<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

FA

 ジョーがFAを宣言した、ほとんどのマスコミが取り上げているのでURLは不要だろう。
 おととし日本一になったときからFAのことは匂わせていたから、とうとうか...の印象。
 ジョーの抜ける穴はとてつもなく大きいけれど、送り出して上げるべきだろうと思う。
 自身の権利だし、上昇志向が強い彼なので気持ちよく送り出してあげたい...

 FDHのコロなら間違いなくそういう状況だった、宣言したらまず球団には残留不可能。
 工藤・若田部・村松とコレまでも宣言をして石持って追われるような結果ばかりだった。
 ダイエーが経営危機に陥っていて再契約金などを用意できるはずもなかったから。
 現在はソフトバンクに替わってそんなこともなくなったから宣言後の残留も
 十分可能になってきた。コレまでとは状況が一変してきたからできることだろう。
 
 ジョーはFAだから何の問題もないけれど、ココに来てポスティングによる移籍を
 主張する選手が急激に増えたことは確かなこと。中には身の程知らずもいる。
 この制度には選手会を始めとして認めていないところもかなりある。
 メジャー側もこの制度には不満を持っているという話を何度も聞いた。
 言いだしっぺは宮内オーナーだけれどFAで移籍されては球団にカネが入らない。
 そのために権利取得前に入札によって保有権を譲渡する代わりにメジャー側から
 金銭を得ようとする制度というのが実際だろうと思う。早い話が国際的金銭トレード。

 メジャー側の不満ももっともなところもある。本人に支払う契約金や年俸のほかに
 なぜ球団にまで支払わなければならないのか?という当然な理由からだ。
 2重の金銭的支出になってしまうのは当然不合理と誰でも思うだろう。

 ただ最近日本人選手に思うことがある、夢だったと語るのはいいけれど
 付帯条件を付けすぎる。確かに生活があるのはわかるけれど
 夢というのなら何でそんなにいろいろと条件が出てくるんだろうか?
 夢という以上、メジャーに挑戦ができる条件を与えられただけで十分のはず。
 そんなに年俸にこだわるのならメジャーにいく必要はないだろうし
 付帯条件をいろいろとつけてまで行く必要もないはず。

 3A に降格されてしまったけど、ノリは潔かったと思うことが多い。
 契約面での不手際なのかもしれないけれど他はどうだった?
 去年の井口のときもそう思ったし年々この思いは強くなってくる。
 野茂やイチローだって最低年俸で1年目は始まったんだよ。
 そのせいだろうか、最近は「メジャーは夢」の発言を全く信用していない。
[PR]
by extranjeco | 2005-10-31 18:29 | 球界

準支配下選手制度

 NPBの“構造改革”!準支配下選手制度の概要明らかに

 *NPB(日本プロ野球組織)が来季からの導入を決めている、準支配下選手制度の
  概要が29日、明らかになった。二軍公式戦に出場が可能な準支配下選手は
  最高年俸440万円、最低240万円。育成選手は最高240万円など。ただ、
  プロ野球界のすそ野を広げる役割を担うために積極的な球団がある一方、
  採用に消極的な球団もあり、定着には時間がかかりそうだ。 
  選手枠を広げる最大の理由は、すそ野の拡大にある。*とある。

 果たして本当にそうだろうか?2次ドラフトは以前あったドラフト外入団の
 焼き直しみたいな気もするしどう見たって囲い込みではないのかな?
 それよりもウサギは飼い殺しのような現状を改める方が先ではないのかな?
 故障者の救済なんていっているけれど、何処の球団だって真っ先に
 戦力外扱いにしてしまうのは故障者リストではないのか?
 
 日本ではスポーツを教育の一環として見ているからムリだろうけれど
 球団数を増やす代わりに1球団辺りの支配下登録選手を40人ぐらいにして
 2軍や育成部門を切り離してマイナーリーグの整備をしたほうがいいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2005-10-30 22:55 | 球界

温度差だろうねぇ...

