<   2005年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今年最後

 もう今年もホント押し迫ってきている。
 今年もいろいろとあったけれどマリーンズの優勝で幕が終わった。
 他の球団だって来季の構想を着々と練り始めてもいるだろう。
 ただまだ構想でしかなく現実味を帯びてくるのは開幕してから。
 今の段階では胸算用の範囲を出ないものだからなぁ…

 今季ドンジリだった楽天もかなりあの渋ちんのオーナーが
 補強対策として資金を出してきた。後はノムさん次第だけれど
 現場をまとめる礒部の存在が来季もカギを握るだろうと思う。
 去年の合併騒動そして今季のチーム成績と2年続けて
 悔し涙を飲んだのだから自身の契約更改で補強を訴えたほど。
 アレはオーナーに向けたものではないのかとさえ思える。
 そんな彼がどうチームをまとめていくのかも楽しみな1つだろう。

 あわやプレーオフまで迫ったけれど及ばなかったオリバ。
 来季はウサギ真っ青なほどの大掛かりな補強をした。
 清原やノリを取って大砲はそろえてきたようだし…
 ただ中村監督が何処までチームを掌握できるかが問題。
 仰木監督ほどチームを掌握できるんだろうか?
 監督の死去でチームにまとまりを作るだろうけれど
 何処まで持つのか?開幕でコケたら…そんな懸念さえある。
 子供が生まれた谷とノリが何処まで腹を割れるかだろうね。

 日ハムは今季失速した打撃陣の復調だろうと思う。
 特に新庄・小笠原・セギノール次第かもしれない。

 本年はいろいろとありがとうございました。
 来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 よいお年をお迎えください。

 
[PR]
by extranjeco | 2005-12-31 22:04 | プロ野球

いろいろと…

 いろいろと次々と起こるスポーツ界(爆)
 
 B・Bが「新巻きザケ1匹」で一発更改/チーム最高の4倍増


 
e0039510_058111.jpg

 *日本ハムの人気マスコット、ブリスキー・ザ・ベアー(愛称B・B)が24日、来季の
  契約交渉に臨み、大好物の「新巻きサケ1匹」(4000円相当)で一発更改した。
  昨年は総額1000円相当の特大ホッケ2匹だっただけに事実上、4倍増。
  年俸8000万円から3億円(推定)になった新庄の3・75倍を抜き去り、アップ率は
  チーム最高に躍り出た。オフを利用し、幼稚園を積極的に訪問するなどの課外活動
  を高く評価され大幅増をゲットした。

 確かに球団最高のアップ率になるのは間違いない(爆)
 去年はホッケ2匹しかもらえなかったのか?厳しいねぇ…
 コレがシシャモだったらカラスコみたいにあばれていたかもしれない(爆)
 アップ率なら確かに新庄を上回っているし…

 *午後4時から札幌市内の球団事務所で臨んだ交渉は、わずか1分。クマの習性に
  つけ込まれてしまった。今村球団社長に大ぶりのサケを目の前に出され、思わず
  手形を押してしまったという。B・Bに近い関係者によると「釣られちゃった」と
  少し後悔しているようだ。

 動物の悲しい習性なんだろうけれどね…何とも複雑…
 フロントの見事なまでの作戦勝ちだったようだ(爆)
 やはりヤツのことを相当意識していたんだと思う('爆)

 *。「お金の話はしなかった。必要でしょうから」(同関係者)とサケ1匹で妥協した。
  球団も来季の活躍次第では、最大でサケの「切り身5パック」の出来高をつけた。
 来年の札幌スキーマラソンに挑戦というプランもあることだし…
[PR]
by extranjeco | 2005-12-25 23:18 | パリーグ

まだやってたの?

 マネーゲームの決着もついてもう終わったと思っていたけれど
 まだやってたんだね、「SAVE! BAYSTARS」
 神奈川新聞では横浜駅でエントリーされているけれど1度も街頭活動を
 横浜駅で見た事がないなぁ、というか「SAVE! BAYSTARS」そのものを
 ネット以外で見た事がない。横浜に住んでもう20年になるけれど。

 最近はこの活動そのものに疑問を感じることが多くなってきたのも事実。
 去年の球団合併反対とは完全にその趣旨が変わっている。
 球団を横浜に残すかどうかではなくTBSとの資本関係ありきという問題に
 完全に刷り換わってしまっている、違うのかな?
 コレまでの動きを見ているとこの活動そのものがTBSの別働隊としか
 思えない。コレまでのTBSの言動を見ているとただベイスターズは
 楽天との交渉の道具にしかされてなかったんだけれど。

