<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オフネタ11月30日

 入来 米球団の入札なしー仕方がないかも...

 ポスティングシステム(入札制度)での
 米大リーグ移籍を目指していた日本ハム
 の入来祐作投手(33)に対する米大リーグ
 球団からの入札がなかったことが30日、
 日本のコミッショナー事務局を通じて
 日本ハムに伝えられた。

 入来の話 入札がないことも予想して
 いたので、ショックはない。まだ大リーグ
 に挑戦したい気持ちはある。球団と自分の
 弁護士と話し合い、今後の方針を
 決めたい。

 残念だったね...コレも仕方がない。
 まだチャンスはあるはず。
 ただ日ハムファンにとってみればよかったことだろうね。
 感謝デーでも「行かないで~」と懇願されていたほどだし...
 間違いなく来季も先発の柱であるはずだから。

 ドカベン香川氏 クラブチーム設立森口博子が総監督に(爆)
 
 福岡県を拠点とする硬式野球クラブチーム「福岡ミサキブラッサムズ」
 を設立したと発表した。地元だから森口かな?
 でもこのユニのデザインはどう見ても南海のものだし...
[PR]
by extranjeco | 2005-11-30 19:16 | 球界

オフネタ11月29日

 新庄パフォーマンス“目安箱”を設置ーネタ切れか?(爆)
 *新パフォーマンスをファンから募集する意向を明かした新庄のために、
  札幌ドーム主催のオープン戦7試合で“目安箱”が設置されることに
  なった。球団関係者は「入場の際にアンケート用紙を渡したり、シートに
  置いたりして集めたい」と提案。この日、新庄は球団納会に出席。*
 来季は「脱かぶり物宣言」をしているから相当煮詰まっているのかも
 しれないね、たしか来季はセクシー路線で行くといっていたほどだし...
 どうするんだろうね、ある意味楽しみになってきた^^

 楽天 岩本獲りを検討
 そういえばどこかの夕刊スポーツ紙にはかなり岩ちゃんが
 そんなことを匂わしてもいたなぁ「仙台あたりかな?」なんてことを...
 ホークス入りした芝草と同じようにヒルマン監督とは合わなかったし。
 芝草はトライアウトを受けたけれど岩ちゃんは受けていないし...
 岩本が楽天入りの可能性/外国人獲得の状況次第

 早く新天地が決まってほしいと思うね、岩ちゃんには...
[PR]
by extranjeco | 2005-11-29 19:46 | プロ野球

未来予想図

 ヴィッセルの降格が決定して、しかも最下位まで決まった。
 これからどんな対策を練ってくるのか今のところは分らない。
 コレまで以上の補強に入るのか、それとも緊縮に走るのか?
e0039510_8123793.jpg

 三木谷氏が社長になってからはほとんどが緊縮財政だったし
 ココ2年は目立った補強はしてもいない。
 イーグルスを立ち上げて資金に余裕がなかったのも事実。
 降格が決まって涙しているようだけれど、遅すぎたね...

 ただヴィッセルの今後はイーグルスの将来を映し出すような
 鏡のようでもあるだろうと思う、今期がそうだったから。
 ヴィッセルではすでに成績不振などを問われてすでに
 3人の監督がチームを追われてもいる。一方で今年は
 わずか1年で田尾監督がイーグルスから追われている。
 ノムさんが次期監督に決定してからはコレまでとうって替わって
 大掛かりな補強策に乗り出し始めてきた。

 ドリカムではないけれど、ヴィッセルへの処遇がこれからの
 イーグルスの未来予想図になりそうな気がしないでもない。
 補強などによって1年以内のJ1復帰を目指すのかそれとも
 このままJ2に置いたままにしておくのか、あるいは売却か?
 翻ってそれはイーグルスに向かうことが決してないのか?
 5年先はどうなってしまうのかわからないけれど
 そうならないという保障は何処にもないのも事実だろう。

 少なくともそうならないという証を今のうちから三木谷オーナーは
 ファンに示しておく必要があるだろうね。
 
[PR]
by extranjeco | 2005-11-27 23:39 | 球界

ヴェルディ

 かつては黄金期を築いて君臨していたけれど、J2に陥落が決定...
 サッカーバブルを作った張本人だけに因果応報みたいな面も
 あるけれど、やはり寂しい気もしないではない。
e0039510_23411230.jpg