 ストーブリーグ真っ最中なのでいろいろと憶測が飛び交っている...
 マスコミのスタンスの違いなどいろいろな要因はあるだろうと思う。

 スポニチ新庄 1年契約で残留、お歳暮CM出る
 *日本ハム・新庄剛志外野手(33)の来季残留が28日、決定的になった。
   2年契約の最終年とあり、去就が注目されてきたが、20日に都内で行われた
   4度目の交渉では、契約の1年延長、年俸3億円(推定)で基本合意。新庄は
   今季全日程終了後「自分の人生なので好きなように楽しみたい。その結果
   ここにいるか、いないか」と微妙な発言。だが、保有権は球団にあるため、結局、
   残留で決着した。*
 一方日刊新庄ハム残留五分五分、CM出演は決定
 *日本ハム新庄剛志外野手(33=SHINJO)の残留交渉が難航していることが
   28日、分かった。今季で2年契約が切れる新庄サイドと交渉に当たっている
  島田チーム統轄本部長は「交渉はシーズン中に1回、シーズン終了後に3回
  している。(残留の)感触は五分五分」と合意していないことを明かした。*

 「コメント1行で記事20行書けなければ半人前」といわれているスポーツ紙。
 記者も当然取材はしているだろうけれど、本人の主観や上層部の方針などで
 いろいろと記事にしたときには内容が変わってくることはよくあることだろう。
 同じ内容でも「てにおは」の使い方で受け取る側にはニュアンスが違ってくる。
 ときには本人の意思とは全く違ったものになってしまうことはしょっちゅうだし。
 野茂やイチローもそのためかコメントには相当言葉を選んでいるし
 ゴジラも結構選んで答えている。自分を守るためには当然のことだろう。

 何も日本だけにこれは限った事ではなく、海外でも取材嫌いといわれる選手は
 大体がコメントの捏造とか言葉尻を取るような記事に憤慨して答えないらしい。
 取材嫌いでマスコミには評判が悪いと言われているBボンズだけれど
 日本のマスコミには結構気さくに答えてくれる、そんな話を聞いたこともある。

 決定事項でもない限り、やはり本人の肉声以外は割り引いておかないと...
 ときにガセネタに踊らされることになるからなぁ...
[PR]
by extranjeco | 2005-10-29 14:17 | プロ野球

社会人野球クラブチームとマイナーリーグ

 私も現役時代の彼の投球は記録映像でしか見たことはない。
 ただ親の世代からは「凄い投手だった」と何度となく聞いている。

 そんな彼池永氏がクラブチーム監督就任という。
 *演歌歌手山本譲二が設立する社会人野球クラブチーム「山口きららマウントG」の
   監督に、元西鉄ライオンズ投手の池永正明さん(59)が就任することが、28日まで
   に分かった。2人はともに山口県出身で、学校や学年は違ったが高校野球で
   甲子園に出場している。
   山本のマネジャーによると、山本が「何とかお願いします」と監督要請を持ち掛ける
   と、池永さんは「譲二の頼みは断れない」と快諾したという。*

 去年の合併騒動から篤志家によって次々と創設され始めたクラブチーム。
 今年はNOMOクラブが都市対抗までコマを進めるほどになってもきた。
 社会人野球がドンドン廃部となっているからその受け皿も必要になっている。
 ましてや戦力外通告を受けても野球をやりたいという選手も多いから
 その受け皿も必要となってきている。そして独立リーグが出来上がった。

 折角できた組織なのだからもっと有効的に使う方法をかんがえてもいいだろう。
[PR]
by extranjeco | 2005-10-28 23:54 | 球界

ストーブリーグ突入

 日本シリーズも終わって正式にストーブリーグに突入した。
 これからはFAも解禁されて惜別球人も増えてくるかもしれない。

 おそらくもっとも動き出すだろう楽天、楽天 ローズ獲得へ

 *楽天が、巨人を退団することが決定的なタフィ・ローズ外野手(37)を獲得する
  方針を固めたことが26日、明らかになった。今季27本塁打を放ったローズは、
  巨人では来季構想外。シーズン中から調査を進めてきた楽天関係者は
  「まだ30発を打つ力はある」(球団関係者)と10年間で通算360本塁打の打力を
  高く評価。正式退団を待って入団を打診する方針だ。*とある。

 けれど獲得するかどうかはノムさん次第という気がする。
 何かと「首脳陣批判?」をコレまですることが多かっただけに
 果たしてローズの獲得に対してどんな印象を持っているだろうか?
 実績は申し分ないけれど清原不要とまで言っていたからなぁ...