 一時期フジサンケイグループが保有するベイスターズ株を売却する。
 そんな話があったけれど、その先は噂されていたusenだったのも事実。
 その後フジサンケイグループが撤回して立ち消えになったけれど
 このときにTBSはその株式を即時買い取るとは全く言わなかった。
 本当に球団を死守するのであればそう言い出すのが自然な流れ。
 ついぞその言葉はTBSからは聞こえてこなかった。

 そもそもこの運動のホントの目的っていったい何なんだろうか?
 ベイスターズ救済ではなく、TBSの救済のような気もする。
 実際ヒルズ族の1つusenも攻撃の対象となっているけれど
 ベイスターズの置かれた現実をどう見ているんだろうか?
 今季地元のTVKでも試合中継が削減されてもいる。
 理由は簡単、スポンサーが付かないため球団に支払う放映権料を
 支払ってしまうと赤字になってしまうからだった。

 放映権料というとウサギ戦のことばかりいわれるけれど
 現実問題ホームゲームでの中継が減ってしまったら当然のように
 球団の赤字は増加してしてもおかしくはない。
 テレビ中継が減ってしまったらファン獲得は難しいはず。
 ヒルズ族を敬遠していたらネット中継もおぼつかなくなる。
 現に観客動員数でも最下位だったからなぁ…

 資本関係だけに目が行ってしまっているけれど
 本当のベイスターズの危機はソコにあるんじゃないのかな?
 コレまでだってTBSは満足な対策を打っていないし…
[PR]
by extranjeco | 2005-12-24 23:53 | プロ野球

オフもいろいろと

 今年のストーブリーグは例年以上に熱いかも…

 巨人がロッテ小坂獲得ー本人も寝耳に水だったらしい…
 メジャー並みの当日通告だったらしいけれど、ある意味
 彼にとってはよかったことだったんだろうかねぇ…
 マリーンズも今江、西岡が育ってきて今以上に
 出場機会が減っていくからトレードしたんだろうけれど
 ウサギには走れないけれど二岡も仁志もいて
 内野は飽和状態ではなかったのかな?
 結果によっては今以上出場機会が減ってしまうかも…
 しかし金満のウサギがやることはホントわからない…

 
 先日あった楽天カラスコの前代未聞の契約交渉
 相当モメたドタバタ会議だったらしいけれど…(爆)
 古田が密かに引き抜きを狙っているという情報まであるし…
 これからどうなるのかわからないけれどねぇ、ヤツのことだから…
 
e0039510_22582740.jpg

 B・B強気のイブ交渉/バック転1回転いくらの出来高要求

 バック転などを連発するアクロバティックな動きでの疲弊による「公傷」や
 「1回転でいくら」といった出来高も求めていくという情報もある。初回交渉
 で物別れに終わった場合には、チーム第1号の越年者? 
 となってしまいそうだとあるからなぁ…(爆)

 でも平穏似終わりそうな気がするけれどね…
 コレも動画で配信してくれないかねぇ…(爆)
[PR]
by extranjeco | 2005-12-21 22:59 | パリーグ

いろいろやってる

 地域密着やファンとの交流のために球団だけでなく
 選手からの提案が去年辺りから増えてきたけれど
 コレは喜ばしいことだしこれからもこの流れは
 いずれの球団を問わず継続してほしいと思う。
 
e0039510_993962.jpg
 
 「立石カレー」をプロデュース/オリジナルグッズ商品化を直訴
 日本ハムの“カレー部長”こと立石が、球団グッズとしてスープカレーを
 プロデュースしていくことになった。というけれどカレー部長だったのか?
 すでに30軒ほどを制覇した立石のスープカレー好きはファンの間では
 有名な話。札幌名物とのコラボレーションに、今村球団社長は
 「難しいことではないだろう」と後押しを約束した。というからなぁ。

 今年ブレイクしたスープカリー、確か札幌が発祥の地だったはず。
 地域密着というだけでなく、夏場の食欲が落ちる頃ならまさに
 うってつけかもしれないと思うし、ぜひ札幌ドームで販売してほしい。
 しかもオーナーは食肉を扱うプロだし、いい野菜も北海道にはまた
 ふんだんにあるから一石二鳥かもしれないとも思う。
 球団が通販で売り出してしまうかもしれないけれどね^^