 こうなってしまったのはある意味自業自得みたいなところもある。
 サッカーバブルの頃は金に飽かせて選手を掻っ攫ってきて
 ウサギと全く替わらないようなところもあった。
 ビスマルクやネルシーニョが退団したあたりから何か
 歯車が狂い始めていたのかもしれない、真っ逆さまだったなぁ...
 北沢が引退してからは目も当てられなくなっていたほどだったし。
 今年天皇杯こそ征したけれど、短期決戦のカップ戦だったからなぁ...
 去年も降格寸前になったこともあったし、土台から作り直さないと。

 いずれにしろ負け癖がつく前に早く昇格を果たさないと流されるから
 レッズのように1年以内に復帰しないと、レッズの場合は資金に
 余裕があって選手を移籍させなかったから成功した。
 今回はかなり資金がグループから支給されるという話だから
 移籍の凍結のほか戦力補強をしないといけないだろう...
[PR]
by extranjeco | 2005-11-26 23:34 | サッカー

オフにて

 もうほとんどの行事が終了してしまっていて、ネタ枯れになりつつある...
 おそらく公式行事は日ハムのファン感謝デーぐらいだろうね。

 新庄&ダルビッシュ爆笑ゴルフ!面白プレーならウィーよりWE

 2人揃って大叩きだったようだけれど...(爆)ダルビッシュは仕方ない。
 まだ高卒ルーキーだしそれほどゴルフをやっていないんだし...
 新庄はもしかしたら何か被っていたほうがスコアはよくなったりして.(爆)
 ダルビッシュは来季好成績を挙げればオフには同級生の宮里藍に
 ゴルフを教えてもらえるかもしれないね。オフの企画で一緒にラウンドを
 回る、そんなことも検討されるかもしれないし...

 ハムが駒苫田中の「専任スカウト」設置 当然かもしれない
 *来年の高校生ドラフト1巡目指名を決めている駒大苫小牧・田中将大
  投手(2年)の「専任スカウト」を設置する。地の利を生かして密着マーク
  を行う予定で、北海道在住の森範行スカウト(38)が担当する。田中
  には他球団も続々と1巡目指名に名乗りを上げているが、高田GMは
  「逃げるつもりはない。クジを引いた時に気持ち良く来てもらえるように」
  と狙いを話した。*

 地域密着という球団の方針もあるし、彼自身のこれまでの実績から
 是非とも指名にこぎつけたい逸材であることは間違いはないだろうね。
 おそらく本社からもそのような指令がきているだろうと思う。
 ただそのためには来季は今季のようなことがないようにしないと...
[PR]
by extranjeco | 2005-11-25 14:28 | プロ野球

前川

 トラへとらば~ゆしていた前川がオリバにトレード、相木との交換らしい。
e0039510_115320.jpg

 今年は正念場のシーズンだったので食事回数を増やして減量に
 取り組んだと聞いていたけれど、見事なまでにリバウンドか?(爆)
 天然というか困ったちゃんというかいろいろとネタを提供してくれた。
 かつてはその自由奔放さから自己管理に疑問を持たれて当時の首脳陣
 からは定年を過ぎても退寮を認められなかったというほどだった。
 (後にも先にも前川ただ1人だという)
 当時の小林投手コーチからは「10勝以上したら退寮を認める」といわれ
 2001年に12勝を挙げてやっと退寮できたという逸話もあるから...

 ただオリバも黙って引き受けたわけではなさそうで、これまでの不調の
 原因を掴んだ模様、それによればことの始まりの
 全ては小林投手コーチの退団から始まっていることを(爆)
 「小林コーチのおかげなのだからあのやり方を継承したい」という。
 前川からすれば「目の上のタンコブ」のような小林コーチだけれど
 レオキラーとして実績を残したのは小林コーチの指導という事実もある。
 その小林コーチの指導法を活用するつもりらしい。その指導法とは?

 「前川はケツを追い回して使え」小林氏談-「期待されるとヤル気出すタイプ」
 「見られていることで集中力が出る子だから、いつもケツを追い回して
  いた。指導者が無視するとショゲ返り、力を発揮できない投手。見て
  言葉をかけ、期待をかけることでヤル気を出すタイプ。追い掛け回す
  調教が必要だろう。やり方次第では先発の柱になれる力はある」 
 かまって音頭か?(爆)

 おそらく小林氏は前川のところに足を運ぶだろうけれど、今度は
 前川が「かくれんぼ」してしまわないか?ちと心配ではある...
[PR]
by extranjeco | 2005-11-23 23:11 | プロ野球

K-1

 昨日の決勝はホント壮絶なものだったと思う。
 時間こそあっけなく終わってしまったけれど、アレこそK-1 。
「ロッキーⅣ」のドラコを思わせるような怪物ぶりだった。
 
e0039510_1211060.jpg

 参戦して無敗のまま王者になったのもすごいことだけれど
 あの身体でアレだけ身のこなしが軽ければもう敵はいないかもしれない。
 実際相手がチェ・ホンマンだったとしてもKOしていただろう。
e0039510_1213646.jpg

[PR]
by extranjeco | 2005-11-20 23:14 | 格闘技

どっちもどっちだろう

 村上氏 再び電鉄本社に乗り込む!