 *≪岩隈に投球禁止令≫日向秋季キャンプに参加中の岩隈に、投球禁止令が
 下された。*今年は去年の騒動で調整遅れもあったし肘の具合もよくないらしい。
 立花コンディショニングディレクターが就任したことでフィジカル面での
 トラブルは相当軽減できるかもしれない。今は我慢のときかも知れない。

 楽天秋季キャンプ始動!ケガに強いチームを目指す

 *同ディレクターは独自のトレーニング方法を確立。日米両球界でキャリアを積んだ
  エキスパートの招へいだけでも心強いが、さらに球団では『コンディショニング部門』
  を組織化しする方針を固めたことが明らかになった。
  「ウチのチームは組織作りが1番。理学療法士も採用します。ベテランも多いこと
  ですし、アクシデントに強いチームにしたいです」*とある。
 
 本来なら今シーズンから導入しなければならなかったはずの組織構築。
 とかくケガや故障は選手の自己管理不足と指摘されることが多いけれど
 それだけではないような気もする。選手だけでは対応できないことも
 多いし、年俸の低い選手は自分でトレーナーを雇うことなんてムリ。
 選手を練習漬けにした後のフォローは絶対に必要だと思う。
 しかも今季キャンプからスタッフの不足はかなり指摘されていた。
 紀藤が二軍投手コーチに就任することが明らかになり、同じく日本ハムを退団し
 、すでに就任が決定している山田バッテリーコーチとともに第2クール初日の
 29日から指導にあたるらしいから来季はベストでキャンプに臨んでほしい。

 オリックスが塩谷に非情の戦力外通告…トライアウト3日前何で?
 *オリックス・塩谷和彦内野手(32)が26日、スカイマークスタジアム内の
  球団事務所で戦力外を通告された。20日には、中村勝広監督(56)と
  個人面談を行い、「来季も戦力」と評価されていた矢先の急転の解雇となった。
  小林球団部長補佐は「シーズン中から、彼も外でやりたいと言っていたので、
  球団も動いていました。相手もあることで難しい。戦力の編成上のことです」と説明。

 おそらく去年の報復人事のような気もしてくる、結構発言をしていて
 球団に対してもいろいろといっていたからなぁ、合併の悪い印象を
 球団は早く幕を引きたいようだ。身勝手なような気もするけれど...
 
 陽ハム入り表明「ここで頑張る」これからだからね。
 *3日の高校生ドラフトで1巡目指名を受けた福岡一・陽仲寿(ヨウ・チョンソ)内野手
 (18)が25日、入団する意思を初めて示した。前日に球団施設を見学し一夜明けた
  札幌市内のホテルで「(北海道は)きれい。札幌ドームは大きかった。ここで頑張りたい」
  ときっぱり。まだたどたどしい日本語に精いっぱい、本心を表した。*
 本人としてはドラフトの結果は不本意だっただろうけれど、吹っ切れてよかった。
 球団もファンも必要と感じているのだからココでがんばったほうがいいと思う。
 そして早く札幌ドームに立ってこの声援に答えることが先決だと思う。
[PR]
by extranjeco | 2005-10-27 09:10 | プロ野球

マリーンズ日本一

 体調不良と夜勤明けのためか起きたらもう22時を過ぎていた...
 そしてテレビをつけたらもう日本シリーズは終わっていた。
  
e0039510_19123172.jpg

 ◇日本シリーズ第4戦(甲子園)
 マリーンズ   0 2 0   1 0 0   0 0 0 = 3
 タイガーズ   0 0 0   0 0 2   0 0 0 = 2
 
 おめでとうボビー、ナインそしてマリサポの皆さん、12球団1の
 チームだったし応援もそうだったと思う。
 
e0039510_19123436.jpg

 そして斬新な企画をファンに送り続けてきたロッテ本社の方々
 
e0039510_1915452.jpg

 この勢いだと千葉マリンでも再び祝勝会をやりそうな
 そんな気もする。
[PR]
by extranjeco | 2005-10-26 23:57 | プロ野球

ええじゃないか

 幕末の頃起きたといわれる「ええじゃないか」の騒動。
 何でも空から伊勢神宮のお札が降ってきて民衆が狂喜乱舞した。
 そんなところから始まったらしい、政情も不安定だったから...

 近年になって、優勝チームが決まると始まるお調子者の宴。
 道頓堀に飛び込んだりタクシー囲んでボコボコにしたりと
 やりたい放題の狼藉三昧だったけどまるでええじゃないかそのもの。

 野球ファンと言うよりただ騒ぎたいだけできっかけがほしいだけなんだろう。
 W肺のときにも全国に出没していたけど騒ぐ口実がほしかっただけだった。
 マスコミは絵がほしいからそれを大々的に報じていてさらに増長させていた。
 ええじゃないかの連中と一緒にされたファンこそいい迷惑じゃないかと思う。