 こんなことに悩む選手もいるんだし…
 下半身の弱さを指摘されることが多いけれど、ダルビッシュ君
 そんな虚弱体質だったのか?(爆)ぜひともスープカリーを食べなさい!!
[PR]
by extranjeco | 2005-12-20 19:59 | パリーグ

訃報から一夜明けて

 一夜明けて波紋がさらに広がっているようだ…
 それだけ偉大な存在だったんだろうと思う。
 
 鉄腕稲尾、仰木氏の訃報に言葉なく
 高校先輩高倉健、訃報に「ショックです」

 今日発売された「日刊ゲンダイ」に阿波野の手記があった。

 野茂が入団して世間の注目が野茂に集まっていた90年
 コレまで2年開幕投手を務めていた彼だったが3月上旬に
 監督に呼ばれた。誰を開幕投手にするのかとピンと来たという。
 監督はたった一言「あんたに開幕を任せる」といったという。
 開幕を任せるということは、今シーズンはおまえを中心に
 ローテーションをまわすということだ。まだオープン戦も
 始まったばかりだけれど、責任は果たさなければいけないと
 気持ちを奮い立たせたという。

 その後故障で思うような投球ができずにいたときは、やはり
 監督室に呼ばれ「あんたが柱になってくれないとチームは
 上に行かないよ」この一言にどれだけ勇気づけられただろう。

 仰木さんは試合前、外野をランニングするのが日課だった。
 そこで「調子はどうや」とか、前夜KOされた投手に
 「次は頼むぞ」などと声をかけていた。
 90年のある日野茂が野手のエラーでサヨナラ負けした翌日
 「野茂のこと、頼むぞ」といわれたという。
 失策で負けたルーキーはやり場のない悔しさを抱えている。
 だからフォローしてやってくれということだ。

 多くをいわなくても選手と理解し合える関係を日頃から築いていた。
 外野の芝生の上や酒席などで選手の個性を掌握。
 重要なことはタイミングを見計らい、要所だけを話した。
 仰木さんの言葉には重みがあった。
 グラウンドで審判に猛抗議して熱くなっている姿、酔って気持ち
 よさそうな表情が、走馬灯のようによみがえる。
 いまでも「あんた……」と語りかけてくるようで、
 亡くなったことが信じられない。


 監督に教えを受けた選手は皆同じ気持ちだろうと思ったなぁ…
[PR]
by extranjeco | 2005-12-17 23:33 | 人物

訃報 巨星墜つ…

 また一人の偉大な人物がこの世を去ってしまった…
 数年前から健康不安が取りざたされていたけれど
 仰木前監督が昨夜お亡くなりになったという、残念だ…
 未明にこの一報を目にしたときは「ウソっ!!何で?」
 そんな気持ちで一杯になった、早すぎる…

e0039510_11191257.jpg

 万年コーチとまでいわれて近鉄では18年もコーチを務め
 西本氏の下でもコーチを務めてもいたからあの名勝負と
 いわれる「江夏の21球のドラマ」をも現場で見ていた。
 確か3塁コーチとして出場していたと思った。

 「テレビじゃ見れない川崎劇場」あの10.19 で苦杯を飲まされた。
 この試合はテレビ中継されていてテレ朝は急遽中継を延長。
 「必殺」を休止にしてしまいには「ニュースステーション」にまで
 食い込むほどだったのを覚えている。開口1番久米氏が
 「川崎球場が大変なことになっています!!」そういえるほど縺れた…

e0039510_1120168.jpg

 翌年も再び因縁のダブルヘッダーだったが西武との直接対決。
 今度はブライアントがナベQを完膚無きまで打ち込み
 前年の無念を見事なまでに果たした、日本一はならなかったけれど。
e0039510_11171652.jpg

 監督としても野茂や阿波野の他、赤堀やノリをも育ててもいるし
 指導者として梨田氏や岡田氏をも育て上げてもいる。
 去年亡くなった鈴木コーチもそうだったと思う。
 鈴木コーチは仰木監督の後継者になれたかもしれない。
 抹消されてきた選手には「ココはお前らが来るところじゃない」
 「何か悪さでもしたんか?」開口一番そういったという後日談を
 聞いたけれどそれでも相談には親身になって答えていたという。
 厳しさの中にも慈愛が込められていたんだろうと思う。

