3年連続120打点超え、長いプロ野球の歴史においても初めてのこと。
 
 王監督自身にも成し得なかったことをやってのけてしまったのだから、凄い。
 監督自身も会長やジョーあるいはズレに56号の記録を破ってほしい
 そう願っているだろうし、それが達成されれば本望だと思っているだろう。
 もっとも、欲張りな監督ゆえBボンズの記録を狙え!!というかもしれないけど...

 お杉の2冠も凄いことだと思う、去年のあの事件から完全に立ち直った。
 そうでなければホント困ったことになっていたかもしれない気がする...
 
 杉内 投手2冠獲得「プレーオフ勝てればいいなぁ」おい!!
 勝てればいいなぁじゃ困る、必ず勝ってもらわないと...
 会長の2年連続の3冠はなくなったけれど、投手部門はしっかりと取った。
 欲張りな王監督、取れるタイトルは全部ウチの選手に独占してほしい。
 そうスポーツ新聞紙上で話をしていたことがあったけど、親心かも...
 ズレータはミスター「NO・2」確かに3冠全てで2位とは…コレはコレで
 また凄いことかもしれない、敢闘賞ぐらいはあげないといけないかも…

 ホント痛い、ココにきてからのジョーの離脱は…
 
 ジョーは固辞するだろうけれど、プレーオフや日本シリーズできたら
 ベンチに帯同してほしい。コーチやスコアラー枠を削る必要があるけれど…
 おとといの東スポだと投手陣はそれを望んでいるらしいという。
 データよりもグラウンドで感じる感性でリードするタイプだけに
 的場や他の捕手に言葉で書き残すことがとても難しいという問題がある。

 
 コレばかりは当日ドームにいた全てのファン、選手・関係者を讃えたいと思う。
 ホークスファンも誰一人として妨害に出る人はなく、暖かく見守っていた。
 球場でのマナーが問われる昨今、いい光景をしっかり見せていただいた。
 何一つ反論せず架せられた責務をまっとうしたからかもしれないけれど
 楽天の参入によってパリーグが消滅の危機を免れたことへの恩返しかもしれない…
 田尾監督1年間本当にご苦労様…そしてまた球界に戻ってきてください…

 監督の胴上げを企画実行した楽天ナインお疲れ様、今年の屈辱を胸に秘めて
 来季に向けてスタートを切ってください。それが唯一のファンへの恩返しです…
 あなたたちはオーナーのために野球をするんじゃなく、自分自身と家族のため
 そして応援してくれるファンのために野球をしているのでしょう?
 来季は更なる発展を願って止みません…
[PR]
by extranjeco | 2005-09-29 23:16 | 独り言

殷鑑遠からず...

 阪神衝撃!!村上ファンドが電鉄筆頭株主

 衝撃走る!!とまで書かれているけれど...いまさら何をそんな感じがする...

 この話夕刊紙上ではかなり前から騒がれていたことだし、それほど
 私には驚きだとは感じられない。むしろ電鉄が何もしてこなかった
 そのことに対して呆れてしまっているといった方がいいと思う。
 ライブドアによるニッポン放送株買占めの頃から村上ファンドは
 電鉄の株式を持ち始めていたともいうのに本社は何もしてなかったんだね。
 対岸の火事とばかり思っていたのだろうか?あまりにもお粗末...

 新聞では西武鉄道のほうに向かうのでは?とされていたけれど
 それはただのカモフラージュだろうと思っていた、買うには悪い材料ばかり...

 電鉄はコレまでも渋い契約更改で知られるように堅い経営をしてきた。
 配当は低かったけれど、ニッポン放送と同様内部留保が多いといわれていた。
 それからすれば現在の株価は低すぎると見たんだろうね。
 しかも不動産まで経営しているから総資産もかなりあるだろうと思っていた。
 震災での損失ももう償却しているだろうし、買う材料が揃っていたんだろう。
 小さいながらもプロバイダーさえ自前で持っているのは好都合だろう。

