<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

五輪も閉幕

 日本勢があまり振るわず結局メダルは荒川の金だけで終わった。
 期待されていた種目でも競馬でいう「入着」で終わってしまった
 そんな感じもするけれど力を出し切れないままだったのかもしれない。
 プレッシャーや重圧、大きすぎる周囲からの期待による不安…
 要因はいろいろとあるかもしれない

 そんな中遅塚団長がメダル1個に「最低の結果」という記事。
 総括することは確かに必要、ただ選考過程に物議を醸したのも事実。
 一部の団体ではなぜ?という疑問があったのを思い出してしまう。
 マスコミが煽ったために国民に必要以上の期待を抱かせたという
 そんなこともあったはず。不用意な重圧になったのかもしれない。

 産経にあった【西田ひかるのOh,my goodness!】五輪の重圧
 ≪メディアも選手に気遣い≫日本では確かに選手への気遣いは足りないかも…

 *今回はずっとアメリカでテレビ観戦しているのですが、解説者の意見や放送の
  仕方などで日本と異なる点も多く、普段と違う観点でみられるのは新鮮です。
  例えばスピードスケートでアメリカの解説者は日本選手を紹介する際、こんな風に
  いいました。
  「ぜひメダルをとって欲しいですね!」といったコメントも一切ありません。
  ちょっとした言葉のニュアンスの違いでも、選手には大きなプレッシャーに
  つながるのだと、改めて気付かされました。*

 日本の実況だとまず「ぜひメダルをとって欲しいですね!」となる。
 民放に限らずNHKでさえそんな傾向があるのを否定できない。
 マスメディアではまず絵がほしいしテレビでは視聴率がほしい。
 そのために過剰といえるほどまで事前に国民の期待を煽る。
 背景には視聴率というものがあるのだろうと思うけれど…

 *日本との大きな違いを考えると、「本当にそのスポーツを楽しむ」という気持ちの
  違いがあるような気がします。日本選手は「楽しんできます」とはいうものの、
  どこか硬さが感じられます。*

 国民性の違いなのかもしれないね選手が競技を楽しめないのは…
 競技をするのは選手だけれど、その競技にいろんなものが付いている。
 国威発揚とか出身地の町おこしだとか重圧になることが多いね、確かに。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-28 19:50 | 戯言

昨日の打線爆発

 WBC日本代表久々の打線爆発!といきたいところだけれど
 どうやら額面どおりには受け取れないようだ、ボールのからくりが
 あるという、さっきラジオでそう話していた。

 何でもボビーの意向があってマリーンズの守備のときにはそう
 日本代表の攻撃のときにはパリーグ公式球が使われていて
 マリーンズ攻撃のときにはWBC公式球が使われていたという。
 何でもボビーは公式球とシーズン公式球が違っていたら投手の
 負担が大きくなるという理由でWBC公式球を使わなかったらしい。
 そのせいかもしれないね、この日の打線の爆発は…

 この日のことはいくらか割り引いて考える必要はあるかもしれない。
 元々が親善試合なのだからあまり重要度はないのだろうけれど
 最近になってこのWBCの意義には疑問な点が更に増えてきた。
 元々懐疑的に見ていたのだけれどなお一層その思いが強くなった。
 メジャーでもあまり相手にされていない企画だからなぁ…
 それなのに何で日本はこれほどムキになっているんだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-02-27 19:54 | プロ野球

どこまで行くのだ?

 オープン戦も始まって開幕の40人枠への椅子取りゲームが始まった。
 チームによってはキャンプインからだいぶ構想が変わったところも
 あるだろうし、そうでないところもあるかもしれない。

 3日前に壮行試合でKOされたダルビッシュ肩に違和感が発生したらしい。
 2回で打ち込まれていたけれどココでの離脱は大きいだろうと思う。
 ただ高校時代から練習嫌いと噂される彼のことだから真偽のほどは…
 
 営業の方だって負けてはいられないはずB・Bとドーレが商店街でPR
 開幕戦のチケットのPRだって必要なことだからね。
 最近はB・Bという漫画もあってその背表紙を見るとなぜか
 
 彼を想像してしまう、野球中毒の禁断症状か? 

