<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

どうなるんだろうか?

 このところしばらくなかった球界のネタだったけれど、こんな話が
 大阪ドーム 応札はエムケイ かなり本気なのかもしれない

 確かにまだ落札が決定されたわけではないからなんともいえないけれど
 正式に決定されればMKがかつて主張していた市民球団構想がかなり
 現実化してくることになりそうな雰囲気になるような気がする。
 ただ敷居はまだ相当高いようで落札できるかどうかは微妙なところ。
 大阪市としても早く解決したいところだと思うけれど予断を許さない。

 ただ仮に落札できたとしても残された問題が多いのも事実だろう。
 スポーツイベントはともかく振動や騒音などでロックコンサートも
 開催することができないという問題が現実として残されてもいる。
 コンサートは手っ取り早い収入源になるはずだけれどまだ
 改修工事なんていう話を聞いていないからどうだろうか?
 大阪市側というか管財人の要求はかなり虫が良すぎるような気もする。

 市民球団化にはさらに困難な条件が付いてしまうだろうね。
 MK単独では球団を持てないからシンジゲートを組むだろうけれど
 昨今取りざたされてる資本関係をクリアできるメンバーでないとムリ。
 ファンドが入り込んだらツネ・ジョンイルがまず認めないだろうし。
 しかも誰が代表者になるのかも決めなければならなくなるからなぁ。
 もっと難しいのは近鉄消滅で離れてしまったファンの獲得かもしれない。
 消滅から2年が経過したけれど未だに立ち直れない人だっているのだし…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-18 23:24 | 球界

あれやこれや

 キャンプももう終盤になって紅白戦の段階に入ってきた。
 来週末にはもうオープン戦が始まるからなぁ。

 楽天 1年目の収支が黒字に まずはよかったねぇ…

 コレがオリバの宮内オーナーを刺激したのは間違いないだろう。
 今季の補強振りはそんな印象さえ受けるからなぁ…
 ただフロントの努力というより仰木前監督の人望でできたことだろうね。

 三木谷オーナー自身がやってきた緊縮財政の効果が出たんだろうね。
 決して戦力に恵まれた訳ではないけれど、よく田尾前監督はやったと思う。
 ただ球団の努力以上にファンに支えられたものというのが事実だろう。
 実際田尾前監督がもっとも感激したといっていた温かいファンの応援。
 球団は利権を独占したがる傾向があるけれどもっと地元と連携すべきかも。
 特に地元メディアとの協力関係は緊密にすべきかもしれない。 
 WEB動画配信を無料にしたのは英断だと思うけれどメディアとは希薄だし。
 コンテンツの独占だけでなくもっと地元メディアに開放すべきかもしれない。

 ボビー 飛び入り打撃投手で1000球 若いねぇ…
 こういうことが去年の躍進につながっていったのかもしれない。
 実際若い他の指揮官でもココまでできるだろうか?と思う。
 原監督が底まで下なんて話は聞かないし、伊東監督だってそう。
 売り出し中の選手はこんな積み重ねが自信になっていくものだし。
 メジャーでは1Aからの育成経験がなければ監督にはなれないけれど
 さすがに選手の育成には長けているという印象を持ったなぁ。 

 そういえば日ハムはどうするんだろう?確かヤフーと組んで試合の
 動画配信の検討をしていたはずだったんだけれど…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-17 23:24 | プロ野球

ローズ

 最近ほとんど彼のニュースがなかったけれど 前巨人ローズ、レッズとマイナー契約

 ココ2~3年はローズ自身も不本意というか不完全燃焼だっただろう。
 近鉄とケンカ別れのような感じでの退団だったし、ウサギでの扱いも
 付帯条件はついていたけれど決していいとはいえなかった気もする。
 ひいては古巣バファローズの消滅などの事件も重なってしまった。
 球団に対してはいい感じを持っていなくてもナインやファンを思えば
 彼自身日本で野球を続ける気持ちがなくなってしまったのかもしれない。
 実際去年から引退して帰国するなんて話が夕刊紙などで報じられた。

 彼のプレーを見られなくなるのは残念だけれど年齢的なものなどで
 マイナー契約になったのかもしれない。ただ日本に残ってプレーするより
 アメリカでプレーした方が彼自身のためにはよかったのかもしれない。
 マスコミに追われて余計なストレスを感じることもないし自由にできる。
 間違っても球団からバイクを禁止されるようなこともないはずだろう。
 家族とともに生活できることも彼にとってはいいことだろうとも思う。

 日本だと誤解されることも確かに多いからなぁ…
 メジャー昇格できるかどうかはわからないけれど、コレまで彼を
 応援してきた日本のファンを忘れないでほしいとさえ思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-16 23:23 | プロ野球