 ただ彼が実験を握ることで球界にデメリットばかりでもないだろうと思う。
 資本の理論で動いてきた彼が簡単にナベツネに従うとは思えないからだ。
 ナベツネがいくら恫喝したところで自身に利益がなければ動かないだろう。
 彼は世論の怖さを知っているようだから大儀のない去年のような合併騒動には
 進んで参加しないのではないかと思える。希望的観測ながら...
[PR]
by extranjeco | 2005-09-28 23:15 | 球界

ドラフト

 来月初めにも始まる「分割ドラフト高校生編」どうなるんだろうね?
 マスコミ各紙は連日のように誌面を賑わしているけれど...
 また何か不祥事をやらかしそうな...そんな気がするけれどね。 
 所詮妥協の産物として始まったものだから問題がないはずがない。
[PR]
by extranjeco | 2005-09-27 19:28 | 球界

同期の桜

 競馬ジョッキー間でよく言われる言葉「同期の結束鉄より硬い」
 騎手において同期とは競馬学校に同じ年に入学し同じ年に卒業した者。
 ほとんどが中卒からここに入って3年間のカリキュラムを経て
 ターフに向かって巣立っていく、その間奇妙な連帯意識が育っていく…
 入学した年齢は人によって異なる場合が確かに存在している。
 育ち盛りからか減量の苦しさから夜中に抜け出してコンビニへ…
 あの武豊でさえ「やった」と本人も白状している
 
 それは単に「仲良しクラブ」とは対極にあるもの、ライバルだろうね。
 お互いが意識しあってより高いレベルに行こうとするものだろう。

 ウシファンではおなじみの吉岡 雄二礒部以上に仙台では顔が売れていた。
 意外に思う在阪のウシファンも多いかもしれない、しかし紛れもない事実。
 悲願の優勝旗に手が届きそうで届かなかった仙台育英と対峙した帝京のエース。
 (仙台)育英のエースは他でもない大越基、2年前のオフに引退した。

 
 
 このときに準決勝で対戦したのが彼、宮地だったがまさに死闘だった。
 その宮地も大越と同じ年に西武を自由契約になっているから何かの因縁か?
 テスト生として入団しながらもいきなりレギュラーポジションを奪うほど
 彼はひたむきに練習を繰り返し、自身の意識改革まで行なってもいる。

 「ソコソコの成績」で満足していた彼、それを貪欲までに1打席に対しての
 集中力を高めるきっかけとなったのはやはり自由契約宣言されたからだという。
 「もしかしたら、もう野球ができなくなるのでは...」それが野球選手としての
 本能を呼び起こし本当に野球が好きだということを自覚したという。

 これからも1打席1打席に完全燃焼してほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2005-09-26 01:15 | 人物

無念!!の一言かもしれない

 結局詰め腹を切らされてしまっただけかもしれない…
 2~3日前まではほぼ続投決定と報じられていたけれど
 まさに急転直下の電撃解任今朝の練習前に言われた。

 
 
 本当に彼は全力を尽くせる条件と環境を与えられたのだろうか?
 就任発表から1ヶ月で分配ドラフトやドラフト会議、そしてトライアウト...
 ドラフトでは新規参入ゆえ大きく出遅れていたにもかかわらず
 フロントはコレといった戦力を用意してくれたとは到底思えない...
 しかも設備さえ1から作り直しで本拠地が完成したのは開幕直前。
 キャンプ地でさえ決まっていなかったという混乱した状況...

 監督未経験の人物をいきなり監督とした三木谷オーナーの思いつき
 それから始まったことだけれど、何か全て監督に負わせてしまった...
 そんな印象さえ受けてしまう。キーナート前GM以外誰もその責任を
 フロント内では負ってもいないことも事実だろうと思う。
 むしろ限られた戦力の中でコレだけやったことは評価されてもいい。
 礒部岩隈以外はほとんどが年俸の大幅ダウンの中での入団。

 監督自身も初めてのことで試行錯誤の連続だったと思う。
 なかなか勝てなくて選手と衝突してしまったり、いらぬ不協和音を
 作ってしまったことも当然あったと思う、それも予見されたこと。
 普通ならそれらを見越してベテランの監督を招聘するのだけれど
 いきなり新人監督を招聘した三木谷オーナーも非を認めて
 今季の成績には忍耐を持って臨んでほしかったとも思う...

