<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

マウンドから見たプロ野球

 日刊ゲンダイに連載されていた記事。近鉄の「いてまえ野球」は裏付けされたもの

 「近鉄かぁ、いてまえ野球かぁ」何も彼石毛博史だけではなく、多くの人は
 そう思っていただろうと思う。実際ウシファンの多くも内部のことなど全く
 伺い知ることなどできないから豪快な打線ばかりが目に付いていただろう。
 2001年は北川のHRで劇的なリーグ優勝を決めたほどだったから。
 その豪快さをウシファンは大阪近鉄に求めていたのも事実だろうと思う。

 小林コーチは結構理論家だという話を聞いたことはあったけれど
 ココまで徹底していたのか?と内心驚いているのが正直なところ。
 以前にも前川の育成法でメンタル面の強化をしていたと聞いていた。
 イメージトレーニングでプラスに考えるように指導していたと
 小林コーチ本人が言っていたのを思い出した。
 確かに彼石毛博史はウサギ時代は「蚤の心臓」といわれるほど
 ココ1番では弱さを出していたことを覚えているから大きな転換点だっただろう。 

 現在でも観客動員を増やすためにパでは打者有利な状況になっている。
 おととしまでは飛ぶボールなどが使われていたし、ストライクゾーンも
 確かに両サイドはセリーグより狭い事を感じることが多い。
 実際メジャーでも1時期同じようなことをしていたとも聞いているから
 止むを得ないのかもしれない。

 けれど対戦するバッテリーは当然打たれたくはないから研究するはず。
 ただでさえ1発を持った強打者が多いのだからコーチを含めて
 対策は念入りにやって当然のこと、ミーティングも長くなるはず。
 そのためにはスコアラーによる膨大なデータが必要になるだろう。
 実際去年の交流戦でもセは結構ヤラれていたし日本シリーズでは
 目下3連敗中でもある。石毛の話を聞いていると「セの方がレベルが高い」
 それはパを知らない人間の幻想か戯言のようにしか聞こえなくなるね。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-07 19:21 | パリーグ

忘れられているもの

 清原やノリの入団で浮かれまくっているような感じがするオリバだけれど
 何か肝心なものを忘れているような気がしてならない。
 彼らをメディアの前面に押し立てて新たなファンを獲得しようとしている。
 それはそれで問題はないのだけれど、谷や川越といった生え抜きの選手が
 完全に陰に隠れてしまっている、本当にコレでいいんだろうかと思ってしまう。

 フロントは営業面での効果を狙って清原やノリを前面に押し出してくるはず。
 合併という負の遺産を消し去ろうとしていることも明白なことなのかもしれない。
 コレまでも亡くなった仰木前監督を何度も持ち出してチームの求心力にさえ
 してきてもいた。(コレには違和感を覚える人も少なくはない)
 仰木氏という反論のできない部分で事を進めているのかもしれない。

 都合のいいところだけを利用しているようにも見えてしまうけれど
 仰木氏がBW監督就任当時言っていたことはすっぽりと抜け落ちている。
 「ウチの選手はおとなしすぎる。」そう言ってもいた。
 合併後オリバになってから近鉄の選手ばかりが目立っていて
 BWの選手がほとんど埋没したままになっているのではないだろうか?
 仰木氏のことを前面に出すのなら球団に残された課題までも
 真摯に検討すべきだしBWの生え抜き組はもっと貪欲にならなければ
 ならないはずではないか?という素朴な気持ちさえ浮かんでくる。
 
 私は今でも近鉄とオリックスがしでかした球団合併という行為を全く
 許すことができないし、最近のオリバがやっていることにはかなりの
 違和感さえ感じてもいる。人間ココまで変われるものなのか?と。
 けれど個々の選手には罪は全くなくむしろ被害者だろうと思う。
 それを考えると旧近鉄の選手がポジション獲得のために努力する姿は
 当然だろうし、むしろそうあるべきだと思っている。その一方で
 埋没している旧オリックス選手には歯がゆささえ感じてもいる。
[PR]
by extranjeco | 2006-02-06 18:42 | パリーグ

キャンプ最初の週末

 キャンプも5日目を迎えて昨日は最初の週末だった。
 そろそろファンやマスコミ向けのアピールが必要になる頃。
 どこのチームも売り出しに躍起になっているんだろうと思う。

 オリックス名物?「ミックスモダン打線」 なんだかなぁ…
 何でも混ぜればいいってもんじゃないとは思うんだけれどね(爆)
 ときに素材同士がケンカしてしまうことだってあるんだし。
 しかも素材の鮮度という点では何か見劣りするような気もするし…
 みんなどちらかといえば1発狙いに行くタイプだからね。
 結構大味なお好み焼きになりそうな感じがしないでもない(爆)。
 並べているのは調味料ばかりだけれど、肝心の粉とキャベツはどうする?
 キャベツだけは鮮度が命、でないとしまりのないものになってしまう(爆)
 