 *村上氏の批判は野球協約にも及んだ。標的は外資は資本総額の49%以下と
  参加資格を制限した第28条の条文だった。「親(会社)を取ったらオリックス
  なんて60%は外国人(投資家)なんだから。日本ハムだって(外国人投資家が)
  買収できるんだ。野球協約を順守するというのなら(プロ野球に)参画している
  親会社の上場を全部やめたらいいんです」。村上ファンドは楽天と同様、横浜球団株
  を所有するTBSの株も所有しており、結果的に球界再編問題への関与が
  指摘されている。

  ≪渡辺会長怒り爆発「村上を排除する」≫渡辺会長は村上氏が講演した同じホテル
  で会食後、村上氏が球団親会社の上場廃止を訴えたことを報道陣から伝え聞くと、
  怒りを爆発させた。
  「村上なんてね、あんなハゲタカ中のハゲタカ!虚業家じゃないか。そんなものに
  プロ野球界に侵入されたらプロ野球のルールはすべてつぶされる。だから村上を
  排除するってのは絶対条件だ、このプロ野球界の(存続には)」。さらに球団上場
  には八百長問題が絡むと指摘した上で「親会社は上場していい。だが球団株式会社
  は上場しちゃいけない。だから今度は上場禁止要項を盛り込まなきゃいかんよ」と
  協約改正の必要性を唱えた。
  また、楽天のTBS株取得問題など球団の二重支配についても言及。フジサンケイ
  グループが横浜、ヤクルト球団の株を取得していることに「実質支配はないから
  よかったけども、もうそういう例外はやめてだな。違反してるからきれいにして
  もらいたい」と語った。*とあるけれどやはりどっちもどっちだと思う。

 村上氏が言うように「球団の上場が許されないのであれば親会社も上場すべきでは
 ない」という主張は筋が通っていると思う。今回の問題の根幹は親会社のM&Aから
 始まっていることだけは間違いがない。ベイスターズ問題も全く同じこと。
 親会社の都合でいくらでも飛んでしまう球団の立場を規定したのが現行の
 野球協約ではないのか?結局は社会人野球と変わらないだろうね。

 親会社の都合だけで消滅してしまったBUとBWはそのいい例だろう。
 ネーミングライツの問題が起きたときにツネ・ジョンイルは協約を建てに
 反対と恫喝を繰り返してきたけれど、何一つ対案を出さないままでいた。
 それではそれ以外にどうやってフランチャイズを残せるのか?ということを。
 彼は合併という最悪の妥協案しか出せずにそれをオーナー会議で強行した。
 そこを村上ファンドは突いてきた。親会社が乗っ取られたら結果は同じだろうと。

 ツネ・ジョンイルの主張はただの感情論としか写らないし、筋も通っていない。

 現に親会社のほとんどが株式を上場しているんだし、株式制度の根本である
 「株式の過半数を握っているものが最大の権利を行使する」という大原則を
 新聞社の元主筆である人物が知らぬはずはないだろう。球団株式をいくら
 非上場にしたところで親会社の株式の過半数を抑えれば結果は同じこと。
 球団株式が非上場であっても破綻したところはいくらでもある。

 ツネ・ジョンイルは八百長に関しても言っているけれど「黒い霧事件」の
 N球団は非上場の球団だったし、自身のK投手による「登板日漏洩疑惑」を
 どう説明するんだろう?そうでなくとも「捨て試合」は公然と行なわれてきた。
 それを采配の妙とまことしやかに言われたことあったなぁ…
 球団の上場と八百長には何の因果関係はないはずだけと思うけれどね。

 ただ村上氏の球団の企業価値理論には全く賛成はできない。
 確かに会計理論において完全な理論は全く存在しない。
 村上氏の言う企業価値理論は「時価会計」をもとになされている。
 その時価会計のもと破綻した企業の多くが粉飾会計である。
 スポーツ界でもセリエAでいくつかのクラブが粉飾会計で破綻した。