 そして追記&おまけ
[PR]
by extranjeco | 2006-02-26 23:32 | パリーグ

手痛い1発

 そういえば昨日エキブロでかなり深刻なトラブルがあった。
 丁度夕方あたりからログインが全くできなくなってしまっていた。
 ココも外見上まるで閉鎖されたような感じになっていた。
 15分ほどの格闘の末、何とかログインできたけれど
 アレはいったいなんだったのだろう?先月の今頃も今回と
 同じように異常に動作が重くなってエラーが続出したこともあった。
 最近は某Blogサービスのような症状がよく起きるね(爆)

 WBCの壮行試合で松坂は手痛い1発を喰らったけれどあまり
 心配は要らないだろう、米国製のロジンバックが合わなかったようだ。
 わっちやお杉はもう滑りやすいことには気がついていたけれど
 それやストライクゾーンやボールの感触などを確認していたようだった。
 それよりも松坂の場合花粉症の方が深刻なのかもしれない。
 ドーピングの問題もあって安易に薬も使えないだろうから。
 去年ほど飛ばないとはいっても平年ぐらいは今年も飛ぶらしいからなぁ。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-25 22:48 | プロ野球

結果が出た

 もうトリノ五輪もほとんど種目がなくなってしまったけれど
 コレまで日本勢は実力を全く出し切れずに不本意な結果で終わっていた。
 代表に選ばれるのだから当然それだけの力を持った選手が多いはず。
 不運というより自分自身に負けてしまったのかもしれない。
 プレッシャーや重圧そして不安は当然あったはずだと思う。
 
e0039510_1962923.jpg

 やっと実力を出し切ってメダルに手が届いたのだろうねきっと。
 プレッシャーや重圧があって当然だったけれど、見事に跳ね返した。
 彼女の表現力は確かに日本人離れしていたようにも思う。
 動作もしなやかである種の艶やかささえ感じさせるほどだったと思う。
 自身も全てが万全な仕上がりというわけではなく何かの不安がないとは
 いえなかったかもしれない、けれど全くそれを感じさせなかった。

 彼女だけが自分との戦いに勝って実力を出し切れたのかもしれない。
 この場で迷いや不安に取り付かれたライバルたちがココで脱落した。
 「神は自ら助ける者を助ける」というけれど自分に勝てない者には
 もしかしたら勝利の女神は微笑まないのかもしれないね。
 金メダルを取った後でもそれほど驚きの表情をしなかったのは
 自分の力を出し切った、そんな自信の表れだったのかもしれない。

 4年後のバンクーバーで彼女に続くのはいったい誰なんだろうか?
 
[PR]
by extranjeco | 2006-02-24 23:41 | アマスポ^ツ

スーパーアグリ

 だんだんその骨格が固まりつつあるような感じがしてきた。
 
 アグリチーム 琢磨らと契約
 琢磨はF1 の経験もあるけれどまだ実績を残せていない。
 去年の経験をどれだけ活かせるかが重要になると思う。
 井出は未経験ながらもF-nipponで2位なのだからこれからだろう。
 ラルフSのようにいきなりヤラかさないとも限らないし断言もできない。
 まずはチームを固めることかもしれないね、最優先課題は。

 ホンダ 参戦体制を発表エンジン供給決定。
 今のところはマシンには問題はないというけれどまだ未知数。
 ただコレまでの実績があるのが強みかもしれない。
 初の日本人ドライバー同士での参戦になるから予断を許さないが
 まずはバーレーンに向けて準備をしっかりと進めてほしいとも思う。

 アグリのスポンサーにオートバックス F-nipponのつながりか
 確かに序盤は苦しい戦いになるだろうとも思う。ドライバーだけでなく
 スタッフだって試行錯誤の手探り状態が続くだろうからなぁ。
 実際PITに立ってみないとわからないことも多いはずだろうから。
 ドライバーとスタッフのコミュニケーションも重要になるだろうし。
 責任者としてどうチームをまとめていくのかも大切になるはず。
 心配なネタは尽きないけれどまずは無難な船出を期待したい。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-23 22:11 | モータースポーツ

やっぱりなぁ…

 たぶんムリだろうとは思っていたけれどMKは大阪ドーム落札不適格

 結局税金処理になってしまうことを管財人は選んだんだろう。
 「不確実性が高い」というけれど税金なら取りはぐれがないからなぁ。
 大阪市が買い取ることになるのだろうけれど新たな財政負担になるはず。
 公共財になったところで利用制限があるうちは改善されないだろうし、
 行政にドームの運営のノウハウがあるとはとても思えない。
 もしあるんだったらココまで財務内容が悪化するはずはないだろう。

 確かに利に聡いオリバが継続使用となればよほどいい条件でなければ
 引き受けることはしないだろうし、MK側の計画にも問題があるのも事実。
 破格の条件ならば相当持ち出しが必要となってしまうかもしれない。
 けれどコレが行政側でも条件が変わらないのではないかとも思える。
 結局オリバが使うか使わないかの問題になってしまうだろうから。
 ヘタをすれば解体なんてこともないとはいえないかもしれない。