キャンプネタ

 なさそうでいろいろとネタがあるのが野球なのかもしれない。

 今度はインド!?ハム、進む国際化そうくるか?
 日ハムがドラフトに力を入れ始めたのはここ数年のことだろう。
 まだ話題づくりで選手を指名しているようなところもあるけれど
 それでもダルビッシュを指名したり陽を指名したりとしてきてもいる。
 今オフは田中の獲得に全力で向かうんだろうね、きっと。
 
 小宮山「フェイク」で幻惑 やはり海千山千のオッサンだなぁ(爆)
 不正投球でもなければあらゆる手段が可能となるからなぁ…
 もはや往年の球威はないだろうから後はどうやって緩急をつけるかになるはず。
 和尚やカブレラあたりなら実践で試すいい機会なのかもしれない。
 ボビーの申し子だけに今年もだまされないようにしないとね…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-15 19:06 | パリーグ

結果はまだ出ていないけれど

 トリノ五輪が開幕してもう1週間近くが経過したけれど
 まだ日本選手はメダルという結果が出てはいない。
 やきもきする日々が続いているのも確かなことかもしれないね。
 もしかしたらゼロということもあるかもしれないけれど…

 ただコレまでのところ日本選手は結果以前に自分が持っている力を
 まだ出し切れていないうちに競技が終わっているようなそんな
 印象さえ受けている。それがプレッシャーなのかアクシデントなのかは
 報道を見ているだけでは全くわからないし終わった後にわかることも多い。
 けれど今のところ実力を出し切ったと思えるのは岡崎だけのような気もする。
 彼女はメダルにはほんの僅かの差で届かなかったけれど…

 純ジャンプでは信じられないようなポカもあったし、スピードスケートでは
 アクシデントもあって不本意な成績に終わっているからなぁ…
 結果は結果なのかもしれないけれど、まずは力を出し切ることが
 何よりも優先されることなのかもしれないね。それができなければ
 メダルなんて取れるものも取れないだろうと思う。

 まだ競技は残っているので選手にはまず完全燃焼してほしいね。
 そうすれば結果は後からついてくるかもしれない気もする。
 
[PR]
by extranjeco | 2006-02-14 19:23 | 戯言

キャンプも中盤

 もうキャンプも中盤に向かっていよいよオープン戦に向けて
 仕上げの段階に入りつつあるのだろうね、もうOKの選手もいる。
 それでもネタには尽きないような感じもする…

 岩ちゃん「まいどー」 新庄を訪問
 陽が満点デビュー/対外試合阪神戦でプロ初安打 
 
e0039510_21105341.jpg

 B・Bもスキーマラソンで2位にはいったというからなぁ…
 カラスコ「揺れる球」で高評価
 カラスコ打撃投手で評価上昇

 混乱するのでウシカラスコと鷹カラスコと分別したほうがいいだろう。
 鷲カラスコの場合は分別されていないほうがいいかも(爆)…
 ウシカラスコはオープン戦終了まではまさに神が降臨したようだったけれど
 シーズンが始まってからは「カラスコ劇場」を演じてしまった…
 ウシファンの「嘆きの壁」みたいなものができてしまったけれど
 キャンプで言われるジンクス「出先好調で使えた外国人はまずいない」
[PR]
by extranjeco | 2006-02-13 18:56 | パリーグ

岩隈

 去年から右肩に違和感を感じていた岩隈
 野村監督 岩隈にボヤキ、2軍落ちも
 岩隈は2段モーション克服「OK」

 確かに去年の成績はどうあがいても言い訳はできないだろう。
 それは本人が一番わかっていることだろうと思う。
 右肩の問題は自己管理の問題かもしれないけれどそれだけか?
 そうではないような気が彼の場合はしないでもない。
 岩隈だけに全てを追わせるのは気の毒な気がする。

 彼の場合球団合併で起きたプロテクト問題のためにかなり
 調整が遅れたという経緯があった、ただでさえ調整が難しいのに。
 保有権の問題が解決したのは12月に入ってからのことだった。
 その間にもOBなどから罵詈雑言を浴びせられてもいる。
 コーチも変わってアドバイスも十分に受けられなかったのも事実。

 しかもフルキャストの完成が遅れていたのも事実だったし
 スタッフの不足から投手陣全体が投げ込み不足だった。
 去年の楽天の成績からして投手陣は火の車だったから
 岩隈も自分から故障を言い出しにくかったのかもしれない。
 ファンの期待にも応えなければならなかったはずだから。

 評論家あたりからは「自覚が足りない」と酷評されたけれど
 自覚していたからこそ投げ続けたんだろうね、たぶん。
 自分のことだけを考えていたらもっと早く降りていたはず。
 案外評論家もマスコミもほとんど言及していなかったなぁ。
 今季はじっくりと立て直すいい機会かもしれないね。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-11 22:51 | パリーグ