 実際球団の価値なんて数字では表すことなんてできないんだけれど…
[PR]
by extranjeco | 2005-11-15 10:39 | 球界

根本的な問題

 先月発売の東スポにあった広岡氏の記事。

 *TBSの筆頭株主担ったことを非難するつもりはない。野球協約に抵触するとはいえ、
  正当なビジネス行為。問題があるなら時代遅れの協約を変えれば済むだけの話
  だろう。むしろ悪いのは実社会にそぐわなくなった野球協約を放置してきた
  コミッショナーや野球機構。しかもオーナーたちは球団を親会社の宣伝媒体として
  利用することしか考えていない。こんな球界に真の改革をもたらすためにも、もっと
  もめればいい。

  何なら現在のプロ野球が消滅したって構わない。そうなれば、野球を愛する篤志家
  の手で今度こそまっとうなプロ野球が誕生するだろう。それがイヤならオーナーと
  コミッショナーは現状を紳士に受け止め、球界のルールを整備するしかない。
  コミッショナーがリーダーシップを発揮できないなんていっている場合じゃない。
  誰がやろうがコミッショナーはお飾り。事務局内で適切な助言をし、知恵を授けて
  やればいい。*

 「何なら現在のプロ野球が消滅したって構わない。」これは広岡氏だけの意見ではなく
 豊田泰光氏も同じことを『週べ』で何度も言っている。豊田氏はもっと過激で
 「消滅したってまたすぐに新しいプロ野球は誕生する」とまで言い切っている。
 丁度去年の合併騒動が持ち上がった頃からそういっていた。
 
 現行の野球協約の根本ができたのは2リーグ分裂の頃ですでに50年以上経過
 している。当時は悪質な選手引抜などが横行していたため選手の保有権の保護が
 最優先となっていた。しかしこの野球協約が球界のルールとして条文通りに
 判断されたことはあっただろうか?たぶんないだろうと思う。
 あの江川事件だってコミッショナー裁定で決着したけれど、混乱の引責で
 当時のコミッショナーは辞任しているし、この後讀賣は「ドラフトは憲法違反」
 そい言い切って彼を国会で喚問したことは記憶に新しい。

 オーナー会議もそうだけれど、コミッショナーを初めとした機構に
 野球経験者を置くべきだろう。いくら経営に長けていても所詮は野球の素人。
 経営問題は理解できても個々のルールには全く対応できてはいない。
 球界の憲法とのたまう連中は確かに多いけれど、それでは現行のものは
 これまでの事例から直ちに判断を下すことができているんだろうか?
 法であるならば過去の判例などの積み重ねがあるはずだけれど
 それが現在あるのか?裁定の繰り返しでいつもその場限りではないのか?

 現行のルール運用方法で「球界の憲法」とまで言い切るんだったら
 プロ野球は1度潰して再構築をし、協約を1から作り直さないと
 未来はないだろうと思う。現に建設的な意見は何一つとしてない。
 
 あるのはエゴのぶつかり合いと醜い覇権争いばかりだ。
 
[PR]
by extranjeco | 2005-11-03 10:57 | 球界

新庄残留決定!!やはり宇宙人(爆)

 その去就が注目されてなかなか決定打が出なかった新庄、やっと残留が決定した。
 マスコミによってはかなりの温度差みたいなものがあったのも事実だった。

 で、携帯のアンテナつけてくれるんで、残留しました!(爆)
 *決め手となったのは、札幌ドームのロッカーに携帯のアンテナ設置を認めてくれた
  こと。契約は275%増の2億2000万円+出来高(1年契約)で、近日中にも
  正式契約を結ぶ。来季限りで引退の可能性もある新庄だが、日本ハムは
  約15万円といわれるアンテナ設置費で、プリンスのラストイヤー(?)を
  勝ち取ったことになる。*とあったからなぁ...

 トラ時代から何かと宇宙人といわれていたから何かやらかすとは思っていた。
 
 天然と見せかけて持っていくところは彼らしいところ、ネタを練っていた?(爆)
 *「もう一度、自分の夢だった、スタンドを満員にする、という気持ちが、さらに
  強くなった」とメッセージを贈る。*さいころは北海道のファンに投げられた?
 でも日ハムファンはそんな彼の残留を心待ちにしていたからね。

 誰か彼のキャラを引き継いでほしいけれど、後任は誰か?(爆) 
[PR]
by extranjeco | 2005-11-02 10:28 | 人物