<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今年は正念場

 やっと見せ場のようなものができたような気もするね、確かに。
 復帰の松井稼 ランニング1号何か昔の映画を思わせるような感じだね。
 確か真田裕之と鈴木保奈美の映画だったと思うけれど、何だっけかな?
 「ヒットなんかじゃ許さないから」といわれたけれど、打球がフェンスを越えなかったから
 ランニングHRを狙ったんだったが映画ではホームでタッチアウトになっていた。
 しかし3年連続で初打席がHRというのもまた変わった記録ではないだろうか?
 コレはゴジラやイチローでもできない記録かもしれないね、確かに。

 
 最近は日米のマスコミから酷評されることが多かったから少しは溜飲を下げたかも。
 期待が大きかったからなおさら酷評されることが多かったのかもしれない。
 「リトルが日本人野手の評価を下げた」とまで言い切っている評論家もいたほど。
 マイナー通告されなかっただけでもまだノリや入来よりは恵まれていたかも知れない。
 コレまでの2年間は本人にとっても不本意な成績だったから今年は正念場だろう。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-21 17:37 | メジャー

入来

 新天地に渡った彼だけれど、現実は厳しいね。入来に戦力外通告、ウエーバーへ
 状況はノリのときとほぼ同じだろうと思うから本人が1番残念だと思っているだろう。
 まだ本人も身の振り方までは考えてもいないだろうとも思う。
 ノリのときと同じようにマイナー契約にするのかそれとも自由契約となって移籍か。
 あとは入来次第だけれどどちらにしても入来にとっては苦渋の決断となるはず。
 あくまでもメジャーにこだわってこれからもアメリカに滞在するのかそれとも
 メジャーへの未練を全て断ち切って帰国するかのどちらかになるかもしれない。

 それでも仮に帰国したとしても受け皿はでき初めているようですでに動きがある。
 日本ハムが入来獲得を検討へ復帰には全く問題はなさそうだね。
 元々球団は入来には残留してほしかったという経緯もあるし本人との契約で
 メジャー挑戦を容認してきたのだから入来の意思さえ固まれば問題はないはず。
 「都落ち」とか体面にこだわらなければ入来にはまだ将来があるはずだろう。
 あくまでも夢にこだわるのであればこのまま挑戦し続ければいいのだし
 復帰したらしたで「北の大地のファン」は暖かく入来を迎えるだろうと思う。

 21日追記結果として入来3Aノーフォーク残留這い上がるしかないね。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-20 09:28 | メジャー

わかってはいたけれどね...

 昨夜は夜勤だったため、情報からは完全に隔離された状態だった。
 結果だけは何とか知ることはできたけれど仔細が全くわからなかった。
 実際に東京ドームに行った人から話を聞いて仔細がわかった。
 東京ドームまでは軽く1時間はかかるからなぁそこからだと。
 シーズン前から「今季限り」と言明はしていたけれどね...
 まさかなぁ、こんな早くに表明してしまうとはなぁ...
 新庄 今季限りの現役引退を表明ボールは再び札幌に投げ返された。
 
 その人の話だとインタビュー終了後でもスタンドのファンはなかなか帰らなかった。
 そう聞いている。突然の発表でファンには相当の動揺が走ったらしい。
 ドームに集まったファンは突然のことで帰るに帰れなくなったのだろうね。
 勝利のあとに信じられないことを本人から聞かされたのだから当然かも...
 すでに覚悟を決めてはいたんだろうけれど知っていたのは広報の1人だけという。
 本社やフロント・選手を始めヒルマン監督さえ全く知らなかったと朝刊にあった。
 帰ってきてから球団公式HPを見たけれどまだ表示されていなかった。
 あわててオーナー以下はこれから慰留工作に乗り出すともあったけれど
 意外と1度決めたことをなかなか変えない彼だから難しいだろうと思う。
 
 ヒルマン監督の目が象徴的だった。胆を決めたのかもしれない。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-19 09:56 | パリーグ

予断を許さないが...