 
[PR]
by extranjeco | 2005-10-25 19:59 | 独り言

よく言えたものだ

 まずは10月24日付・読売社説(1)[敵対的買収]「会社は株主だけのものではない」

 *投資ファンドや新興企業による企業買収事件が起きるたび、解答を求められる
  古くて新しい問題がある。「会社は誰のものか」という問題だ。
  法的には、株式会社の所有者は株主だ。だが、資本と経営が分離した現代の
  株式会社は、経営者、従業員、取引先、顧客といった、会社を支える多くの存在
  (ステークホルダー)がなければ成り立たない。
  阪神電鉄株を大量に取得した村上ファンド、TBSに経営統合を提案した楽天には、
  厳しい批判が寄せられている。
  株主の権利を振りかざし、ステークホルダーの役割をあまりにも軽んじている、
  と見られたためだろう。*記事抜粋

 一見するとその通りのような記事だけれど、会社を球団に変えてみると途端に
 論拠の綻びが見え始めてくる。「球団は株主である親会社だけのものか?」
 事実そうではないのか?それでなければ去年の球団合併騒動をどう説明するのか?
 球団のステークホルダーとはいったい誰か?経営者以外はもう明白ではないのか?
 出入りする業者(取引先)スカウト並びにスコアラー・球団職員(従業員)いわずと知れた
 ファン(顧客)だというのは確かなことで、経営者以外どれか一つでも満足させたのか?
 そうでなければ合併反対運動やストにまで発展することはなかったはず。

 コレだけの社説を書くのであれば当時主筆だった渡邊恒夫会長の精査なコメントを
 ぜひ聞いてみたいものだと思う。野球公約を持ち出せば持ち出すほどこの社説と
 元朱筆のコメントに矛盾が発生することを讀賣本紙は知らないのかもしれない。

 ケドこんな程度だもの...
[PR]
by extranjeco | 2005-10-24 19:04 | 球界

規格変更

 東京新聞で見かけたこんな記事、プロとは逆の方向みたいだ。
 
 飛ぶボール 軟式55年ぶり進化 投高打低サヨナラ 延長もサヨナラ
 *軟式野球のボールが55年ぶりに大きく変わった。大きさや重さ、反発力は
  そのままだが、デザイン変更で空気抵抗を減らし、約10%も飛距離を高めた。
  来年度から公認球として使用される。この「飛ぶボール」の導入、軟式野球に
  どのような変化をもたらすのだろうか。「硬式に近づいた感じがする」*という。

 ボールの規格こそ変わっていないけれど芯に当たれば10mも飛距離が
 伸びたというから、確かに指導法や戦術も大きく変わるだろうと思う。
 デザイン変更だけでコレだけ変わるのだから流体力学上での変化だろう。
 ゴルフボールもディンプルを少し変えるだけで飛距離が伸びるといわれる。
 ただ軟式なので磨耗したボールは今まで通りの飛距離になるかもしれない。

 バッテリーでは指のかかりがよくなる分だけボールのキレもよくなるから
 打者を打ち取りやすくなる反面、一発を喰らうリスクが大きくなる。
 芯を外せば飛ばないのならばカットボールやチェンジアップのような
 ボールが有効になるから投球術も変わってくるだろうと思う。

 打者にしてみれば飛距離が伸びることの裏返しで今度は球速が
 速くなり今度は3振のリスクも大きくなってしまうかもしれない。
 重さが変わらず飛距離が伸びるということはそれだけ空気抵抗のロスを
 受けにくくなるのではないだろうか?

 軟式特有のイレギュラーが起こりにくいのが特徴ならばエラーもかなり
 少なくなるだろうけれど、打球が速くなってしまっては反応できないことも
 考えられるからまさに諸刃の剣になるかもしれない。

 結論が出るまでは2~3年はかかるだろうと思う。 
[PR]
by extranjeco | 2005-10-23 23:56 | アマ野球

日本シリーズ第1戦

 朝からはっきりしない天気で時折雨も降るといった天気だった。
 それでもマリサポは朝から準備に余念がなかったようだった。
 e0039510_2134169.jpg

 しかし試合は序盤こそ拮抗していたけれど結構一方的な展開だった。
 西岡のバントがホント絶妙なタイミングだったし、打線もつながった。
 井川がいつものような崩壊現象で中盤からメッタ打ちで炎上。
 トラも見せ場はあったけれどあと1つが出なかったし、ツキもなかった。
 
 オマケにひどい濃霧で試合はシリーズ初のコールドゲーム。
 中断する前からすでに2発喰らっていたからなぁ...
 確かに東京湾辺りでは結構モヤが立ち込めていたから仕方ないかも。



e0039510_21353115.jpg

[PR]
by extranjeco | 2005-10-22 22:55 | プロ野球