 オーナーはフロントに目を光らせていないと来年もまた同じような
 失敗をしかねないと思う、。田尾監督だから潔く身を引いたけれど
 他の人物、特にノムさんならそうは行かないだろうと思う。
 当然ドラフトなどの編成は1からやり直しになるはず。
 今季より成績は下がるとは思えないけれど、もしあまり変わらなかったら
 ノムさんのクビを切れるんだろうか?素朴な疑問である。
[PR]
by extranjeco | 2005-09-25 23:53 | プロ野球

お杉

 あまりにも痛すぎるジョーの離脱から1夜開けて、またがんばった…
 20勝と防御率1点台はならなかったけれど、どうやら最多勝と
 最優秀防御利、そして勝率の3冠をほぼ確実にし始めてきた。
 去年はあの謎のベンチボクシングでKOされちゃったけれど
 杉内、ベンチ殴り両手骨折このとき瞬間湯沸かし器のお杉を
 たしなめたのはジョーだった…今度はジョーがケガで欠場を余儀なくされてしまった
  
 
 今年はチームの勝ち頭となって何度もチームを救ってきたし、
 自身も新婚の嫁さんを泣かせてしまったのだから今季は意気込みが違っていた。
 POや日本シリーズといった短期決戦では彼の力が必要になってくる。
 今年もおととしと同じような活躍をどうしても期待してしまう、お杉頼む…

 打撃の方でも稀に見るような空中戦を演出、宗りんのには驚いたけれど…

 寿司職人のようなごつい大道とまだまだイルカに乗った少年と見られてしまう
 宗リンとでは比較しようがないけれど、大道よく間に合ったと思う。
 残りあとわずか、最後の最後まで気力を絞ってほしいと思う。

 アストロ球団ではないけれど「1試合完全燃焼」だよ、これからは。
[PR]
by extranjeco | 2005-09-24 22:26 | プロ野球

やっと止まった…

 マリーンズによもやの3連敗で5ゲームあった差が2まで詰められていた。
 おとといは大差のメッタ打ちされてのおバカな試合、全身から力が…

 そんな中遅れてきたルーキーが見事な好投で流れを断ち切った。 
 今季最大の窮地ルーキー高橋秀が窮地救った!プロ初勝利! 
 この日はラジオでも中継されていて、いろいろといわれていた。
 初回からストライクが入らなければすぐにでも換えるつもりだったらしい。
 問題もあった、左にはカーブが決まるけれど、右にはさっぱりだったし…
 シーズン前のラジオでは「中継ぎなら1軍はあるだろうけれどローテまでは」
 王監督がそういっていたけれど、何とか結果を出したようだね。

  
 
 2軍暮らしだったけれど、ココに来て答えを出し始めてきた。
 やっとチャンスが与えられたのだから是非モノにしてほしいと思う。

 好事魔多しなのか?痛すぎる、ココにきてのジョーの離脱は…
 
 
 何かアストロ球団での「カミソリの竜」の魔球みたいに
 直撃している。しかも太い方の骨折だから深刻だ…
 これからのこともあるからなぁ…

 
 痛々しい姿になってしまったけれど確かに絶望的だなぁ…
 難しいかもしれないけれどPOではリード面のこともあるから
 ベンチ入りだけでもできないものか?と思う。
 彼しかわからないこともあるし、彼にしかできない判断もあるし…
[PR]
by extranjeco | 2005-09-23 22:16 | プロ野球

Jリーグとプロ野球

 以前は獅子とネズミほどの開きがあるとも言われていた。
 一時期バブルのように熱くなったけれどその後は冷めてしまった…
 多くのスポーツ紙や評論家がそう語っていたのを覚えている。

 地道な活動や2度のW杯などの追い風もあったけれどJリーグは
 少しずつ軌道に乗り始め、現在では一部でプロ野球以上の
 集客を見せるチームも出始めてきた、レッズはチケット売上げ40億と
 そういわれるようになった。日本代表の試合は確実に20%を取る。
 実際に競技場には親子で向かう、そんなかつてのプロ野球の面影もある。

