<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ジャイアント馬場

 彼が亡くなって今年でもう7年の年月が流れた。
 プロレスファンでなくとも彼を知らないという人は少ないだろう。
 当時バラエティやCMにも出演していたからね。
 確か王監督がウサギに入団したときに1番初めに打撃投手を
 努めていたともいわれている。

 彼の死去の報を受けて1番の親友デストロイヤーが真っ先に
 来日して元子夫人のもとに駆けつけたという話を聞いた。
 夫人共々共通の親友だったとも聞いていたからなぁ…
 野心を全く持たず義理や節度を欠かさない性格からアメリカマット界で
 絶大なる信頼を得ていたともいわれていた。
 それがプロレス興行では大きな武器となって大物を招聘できたのだろう。
 今でこそ地に落ちたけれど当時のNWAは世界最高峰の権威だった。
 そのNWAでの信任が厚かったからこそ全日本プロレスは盛況だった。

 彼の死後全日本は元子夫人を中心とするフロント派と三沢を中心とした
 現場組とに仲たがいしてしまって現場組はノアを旗揚げした。
 いくら夫人であっても所詮はプロレスでは素人だから現場の不満を
 理解できなかったのかもしれないし、それはムリもないことだろう。

 今は総合格闘技に押されてしまってプロレスは全く勢いがないけれど
 天国から見つめる彼の目には今の現状がどう写っているんだろうか…
[PR]
by extranjeco | 2006-01-31 19:24 | 人物

立花コーチ

 明後日からはもうキャンプイン、体調管理も重要になるはず。

 体調管理は「頭」から…野村楽天支える立花コーチ

 立花コーチの実績はもう十分証明されているだろう。
 メッツ時代には選手のケガを大幅に減らしたこともある。
 日本ではコンディショニングが選手の自己責任となっているけれど
 果たしてその責任を選手に全て押し付けてはいないだろうか?
 そんな疑問を常々考えていたこともあった。

 実際に首脳陣の起用法で壊されていく選手は後を絶たない。
 もしかしたら首脳陣自身が生理学に基づいた理論を持って
 いないのかもしれないし、コレまでは体育会系理論で黙らせてきた
 ただそれだけだったのかもしれないから指導ができなかったのだろう。
 実際球界OBにはまだ徒弟制のような思考の持ち主がまだいる。
 「なぜコレが必要なのか?」を理論で説明できない人物も多いだろう。
 多くが自身の経験則から導きだされているもだけれど、自分の経験が
 全ての人に当てはまるものではないことに気付いていないのかもしれない。

 選手がすべきこととコーチやトレーナーがすべきことは当然分けて
 考えなければならないことだろうだろうし球団にも責任はあるはず。
 年俸の低い若手選手なら自費でトレーナーを雇うことなどは不可能。
 実際に選手個人の力では取りきれない疲労もあるのだから。

 立花コーチが筆記試験を課して意識快活を測ろうとすることは
 いいことだと思う、間違った調整法を選手自身が排除できる。
 選手がすべきこととコーチがすべきことが明確にもなる。
 立花コーチの理論が浸透していけばチームにとっても財産になるはず。
 若手だけでなくベテランも耳を傾ける価値は多いにあるだろうね。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-30 18:17 | プロ野球

隣の芝生は青い

 いつもながら思うけれどファンは「もっと補強を!!」という。
 補強と育成は結構トレードオフの関係にあることも多い。
 いい例が近年のウサギ、補強を繰り返してきたのはいいが
 はっきり言って選手が育ってきていただろうか?
 ウサギは極端な例だろうけれど補強だけならドラフトは要らないはず。

 実際キャンプから頭角をあらわしてくる選手はいるけれど
 ほとんどのチームでは1人か2人ほどしかいない。
 ある意味それだけ出てくれば上出来なのかもしれない。
 実際にファンが感じているほど新人は急には育たないのだろう。

 もし新人が雨後の筍のように群雄割拠できるのであれば
 プロ野球そのもののレベルが問われてしまうことになるはず。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-29 23:39 | プロ野球

決定したけれど

 ストーブリーグからその結果が注目されていたけれどやっと決定。

 石井弘の残留が決定 石井弘 ヤクルト残留表明
 *『申し訳ない。次は絶対に行かせる』と言っていただき、1年ヤクルトで
  お世話になることにした」と語り、来季の移籍を目指す意向を示した。

 よくわからないことが多すぎた今回の一件だったけれど、どうやら
 フロントの方針変更から起きたトラブルだったことが濃厚になった。
 コレまでは頑なにその発言を否定していただけにそれを認めたのだから
 古田の監督就任のための条件になっていたのだろうと推測できる。
 たぶん今度は石井も文書でも球団から取り付けたのかもしれない。
 もう同じ轍は踏まないだろうね、自身がヒールになっただけだから…

 口約束とはいえあっさり自分の都合だけでフロントは反故にしたんだから。
 コレでも球界OBは石井のことを「わがまま」と切り捨ててしまうんだろうか?
 