 去年から物議を醸し続けてきた問題、村上ファンドの一件阪急 阪神株取得方針決定へ
 経済の問題だからいろいろと憶測が飛ぶのは恒例のことだけれど。
 資本問題をオーナー会議側が問題視し始めたから苦肉の策か。
 楽天・TBSの資本問題はそれほど重要なことではないような気もする。
 今時敗退行為をするようなことはまず考えられないからね。
 ただ村上ファンドの問題だけは他の資本問題とは別の次元だろう。
 野球協約違反が相当濃厚になっているから重要な問題だろうね。
 ただ阪急がオリックスの株式を握っているか逆のケースがあれば
 新たな問題になりかねないという危険性も存在するけれど…

 「統合は嫌」と阪神ファンある意味贅沢な悩みだろうと思う。
 近鉄の合併問題ではトラファンはあまり感心を示してはいなかった。
 逆に今はノド元に刃を突きつけられているような状態なのだろう。
 阪急だって球団名を変えるような暴挙には出ないだろうと思うから
 現在の状況では統合はそれほど悪い話ではないようにも思える。
 ホークスのときにも同じような問題が起こったけれどソフトバンクは
 移転もせず名称変更をごく些少現にとどめてもいる、DからSになっただけ。
 応援歌もそのまま使用しているし、変更は逆に球団にとってはマイナスになる。

 阪急がビジネスにマイナスになるようなことはまずしないだろうと思う。
 かつてブレーブスを持っていたのだからね、ズブのシロウトではないのだから。
 同じ西宮市に本拠を構えていたのだからお互いのことをよく知っているだろう。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-18 19:31 | 球界

触れなければならないこと

 野球に乱闘はつきものという考え方があるけれどそれは間違いだろう。
 特に外国人選手は「やられたらやり返せ」が合言葉のようになっている。
 「ブラフにはブラフを」という理論が根底に流れているんだろうとも思う。
 ブラフといえば清原だけれど、彼は1度たりとも手を出したことはない。
 それを美徳のように言い放つ球界OBも存在するけれどそれは間違いだろう。
 ココは日本だ、メジャーのような報復劇は絶対に許されない。
 厳しい内角攻めは投球術の基本ともいえる、投手OBは口をそろえて言う。
 日本人投手で故意死球をやれるほど肝が据わった投手はまずいない。
 死球から動揺して崩れる投手の方がはっきり言って圧倒的に多い。
 
 日本ハム金村が出場選手登録から外れるコレだけで事の大きさが計り知れるはず。
 実際金村はケガを負ってしまっている、一度登録を抹消されたら復帰まで
 まる10日はかかってしまうし自分に非の全くないケガによる抹消ということ。
 ズレータには10日間の出場停止が科されたけれどそれと全く同じ条件と
 いうのは果たして妥当か?という疑問がホークスファンとしても残る。
 ズレータの離脱は痛いといえば痛いけれどそれとコレは全く別次元の問題。
 まずは日ハムファンに謝罪しなければならないだろうと思う。
 1ファンがしてもどうしようもないが「ごめんなさい、本当に申し訳ないと思います」

 こんなことがあっても報復行為に出なかった日ハム選手はえらいとも思う。
 大概こんなことが起こったら報復のし合いで泥仕合になりかねないもの。
 普通なら警告があってその後は間違いなく危険球扱いになって当然のはず。
 日本ハム・ヒルマン監督は怒りおさまらず当然といえば当然だろうとも思う。
 メジャー経験もあるヒルマン監督が報復を指示しなかったのは賢明だった。
 ズレータは本当に反省しているのならまず金村に謝罪しなければならないはず。
 「倍返し」の意味を間違いなく局解しているようにしか思えない。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-17 19:04 | プロ野球

ふぅ...

 何だかなぁ、起こった現実は潔く認めるしかないだろうね…
 どう言い張ったところで事実は事実として受け止めないといけない...
 57年ぶりの珍記録といえば珍記録だからね、逆にもしノーヒッターで
 勝つようなことがあればそれはそれで逆の珍記録になっていたはず...
 
 ニッカン式見ても空しいだけのような気もするね。

 王監督自身がウサギ時代、近藤にやられたこともあったからなぁ。
 八木の好投は賞賛に値すると思うし、そうでなければならないはず。
 捕まえ切れなかったホークス打線がただ単にふがいなかっただけだろう。
 捕まえると思っていたはずが見事に逃げ切られたのかもしれない。
 丁度A・カブレラや和尚がわっちを捕まえられなかったのと同じような
 そんな気がする、芯を外していたり喰らっても野手の正面に行くような
 そんな投球を心がけていたのかもしれない。それは立派なことだろうと思う。

 赤っ恥をかかされたけれどホークスナインは送りバントはあったけれど
 バントヒットを狙うようなことはしなかったのは救いかもしれない。
 おそらく監督の構想にはそんなことはなかったのだろうとも思う。
 選手を信頼していたこともあるかもしれないけれどそれをやったら
 メジャーなら報復の死球をぶつけられないかもしれない。
 
 ヤラれたらそれはそれで仕方がないこと、これからチームテーマの
 「倍返し」をやっていけばいいだけのことそうだろうとも思う。
 週明けから西武戦、気持ちを切り替えてナインには頑張ってほしいとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-16 23:49 | パリーグ