 しかし本当のバブルがはじけてしまったのはプロ野球界、特にウサギ。
 潤沢な放映権料をバックにコレまでやりたい放題の限りを尽くしてきた。
 エースや4番を札束で買いあさり、他球団への恫喝を繰り返してきた。
 それが今では大きく負け越しで視聴率はつまらないドラマ以下という数字。
 もう優勝が決まる前から中継さえ打ち切られてしまうという体たらく…
 明らかにセリーグのお荷物となってしまっているのが現状。
 チームの若返りよりも経営陣やフロントの若返りを図った方がいいと思う…

 Jリーグで改革ができた背景には特定のチームに偏らない健全で堅い
 組織がしっかりとできていたからだろうし、野球界にないものばかり。
 問題が起こったらリーグ全体でそのことを協議するシステムもある。
 フリューゲルスの問題でも迅速な対応をして救済策も同時に出している。
 営業面でもリーグが率先して活性化に努めファンの要望に答えようとしている。
 いずれの面でもMLBやプロ野球の至らないところは反面教師としているね。
 
 それに引き換え今の球界はどうだろうか?お粗末の限り…
 1オーナーの権限が強すぎてお飾りのコミッショナーがただ鎮座するだけ。
 去年の合併騒動でも全く動かないどころか追認しているような有様…
 可能な限り回避しようというJリーグとはまさに雲泥の差で歴然としていた。

 改革しなければいけないのはコミッショナー以下オーナー会議などの
 意思決定機関を真っ先にすべきだという気がしてならない…
 年俸抑制ではまだ改善の余地はあるものの、そのほかの面では
 もはや選手やファンにはこれ以上流せるほどの血は残っていないだろう。
[PR]
by extranjeco | 2005-09-22 19:35 | 球界

野球は文化なのか?

 去年起きた球界再編という流れ、出来上がっていれば単なる改悪で終わっただろう。
 選手会のストもあって流れは止まったけれど、バファローズを消滅させただけだった。
 一方のオリックスだって現場やファンには戸惑いと混乱もあっただろうと思う。
 特にブレーブス時代から応援してきた人戸惑いや失望は計り知れないかもしれない。

 シーズン中に起こったオーナー会議側の謀略によって去年は野球どころでは
 なくなってしまったのも事実。伏線は2月の「ネーミングライツ」からあったけれど
 コレで特にパリーグはグチャグチャになってしまった感じもする。
 その後にも新たな合併と称して合策されてもきて、選手やファンには野球に専念
 そんなことさえ難しい状況に置かれていたのも事実、いたずらに混乱させただけ。
 仕掛け人の西武でさえオーナーの不祥事で今季は序盤から失速してしまっている。

 落ち着いて考えてみると何か今年高校野球で起こった不祥事みたいだなぁ。
 現場以外で起こったことで現場が混乱してしまっている、割を食うのは現場。
 経営側はまるでペットでも売買するかのように球団を右から左へ…だった。
 ペットならまだ愛着があるだろうけれど近鉄側はそんな感傷すらなかった。

 ダブルフランチャイズでGS神戸での試合も半減してしまい、プラスになったのは
 3年連続の最下位を免れ、プレーオフに何とか片足が乗ったというそんな程度。
 昨年の岩隈問題でミソをつけて観客もそれほど伸びてもいない。
 某オーナーには随分と高い買い物だったかもしれないね、自業自得だけれど。

 テレビにも大きな問題があるのも事実だろうと思う。
 いつから野球中継はバラエティに成り下がったのだろうか?
 法外な放映権料を払っているんだから少しでも元を取ろうとして
 余計なものを詰め込みすぎて試合を台無しにしていることにもう
 気付く時期ではないのだろうか?余計なゲストはもういらない。
 場違い・独りよがりの解説者や実況も、うるさいだけで必要ない。

 そして野球を愛せないTV制作者は本当に要らない、消えてほしい…
[PR]
by extranjeco | 2005-09-21 23:20 | 独り言