[PR]
by extranjeco | 2006-01-28 23:38 | プロ野球

やっと決定したか…

 その動向が注目されていたけれど、ココに来てやっと決定。

 亜久里チームF1参戦決定でもまだスタートラインにたったばかりだ。
 一時は今季の参入が絶望的とまでいわれていたけれど今季から
 参入することが正式に認められたのはうれしいの一言だろう。
 自身もF1ドライバーとしてサーキットを走っていたわけだし
 F-NIPPONでチームを持っていたのだから運営には問題はない。
 ただ今のところ全く情報はないからわからないけれど、わかっているのは
 スタッフがほぼ日本人になるということでドライバーも琢磨が決定しただけ。
 レギュレーションをどうするか?という課題もまだ未解決のままだし。
 おそらくこれからはもっと情報が出てくると思うけれどね…

 問題となるエンジンの供給はどこから受けるんだろうか?
 たぶんホンダかトヨタから受けるんだろうけれどまだわかっていない。
 ホンダが有力か?とも思うけれどこの時点で何も私は情報を持っていない。
 ホンダなら過去にもマクラーレンとティレルと2つのチームにエンジンを
 供給していたこともあるから可能性は最も高いかもしれない。
 ただBARも去年は思ったような成績を挙げられなかったからまだ未知数。
 トヨタはまだ今年が試金石という状態だからどうなるかは全くわからない。
 スポンサーをどうするかという問題もこれから起きてくるだろうし…

 ただ新規参入という風穴を開けたのだから今季は是非「台風の目」に
 なってほしいし、フェラーリの独走を許さないような存在にはなってほしい。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-27 23:37 | モータースポーツ

あれやこれや

 キャンプインまでもう1週間を切ってカウントダウンが始まった。
 どのチームも期待と不安が入り混じっているだろうし
 去年不本意な成績だった選手は今年こそと燃えているだろう。
 まずはケガや故障がないように万全な状態で臨んでほしいと思う。

 でもコレがホンネだろう王監督 大混戦を予想
 首脳陣やファンにとって満足できたかどうかは別としても
 かなりの補強策をどのチームもしっかりとやってきているはず。
 ホークスは特に主だった補強はしていないけれど王監督は
 若手の成長に期待しているのかもしれない。そうあってほしい。
 ただジョーが抜けたのはホント痛い、穴は埋まるのか?

 巨人 ファンサービス発表うまくいくんだろうか?
 去年あたりからいろんなことをし始めたけれど俄仕込みだからね...
 実際去年のホークスのキャンプではかなり危ないシーンがあったという。
 全てのファンがマナーを守れるとは思えないし、今までやってなかったことを
 やろうとしても選手全員ができるかどうかという問題もある。
 全員が小久保のように応対できるとは限らないのではないかとも思う。

 セギノールが残留日ハムファンは胸をなでおろしているだろうね。
 今月になっても球団との条件の開きからまだ去就が未定だったからなぁ。
 スポンサーにドールがついてバナナの差し入れも期待できるし(爆)
 しかも新庄4番という案まで出てきてもいるからなぁ、どうなるんだろうか?
 今季は何かとフロントの手違いが多かったからなぁ、確かに...
 
 新庄 引退後はコーヒー栽培? 
 最近はもうCF撮影慣れしているし(爆)
 でも全編アドリブでやってしまうところは
 さすが元祖宇宙人か?(爆)

 一方では日ハムフロント入りとか
 いろいろな引退後のことまで報じられてもいる。
 でも周囲を驚かすのが得意なだけにきっと
 また別のことを考えてもいるんだろうね。

 ノムさんとの化かしあいも見どころだろうし
 今季はかぶりもの以外でも何かやらかしそう
 そんな気さえしてしまう、何をやるのか?
 もう企画は練ってあるのかもしれない。
 まさかサッチーのかぶりものでも
 するんだろうか(爆)?
 
 ノムさんといえば何かの記事で見かけたけれど岩隈が茶髪から黒髪に戻す
 なんていう話を聞いたけれどホントだろうか?確かにヒゲ禁止令とか
 茶髪禁止令とかを出してもいたし…キャンプにならないとわからないね。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-26 20:22 | プロ野球

キャンプインまであと1週間

 いよいよ今年もキャンプインまであと1週間となった。
 待ちに待った球春の季節になってくるんだなぁ。
 今年はWBCもあってかなり変則にはなるけれど...
 果たしてどんな新星が現れてくるんだろうか?
 そう考えただけでも何かワクワクしてくるね。

 どこも自主トレの真っ最中で選手も仕上げに余念がないはず。
 今年はWBC もあって仕上げには細心の注意が必要となるはず。
 早速リタイヤなどの選手が現れ始めてもきているけれど
 まだキャンプイン前のこと故障でもない限り取り返しが利くはず。

 こんな時期になってもまだ実行委員会はモタモタしているし…

 野村監督案は受け入れられず

 促進ルールみたいなものは簡単に決まったようだけれど
 これは枝葉のような問題でどうでもいいことだろうと思う。
 試合時間の長さだけを問題にしているけれどこれも駆け引き。
 実際球場のファンはそれほど試合時間の長さを問題にはしていないと思う。
 試合内容がつまらなければ帰ってしまうだけだろうし緊迫していたら最後まで
 見ていたいと思うはず。それがファン心理ではないのかなぁ?
 