キャンプの意義

 もうキャンプインから10日以上が経過したけれど、日本のキャンプには
 どんな意味があるんだろうか?ふとそんな疑問が浮かんできた。
 実際にキャンプでやることは毎年そんなに変わることはないものだ。
 選手の出入りはあるものの野球の内容が180度変わるものでもない。
 実際に練習内容は毎年同じで大きく代わり映えするものでもない。
 スポーツだから基本の反復練習が重要なのは当然なのだろけれど
 3週間もやる必要が実際にあるんだろうかという素朴な疑問。
 それだけならば1週間もあれば確認もできるとは思うんだけれど。

 確かにレギュラーを取れなかった選手にとってはアピールする機会。
 その機会は十分に与えられる必要があるはず、それは当然だろう。
 その部分ではまだキャンプにはまだ十分な意義はあるんだろう。
 ファンサービスの一環としての意義は確かにあるかもしれない。
 けれどそれならオープン戦の数を増やした方がいいはずだろう。
 今年はWBCもあるからなおのことだろうとも思う。

 おそらく選手のためのキャンプではないのかもしれない。
 首脳陣あるいはマスコミのためのものかもしれない。
 全休日などを設けているのは日本ぐらいなのだろう。
 選手によっては疲労の度合いだって違って当然だろうしペースも違う。
 何も分刻みでスケジュール管理をする必要もないはずだろう。
 ケガをしたときだけ自己管理の責任を問われるのだから、選手は。

 毎年新人がキャンプ地で地元の特産品作りに行かされるけれど
 コレだってホントに必要なものだろうか?違うと思う。
 初めてのプロのキャンプなのだから相当疲れているはず。
 それならば休ませてあげるのが当然なのではないだろうか?
 コレなんかはマスコミのための話題づくりでしかないだろうね。

 OBもなぜかキャンプには疑問を抱いてはいないのは不思議だね。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-10 11:45 | プロ野球

選手育成

 毎年ドラフトで入団してくる高校生選手、その成長を楽しみにしているファンは多い。
 そんな中、日刊ゲンダイにあったかなり古い記事。
 「高校から即、プロ野球に入るのは間違っているのですか?」

 *プロ入りした高卒選手の約3割が一軍試合未経験で引退。さらに73%が投手なら
  3勝、野手なら72安打以下で引退という*確かに衝撃的な内容だろう。
 単に学術的研究というだけでなく、実際プロ球団での実務経験もあるから
 なおのこと説得力があるのかもしれない。

 確かに去年から始まった高校生ドラフトはこの理論だと全く無意味になりかねない。
 むしろ育成枠のほうに大きな意義が出てきそうな感じさえしてしまう。
 その問題の多くが球団側にあることだけはもう明白なことかもしれない。
 育成のために費用や時間をかけられなくなってしまったという環境の変化もある。
 しかも最近のドラフトでは即戦力重視という傾向がさらに高くなっている。
 彼らを獲得するには自由競争枠にならざるを得ないからまとまった資金が必要。
 そのために育成に対して十分な資本を投入できなくなっているんだろうね。
 しかも高校生でも最近は契約金の高騰などから制約も当然多くなるはず。
 それが育成期間の短縮につながっているのかもしれない。

 学校側の問題は憶測が多くなってしまうのでなんともいえないけれど
 プロ側の問題はある程度うすうす感じてきていることも多いかもしれない。

 どの球団も育成のプロという人材がほとんどいないのも事実。
 1軍人事と2軍人事がセットになっていて1軍が変われば2軍も変わる。
 指導者が変わってしまえば当然指導方法も変わってしまう。
 育成方法が一環していないことも大きな問題なのだろうとも思う。

 野球の素人ばかりがフロントにいるから長期計画なんて立てられないはず。
 実際に素材の善し悪しよりもネームバリューにフロントは目が行ってしまう。
 編成会議でのスカウトの発言力はどれぐらいなんだろうか?しかも
 この場にトレーナーまで帯同させるところもまずないかもしれない。
 意外にこんなところが盲点として残っているんだろうとさえ感じてしまう。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-09 10:39 | プロ野球

二段モ−ション

 急げ、判定基準の統一まゆげのノーさんのコラム

 去年から審判団が急にうるさくなってきた二段モ−ションへの対応。
 ただアテネ五輪ではほとんど問題にはならなかったんだけれどね…
 WBCがあるからだけれど、確かにジャッジは統一すべきだろうと思う。
 バラバラだったら現場が混乱するだけだろう、ケド審判がまだ混乱したままだ。

 以前岩ちゃんが某夕刊紙で言っていたけれど、この2段モーションは
 イチローのタイミングを外すために元ウシの小池が始めたのが
 きっかけだったらしい。効果のほどはわからないけれど…

 けれどそれだけ打者有利だったということの裏返しにはならないか?
 ボールこそいくらか改善されたけれど国際試合のたびに投手は調子を
 崩すことも多い。それだけでではなくストライクゾーンそのものがパは
 狭くなっていること、多くのファンは気付いているかもしれないけれど
 一向に改善される兆しは全くない。投手の規制を強化するのならば
 当然ストライクゾーンを国際基準に戻すべきなのかもしれない。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-08 18:46 | プロ野球