 新庄 ダルに“負けちゃった新庄「オヤジやわ~」
 ダルビッシュの攻めに悶絶してしまったようだ(爆)
 日本ハム・陽が照れっぱなし彼にとってよかったんだろうね。
 ドラフトでのいきさつはあったけれど彼を歓迎するファンのことを
 これからも大切にしてほしいと思う。そして自分のプレーで
 札幌のファンをもっと熱狂させてほしいものだとも思う。
 それが自分自身にできる最大の恩返しなのかもしれないね。

 一場 新フォームを披露ノムさん1押しだから
 確かに去年のオープン戦の頃から一場は何か球種がバレていたような
 そんな感じがしていた。勝負どころで狙ったように打たれていたことも多かった。
 それが初勝利までに時間を要した原因なのかもそしれない。

 園川ブルペンコーチ「柳田? 休場だよ」どすこい君だし(爆)
[PR]
by extranjeco | 2006-02-05 22:39 | パリーグ

指導者

 最近高校サッカーではちょっとした異変のようなものが起きているらしい。
 将来有望な選手がサッカー部に入らずにJリーグユースに入るらしい。
 そのためかちょっとしたレベルの低下が高校サッカーで起きているのだという。
 そういえば今年は平山のような選手はあまりいなかったような気もするね。
 むしろサッカーは世界の趨勢に歩調を合わせているのかもしれない。
 ベッカムを始めとしてほとんどがクラブユース出身者というのが現実だから。

 サッカー界では指導者になるためにはライセンスが必要になる。
 Jリーグの監督・コーチになるためにはS級ライセンスが必要となる。
 講習や試験などを通じてキャリアを積み重ねていくのだけれど
 野球と違って合理的な制度なのかもしれないとも思う。
 現役を引退したからといってすぐには指導者にはなれない。
 現役時代の人気や名声だけでは指導者にはなれないのだから。

 野球界を見てみるとプロ・アマを問わずそんな制度は全くない。
 現在の流れを見ているとこれからも変化はないだろうとも思う。
 現役時代の実績や人気で決まっていくのは事実だろうと思う。
 当然サッカーと違って野球界にはプロ・アマの断絶という問題も存在する。
 しかし少年野球を始めとしてプロからの指導を求める声が大きいのも事実。
 最近は門戸がかなり開放されてきてはいるけれどまだまだ狭き門だ。

 プロ・アマを問わず指導者を体系付けて育成していくことは急務かもしれない。
 プロであっても現役時代の実績や名声で監督になることが多いけれど
 育成の実績もないままでコレまで通りの方法が続いていいものだろうか?
 あまりにもフロントが営業面だけで指導者の選択を行なっているからかもしれない。
 現に育成のプロは球界を見渡してもそういるものではない。
 2軍人事と1軍人事が全く分離されていないことが原因なのかもしれない。
 1軍の監督が変われば2軍のスタッフまで入れ替わってしまうのが現状で
 長い時間を要する育成のノウハウが全く蓄積されないままで終わってしまう。

 アマであれば将来の人材を育成するという重要な任務が課せられている。
 指導を受ける選手にしても進学するたびに指導方法が変わったら
 戸惑うだけだろうし、ヘタをすれば故障の原因にさえなってしまう。
 それは選手本人にとっても球界にとっても大きな損失となるはず。
 そのためにはプロによる指導が不可欠になるかもしれない。

 けれどそのプロ野球でも体系付けられた指導法がほとんどないというのも事実。
 監督やコーチが教えるのも自身の経験を基にしたものでその理論の検証さえ
 なされてはいない、古くからある体育会系の伝統だけなのかもしれない。
 それによってつぶされていく選手もこれまでかなりの数になっているだろう。
 特に現在でもトレーナーの地位は他のコーチから比べればまだ低いまま。
 現在スポーツ医学や人間工学などに基づいた指導ができる人はそう何人も
 いないのではないかとも思える。あるのは精神論だけなのかもしれない。

 現在は選手も高学歴化してきて単に根性論だけでは従わせることは難しい。
 指導法や練習方法でもなぜそれが今必要なのか?という根拠を教えて
 行かなければ選手は当然納得はしないだろうと思う。
 現にアマチュア競技ではそれができなければ世界で通用しなくなっている。
 ミスターアマといわれた杉浦氏が五輪代表となったときに夫人に
 言われたことがあるという「野球の自己管理は甘い」と何かで読んだことがある。
 夫人も何かの競技で強化選手だったからだという。

 今はOBや評論家を含めて個人の数だけ理論があるのが実情かもしれない。
 けれどそれが全くまとまっていないのは野球ぐらいなのかもしれない。
 野球の発展を望むのであれば何も五輪やWBCに限ったことではないはず。
 指導方法などの理論を纏め上げるのもあなた方の役割ではないのかとも思う。
 何も選手や選手会をこき下ろすだけが評論家の仕事ではないはずだけど…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-04 23:26 | プロ野球

Jr.