 逆に予告先発のほうが重要な問題のような気もする。
 ノムさんはあまり閑古鳥が鳴くようなところでの経験がないから
 わからないのかもしれない、予告先発までの経緯が…
 とにかく観客を集めるために苦肉の策として考案されたもの。
 現行のプレーオフと全く同じ理由から導入されたものだ。

 けれどこの制度もいつまでも継続していていいものではないだろう。
 所詮は急場しのぎみたいなものだしローテが確立されていれば
 先発は自ずとわかってくるからだ。現にメジャーはそうなっている。
 実際にこの制度はどちらかといえば特定の贔屓チームを持たない
 無党派層ファンに向けられたサービスみたいなものかもしれない。
 贔屓チームの試合を見に行くのに先発が○○だから行く、行かないとかは
 おそらくないはずで、自分の都合がつくかつかないかで決めるはず。
 確かに○○が先発だから是非見たいということはあるかもしれないけれど
 予告されるのはあくまでも前日、予定を急に変えられる人は少ないだろう。

 予告先発は廃止してもさほど営業面以外では実害は出ないと思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-25 23:02 | プロ野球

どうだろうかねぇ...

 自国の英雄だから身贔屓は相当入っているだろう。
 ただリーグが替わればまた変化はあるだろうけれど...

 イ・スンヨプ、「小さなセ界」で本塁打量産か(朝鮮日報)
 
 確かにセリーグの球場はパリーグから比べれば狭いのは事実。
 実際に神宮の内野席から外野を見てみるとホント近く見える。
 素人目からして「何でこんなに近いのに届かないんだ?」
 そう感じてしまうほどでポールに手が届くような気がしてしまう...
 確率からしてHRの量産という期待が膨らむのはムリはない。

 ただ記者も認めている通り単純比較ができないのも事実。
 球場が狭い分だけ当然バッテリーの攻めも厳しくなるハズ。
 古田や谷繁がそんな甘いリードをするわけはないだろうと思う。
 セリーグも去年のデータがあるのでそう簡単には打たせないだろう。
 しかもセのストライクゾーンはパよりも広いからね。

 しかもウサギならではの重圧がかかってもくるのだから
 なおさら厳しくもなるんじゃないのかねぇ...
 甲子園にいけばあの大音量が彼を待っているんだし。
 どうなるのかは蓋を開けてみないとねぇ...
[PR]
by extranjeco | 2006-01-24 19:19 | プロ野球

寂しいねぇ...

 移籍先見つからず 岩本が現役引退
 復活を待っていたけれど、ついに岩ちゃんもユニホームを脱ぐのか...
 トライアウトを受けずにどうするのかと思っていたけれどね...
 年末の頃には楽天入りが濃厚とまで噂されていたからなぁ。
 今後はまだわからないけれどタレントに転向するんだろうね。
 解説者として肩書きを与えられても実際は金村のような
 仕事が多くなるんじゃないかとも思う、いいキャラだし。
 あの「ないどー」が聞けなくなるのは寂しい、お疲れ様...

 長谷川引退「モチベーション保てない」
 彼もまた引退が決まったけれどまだ早いという気がする。
 野球理論もしっかりしているし語学も堪能だから指導者とか
 解説者には向いていると思う。日米の野球にも精通している。
 あるいはコレまでの経験や人脈を生かしてエージェントもある。
 ただ解説者なら民放よりNHKがベストかもしれないと思う。
 民放だと彼が持っているものが活かしきれないだろうね。
 ただでさえ余計なことまでさせるからね民放は...
[PR]
by extranjeco | 2006-01-23 19:58 | プロ野球

故仰木彬 お別れの会

 どうでもいいような気さえする...清原 仰木さんに“入団報告” 

 ノリはともかく清原と仰木氏には何の接点があったんだろう?
 清原の心中は全くわからないけれど何だか話題づくりみたいだ。
 清原の移籍が決まってからは関西マスコミは掌を返すように
 オリバの話題を連日取り上げているけれど豹変振りにあ然さえする。
 そういえば関東の紙面でも1面を飾ることも多くなった。

 球団主導でやっているせいもあるんだろうけれど、何か
 仰木氏をトコトン利用しようとする球団の魂胆が見えてくるね。
 イチローの場合は純真に監督への恩返しだろうけれど
 最近はイチローまで何か利用されているような気もする。
 球団はコレを機会に合併の負の遺産を消し去りたいんだろうね。

 福岡での「お別れの会」の扱いが本当に小さいとそう感じるのは
 私だけではないだろうと思うけれど、何でかね...
 私的な集まりというのもあるのかもしれないけれど
 テレビでは全く報道さえされなかったほど、この差はなんだろうか?
 何か圧力でもかかっているんだろうか?そう訝ってしまう。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-22 19:32