 ダンディの影にある仰木氏の激しさを指摘する人もいる。
 ただそれは全て仰木氏が計算すくでしたことなのかもしれない。
 星野SDがそうだったけれど、そうやって燃えてくるのが近鉄で
 逆にそれをやってしまうと萎縮してしまうのがオリックスかもしれない。
 担当記者はしみじみというあまりのおとなしさに呆れて監督がつい
 「お前ら○○玉ついてんのかと思うわ!!」それでも投げ出さなかった。

 監督としてファンの願いというか何を望んでいるかを掴むのも
 上手でそれに沿った選手の起用もうまかったと聞いている。
 リードしての終盤には満面の笑みを浮かべて
 「ピッチャー赤堀」と球審にいうシーンをまだ覚えている。

 それでも近鉄のユニフォームに人一倍愛着を持っていた。
 大阪近鉄と名前を変えてユニを変更したときに怒りに燃えていたのは
 他でもない仰木監督自身、最近は簡単にデザインを変えたがるけれど
 ユニフォームには伝統というものがあると怒りを露わにしていた。
 そんな産経大阪の記事を見たときに深く溜飲を飲まされた。
 「ダサい」とかそんなものではなくユニには歴史が刻まれているはず。
 見栄えだけで判断されたら仰木氏の18年間を全て否定することになる。

 お疲れ様でした、安らかにお眠りください…
 心からご冥福をお祈りいたします…(合掌)
[PR]
by extranjeco | 2005-12-16 12:02 | 人物

小笠原道大

 今年は不本意な成績だっただろうと思う。
 3億8000万円は、現時点で日本人選手最高年俸になる。
 新庄が加入したけれど生え抜きとしてチームの顔だからね。

        打率  安打数 HR 三振
 2005年 2821  145   37 114
 2004年 345   130   18  70
 2003年 360   160   31  65

 寡黙な勝負師という彼だからアピール度では新庄には負けるかも
 しれないけれど、やはり彼がチームを引っ張らないといけないだろう。
 今年はセギノールが不調だったためか彼が1発を狙いにいったのかも。
 そう思えるほど三振が劇的に増えている。(今季セギノールは三振141)
  
e0039510_781941.jpg

 小笠原が初のダウン提示でサイン/来オフFAで米メジャーも?

 もしかしたら初めてのダウン査定になったのかもしれない。
 FAは選手としての権利だから誰も口を挟むことができないけれど
 ファンにしてみれば気がかりな材料かもしれないと思う。
 数年前には片岡がFAでチームを去ってしまったわけだから…
 球団の慰留は当然かもしれないけれど、来季は満足できる
 成績を上げてほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2005-12-15 10:37 | パリーグ

カラスコ…

  
 今度入団することになったホークスの
 カラスコ。実力のほどは全くの未知数…

 年俸も格安ということだけれど果たして
 去年のグーリンのような掘り出し物に
 なるのか?それともウシ・カラスコの
 ような前評判倒れになってしまうのか? 
 投げて見ないとわからないところが
 多いからなぁ…


e0039510_10461839.jpg

  そしてまたヤラかした"ヤツ"ことカラスコが…
 前代未聞のマスコットによる契約更改という暴挙?(爆)
 何せヤツは言葉を話せないからなぁ…どうやって交渉するんだろう?
 フロントも困惑しきりという様子が手に取るようにわかるね(爆)
 是非とも動画で見てみたいものだなぁ、この契約更改の様子。

e0039510_1047949.jpg

 今度は古田の写真を持ち出してきたけれど、古田が密かに
 カラスコに対してオファーを出しているという怪情報まであるし…
 いったいヤツはどこまでいってしまうんだろうか?(爆)
[PR]
by extranjeco | 2005-12-14 10:53 | パリーグ

WBC

 そういえば来年行われるけれど、全く興味がもてない。
 おそらくいざ始まっても結果だけにしか関心がないかも…
 マスコミがいくら煽ったところで全く私は盛り上がれない。
 状況が変わればまた違ってくるんだろうけれど
 今現在は完全に醒めてしまっているのが実情だ。
 しかもココに来てゴタゴタが次々と起こっている…

 実際やるほど価値なんかあるんだろうかとも思えるね。
[PR]
by extranjeco | 2005-12-13 19:28 | 独り言