勝負はわからない…

 昨日は動画配信がなく、NACK5でのラジオ観戦だったけれど…
 試合開始前から流れていたオープニングの録音放送そのままの展開に…
 確かHRでの得点で3-0というものだったけれど、カブレラのHRで
 ホントそのままの展開だったのには内心驚いた、予言したようだったし…
 でもNACK5 の放送は独特の雰囲気を持っているという印象だった。
 当然ながら思いっきり実況は西武寄りになってしまうのは当然だけれど
 実況アナがいなかったらサッカーの試合じゃないかと勘違いするほど。
 ニッカン式西口が6回まで1安打の好投だったし。
 
 でも「好事魔多し」なのだろうか7回、大松に逆転満塁HRを喰らった。
 その後実況アナは1塁側は意気消沈とまで言っていたのを覚えている。
 そういえば以前西口が登板した試合をココで聞いていたけれどあのときも
 9回までノーヒッターで抑えながら延長戦でヒットを打たれて消えた。
 私があそこを聞くといつも何かとんでもないことが起こるような気もする。
 去年は動画配信がアクセスが集中して動かなくなったからだけれど…
 
 けれど江藤が再び2ランを打って再逆転という激動の試合だった。
 マリーンズもここまでか?と思ったけれどその後マリンガン打線が爆発。
 信じられないような一方的な試合になってしまった、1塁側茫然自失…
 前日まで沈黙していたのがとうとう目を覚ましてしまったのか?

 追記、そしてその翌日はどうだったかというと…
[PR]
by extranjeco | 2006-04-15 23:37 | パリーグ

明と暗か…

 昨日はチバテレビでも試合の中継がなくWEB音声のみだった。
 先制したのもつかの間で日ハムは楽天に逆転負けだったね。
 小笠原のタイムリーでは完璧に捉えられていてあわや3ランだったけれど
 一場はそれほど調子はよくないようだったが中盤から立ち直った。
 いつKOされてもおかしくはなかったような気もするほどだったね。
 
 ダルビッシュはあまり調子は上出来とはいえないまでもソコソコの出来だった。
 それでもそれなりに投げて3回まではパーフェクトだったほど。
 沖原のバント処理を誤ったところから一気に崩れたような感じだった。
 交代を告げられてベンチでグラブさえ投げていたほど、悔しかったんだろうね。
 そこを突かれてうまいこと楽天につながれたというような印象だった。
 ある意味でダルビッシュの若さが出てしまったのかもしれないね。
 
 最近不調で仏頂面だったけれど止めを刺した礒部。
 久しぶりに彼の笑顔を見たような気がする。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-14 16:28 | パリーグ

奇跡というか

 テレビ技術理論は門外漢なのでよくわからないけれど、みなとみらいに程近い
 横浜でなぜかチバテレビが雪が降ったような画面ながら見ることができる。
 テレビでは時々「どうして?」と思うようなことが起こることがある。
 電波のいたずらというか気まぐれなのかもしれない。そのくせMXは映らない。
 地上波デジタル放送のためにケーブルなど複雑な要因があるんだろうね。
 そういえば昨日のチバテレビ、解説は初芝だったのを覚えている。
 私はマリサポではないのだけれど…

 でも私にとってはうれしい誤算だった。今年からusenのコンテンツで動画配信が
 行なわれるようになったけれど、スカイマークと並んでエアポケットだったから。
 ただアウエーの試合まで中継してくれるかどうかはわからないし…
 西武の試合はNACK5が中継するから空白域が出ないという強みもある。
 今でもスカイマークはテキストだけの経過速報だけだからね。
 後は日ハムか…ホームだと中継がないからなぁ。
 BSやCSといった環境にないのが辛いところ…

 朝鮮日報にあったこんな記事
[PR]
by extranjeco | 2006-04-13 10:55 | パリーグ

そこまで言うかネェ…

 いまや「あの人は今」のような状態だけれど頑張っているようだ。

 日本人野手第1号の塩谷、韓国で才能開花?
 確かにトラ時代はあまりいい成績ではなかったけれど競争が激しい
 内野陣の中でなかなか出場に恵まれなかったということもある。
 BWに行ってから出場機会が格段に増えたような気もするからね。

 特に意図はないのかもしれないけれど逆にそんな彼の活躍は
 韓国野球のレベルを語ってしまいそうな印象さえ受けてしまう。
 こういう記事の書き方はどうだろうかネェ...
[PR]
by extranjeco | 2006-04-12 19:22 | 戯言