 Jrというと鉄道会社かドラマ「ダラス」非道の2代目を想像しやすい。
 けれどこの中内Jr.は確かに頼りなさ過ぎたのも事実だったと思う。

 そんな彼中内前オーナーが保有する2%の株式を球団に売却して
 今度は讀賣に移動することになったという、どうでもいいことだけれど…
 保有していた株式がウサギに移動するためにはネックになったんだろう。
 株式問題はツネ・ジョンイルが去年から吼えまくってきたことだから。
 元々このオーナーがいなければオーナー業務遂行さえ困難だった。

 もしかしたら小久保のFAによる移籍に対しての布石なのかもしれない。
 実際小久保本人もこの件を受けて何か戸惑ってもいたから。
 あるいは井口が日本に戻ってきたときに交渉の窓口に…とでも
 讀賣サイドが考えてのことなのか憶測は確かに尽きない。
 もっとも単なる救済という側面の否定することもできないけれど。
 オーナーとしてはあまりにも無能すぎたような気がしてならない。

 彼がどうしようと彼自身の自由なのだけれど、彼の遺した負の遺産は
 結構大きかったかもしれない。工藤・小久保・村松そして井口…
 彼自身の求心力のなさが将軍様の専横を許してしまったのだし…
 小久保事件では全く自分自身で説明さえできなかったほどだった。
  彼の口からは要領を得ないものしか出てはこなかったのを覚えている。
 当然チームには衝撃の後に動揺が走ったのだけれどトレードされた
 小久保本人が秋季キャンプで説明しなければならなかったほどだった。
 
 ウサギに行ったところでお飾りみたいなもので実務はムリだろうね。
 一茂と同じで肩書きはあっても権限は与えられないだろうと思う。
 まぁせいぜいがんばってください、そんなものしかないねこの人には…
[PR]
by extranjeco | 2006-02-03 16:02 | 人物

キャンプ2日目

 まだ始まったばかりだから今は何でもアリなんだろうね。
 他球団のスコアラーもそうだけれどファンは贔屓チームの
 新戦力を楽しみにしながらキャンプを見ているんだろうと思う。

 ボビー「柳田はベーブ・ルースだ」(謎)
 *ロッテのバレンタイン監督は、高校生ドラフト1巡目の柳田を“ロッテの
  ベーブ・ルース”として育成する方針を明かした。「スイングは速いし、
  パワーもある。まるでベーブ・ルースだ。ルースも投手と打者をして
  いたし、腹の形もよく似ているよ」。
 
 ベーブルースを彼が知らなくてもそれは仕方のないこと。
 彼こそが日本プロ野球の本当の父のような存在なのだし
 来日したのはもう70年以上も昔のことで彼を実際に見たという
 日本人はもうほとんどいないかもしれない。
 ただ名前だけは一般常識として知っておくべきかもしれない。

 ケド柳田はどちらかといえばドカ弁香川の方がイメージしやすい(爆)
[PR]
by extranjeco | 2006-02-02 23:04 | パリーグ

キャンプイン

 プロ野球は今日からキャンプイン、球春の到来となった。
 シーズンオフから戦闘モードに切り替えるある意味で正月なんだろう。
 個人個人の練習から全体練習にレベルを上げていくわけだし
 首脳陣からすれば新戦力と併せて大まかな戦力の把握につながる。
 そして今季のチーム課題を具体的に見つけていくものだろうね。
 ドラフトやオフでの補強などはフロントが編成を通して行なったものだから
 首脳陣はある意味ココでフロントの実力を実感するのかもしれない。

 そんな中王監督、日本一奪還へ熱弁40分!この言葉は重い
 過去にも工藤・小久保・村松・井口がチームを去り今季はジョー
 主力選手が相次いでチームを去っていったけれど監督の目には
 今の戦力しか写っていない、不安を感じているファンも多いけれど
 若手に「椅子は空いているからそれを奪え!!」といっているんだろう。
 小久保事件の後にも「目の前のチャンスを奪い取れ!!」とも言っていた。
 監督としての任期はそう長くはないけれどもこの競争というチームカラーを
 これからもこのチームの伝統にしていきたいんだろうと感じた。
 その流れを秋山2軍監督以降にも引き継いでもらいたいんだろうね。

 ファンはファンでオフでのネタ枯れ状態から選手の情報を具体的に
 知ることができる季節になったことを実感するのではないだろうか?
 特に新戦力がどれほどのものなのか?がはっきりとわかるからね。
 去年不本意だった選手がどれだけ変身できるのかも気がかりなところ。
 選手同様期待と不安が入り混じっているかもしれないし
 ココで一発お笑いをヤッてくれることも期待してしまう^^
e0039510_2314279.jpg

 で、早速宇宙人がやってくれた、いきなりユニフォーム姿で登場。
 確かキャンプインまではユニフォームはダメだったのではなかったか?
 この日はまだキャンプイン前日だったはず、彼にはタブーはない(爆)
 確かに彼はいいところを持っていってしまうし、いいネタをくれるからね。

 陽 新庄の腹筋見たい!それもありなのかもしれない…
 そういえば去年のダルビッシュも新庄に憧れていたからなぁ。
 被りモノ戦隊に入りたいとまでいっていたほどだったし。
 
[PR]
by extranjeco | 2006-02-01 20:04 | プロ野球