 今回のことでよほどの環境の変化がなければ大阪の市民球団化は
 事実上不可能になってしまったのかもしれない。新規参入のためには
 ホーム球場が不可欠になるから代替地を探さなければならなぅなる。
 けれど現在大阪にはドームに替わる施設が他にあるだろうか?
 藤井寺は解体が決定しているし日生だって改修が必要かもしれない。
 
 ホリエモンのこともあってこれからは新規参入のハードルはさらに
 高くなっていくかもしれないし、もう事実上「開かずの間」になりつつ
 あるのかもしれない。けれどそれは球界の大きな損失だろうとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-22 19:10 | 球界

なぜだろうね…

 キャンプも打ち上げというチームも多くなってきてこれからは
 オープン戦やWBCなどほぼ実戦形式の内容になっていくだろう。
 当然スコアラー活動もまとめの段階に来ているかもしれない。
 WBCはさておいて開幕まであと1ヶ月あまりとなってきてもいる。
 どの球団も相当な胸算用を心に秘めているかもしれない。
 パだと当然プレーオフ進出が最優先課題になっているはずだろう。

 そんな中あったWBCにまつわるこんな話題賛否は分かれるだろう。

 特にこの人の場合は神聖化されてアンタチャブルみたいなところもある。
 団塊の世代の前後ではその傾向が顕著になっているかもしれない。
 確かに王監督と並んで球界の最大功労者であるのも間違いではない。
 けれどまだ闘病中の身、本人の健康のためにもムリはさせられないはず。
 何でまたそうこの人にムリをさせるんだろうか?中継が日テレだからか?
 マスコミはすぐに美談にしようとするけれど何か違うような気がする。
 球界やマスコミがこの人を必要としているのは事実なのだろうけれど
 それならそれで病気が完治してからでも遅くはないはずだろうけれど…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-21 19:09 | プロ野球

キャンプ2題

 日刊ゲンダイの記事から

 松本匡史氏(楽天ヘッドコーチ)
 みんなを生かすために選手それぞれの力量や性格を考える

 確かにマスコミに流れる情報と現場では温度差があって当然か。
 結構頑固というイメージがノムさんの場合は強いからなぁ。
 アイデアによる指導はその場でやらないと効果がないことも多い。
 コーチにコミュニケーションを求めるのも風通しをよくしたいからだろう。
 成績が悪くなるとコーチ同士が反目しあうことが多くなるのも事実だし。
 それができていれば毒ガスも薬になるのかもしれない。
 トラと違って楽天はOBも少ないからノムさんの意向もすんなりと
 選手に伝わるかもしれない。去年以上に選手はひたむきにならないと…

 的場直樹(ソフトバンク・捕手)
 課題の打撃は「井口さんからアドバイスされ徐々によくなっていると思う」

 ジョーを意識していないといったらウソになるかもしれない。
 プレーオフでの敗退は彼にとってこの上なく悔しかったはず。
 ただ決して褒められたことではないけれど毎年の「お家騒動」など
 オフのゴタゴタが選手の競争意識を高めているのも事実だろう。
 それは王監督自身がいつも口にしてきたこと「それを自分のチャンスと思え」
 それがなければアレだけ主力が毎年抜けても優勝争いには加われない。

 今季はジョーが抜けて1軍は捕手3人体制になるといわれている。
 実際的場本人が選ばれるかどうかもまだ確約されたものではない。
 けれどこの椅子取りゲームをモノにできなければレギュラーはない。
 オープン戦などを通じて自分自身で結果を出していくしかないだろう。
 もう待ったなしなのだからがんばってほしい…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-20 19:08 | パリーグ

新たな試み?

 楽天計画、試合後のノム語すべてTV中継どうかなぁ?

 確かに試みとしてはいいけれど、あの毒ガス副作用も強烈だし…
 試合後に選手への口撃が始まったら結構しんどいかもしれない。
 それでなくてもスワローズ時代の毒ガスはきつかったのだから…
 ファンの気持ちを逆なでしてしまうこともあるかもしれないね。
 よほど野球に精通している人なら問題はないかもしれないけれど
 全てのファンが必ずしもそうとは限らないだろうし。
 選手もアレで萎縮してしまわないかという心配さえある。

 ただ視聴やアクセスに制限がかかる方法だとうまくいかないかも。
 現在の楽天公式HPではログインを要求するコンテンツがほとんど。
 試合の動画配信だって今年からやっと無料になったばかりで
 おそらくIDを取得しなければ動画を見ることはできないだろうと思う。
 CSや地上波だと視聴そのものに制限さえかかってしまうのは必死。
 環境やエリアによっては受信できない事だってありえるだろう。

 この手のことに球団はもっと目を向けるべきなのかもしれないね。
 これからはファンの奪い合いになって行きそうな傾向だから。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-19 23:25 | パリーグ