<   2006年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

高校野球2題

 今日の千葉マリンはかなり微妙な天気でたぶん試合は中止だろう。
 今現在は降ってはいないけれど西日本を中心に大雨になっているし。
 今日の試合は東京ドーム以外では全て屋外だからたぶんムリ。 
 そんな中いろいろとアマ球界に動きがでてきたようだ。

 駒苫VS横浜 6月に八戸で実現ガチンコ勝負を期待する。
 駒大苫小牧が開幕直前になって不祥事による辞退になったから
 その成り行きが注目されてもいた。是非甲子園で見たかった対決の1つ。
 実際に辞任した香田前監督には地元でも復帰嘆願がでているとも聞く。
 涙を呑んだ選手にとってこれ以上の対戦相手はないだろうからね。 

 ソフトバンク、大嶺獲りこの時期はいろいろと錯綜するからね。
 田中は全球団が獲得を目指すほどの逸材だから何となくわかる。
 けれど彼はバリバリのメジャー志向とも聞いているからどうだろうか?
 日本のドラフトを拒否して直接メジャーに行かないとも限らない。
 大嶺だって自由競争枠の対象外だから競争は激化するだろうね。
 去年の陽のように他の球団が指名してこないとも限らないはず。
 夏の甲子園が終わるまで何ともいえないような気がするけれど…
[PR]
by extranjeco | 2006-04-11 14:56 | アマ野球

そういつまでもうまく行くかなぁ...

 何とか理想的な開幕ダッシュをしてきたウサギだけれど
 今までのようにこれからも行くのか?という素朴な疑問。

 巨人 3カード連続勝ち越し不安要因もなくはないだろうと思う。
 放置には韓流を何とか取り込もうとしている記事があったけれど
 コレから交流戦というかく乱要因が待ち受けているのも事実。
 パリーグのチームとの対戦が待っているからね、楽しみだ。
 去年それまで絶好調だったのに交流戦でドラが失速したのも記憶に新しいけれどね。
 変わって出遅れていたトラが交流繊以後息を吹き返して優勝したこともある。

 実際去年4番の小久保に対してパリーグチームは徹底的に弱点を突いた。
 その攻め方を他のセリーグチームが分析してその後ウサギが失速した。
 同じようなことがイ・スンヨプに起こらないと断言できようか?
 他にも小坂に対しても起こりうる可能性は十分にあるはずと思っている。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-10 19:09 | プロ野球

偉大な記録

 選手にとって自己管理は大切なことだというのは当然だけれど
 それを身を持って示したようなすばらしい記録だと思う。
 年間わずか140試合前後の日程だけれどコレを維持するのは
 生半可な心構えではできないだろうと思うし、満身創痍での出場だったはず。
 コレまでだって何度も厳しい攻めの末ぶつけられた事も何度かあった。
 三瀬がぶつけたときには一時トラキチのネットが騒然となったけれど
 自身のHPでコメントを残してトラキチの興奮を鎮めていたのを思い出す。
    
 今ではアニキとしてトラキチの精神的な支えになっているのも事実。
 毎年のように下半身はパンパンになっているというからなぁ。
 オフには護摩行を毎年欠かさずに行なっているとも聞くから精神的な
 強さも相当なものだろうとも思う。弟分のC新井はギブアップだったし...

 もはや彼は阪神だけでなく球界の財産といってもいいかもしれないね。
 これからも気力と体力が続く限りフル出場を続けてほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-09 23:58 | プロ野球

あの男がネェ...

 試合よりもその他のことで注目を浴びる事が多かった彼、前川。
 トラ時代は翌日先発なのに100球も投げてしまったりとか
 近鉄時代には自分の契約更改日が12月1日なのにしっかり欠席。
 何でも「今日は11月31日だと思った」というおバカなコメントまで...
 寮の定年を過ぎても退寮を首脳陣から許されなかったのは
 奔放な性格からか後にも先にも前川ただ一人だったという。
 
 前川が3年ぶり勝利もうそんなに勝っていなかったのか(爆)
 実際近鉄時代の前川の姿を見ていないので何ともいえないが
 どうやら減量に成功したらしいね、トラの頃から変わっていないような...
 私の周りのトラキチには全くといっていいほど認知されていなかったけれど...
 ただ彼が本当に復調したのかを見定めるには西武戦で好投してからだろう。
 近鉄時代は一時西武キラーとまで言われていたと聞いているからね。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-08 22:47 | パリーグ

ふと考えてみた

 昨日は目の当たりにした貧打線のためにトボトボと帰ってきた。
 確かにホークス打線は重症で立ち直るまで時間がかかりそうだ。
 好投していても打線の援護がなくエラーなどで足を引っ張られる。
 流れが悪い方へドンドン流れているような感じがしないでもない。
 こんなものを食べてしまったからだろうか昨日の2発は...
 それはさておいて値段が高い割にはあまり代わり映えがしない
 球場での食べ物のメニュー、おそらくウサギ戦と全く同じものだろうと思う。
 グッズでもウサギ絡みのものが圧倒的だったし日ハムのは扱いも多くはない。
 全体の8割以上がウサギのものだったからなぁ...
 コレが当日食べたものだけれど、何の変哲もないという印象が強かった。
 はっきり言って日ハムと何らかの関係でもあるんだろうかとも思った。
 日ハムの場合、東京ドームは間借りというためだろうけれどね...
 いろいろと権利やロイヤリティなどの問題が存在しているんだろうと思う。
 もしかしたら日ハムサイドもどうしようもないのかもしれないとも思った。

 けれどもし何か改善する方法があるのなら是非やってほしいとも思った。
 リピーターを増やすことは球団にとって至上命令であることは間違いない。
 そのためにはできる限り変化をつける必要があるのは事実だろうと思う。
 折角親会社が食材メーカーなのだし、できるのなら方法はいくらでもあると思う。
 現在、鎌ヶ谷市に2軍のファイターズタウンを作る計画もあるのだからね。
 そこで提供されるものを試験的に売り出して見てはどうか?とも思った。
 札幌ドームと同じものまではムリだとは思うからなぁ...
 
[PR]
by extranjeco | 2006-04-07 23:02 | 戯言

東京ドームにて

 
 日ハムのホームゲームだったけれどスタンドはホークスの方が多かった。
 ただ外野はほぼ互角だったと思う。

 

 いきなり現れた3本の柱、他に金田があったけれど画像が問題で割愛。
 逆光がひどくてとても使えそうにない...

 始球式は?というと新庄つながりで青木さやかだった(爆)
 ダルビッシュに「どこ見てんのよ!!」とやっていたけれど
 衣装から全て新庄が演出していたらしい、あまり間合いを取ってしまって
 ジラシていたからスタンドからは「早よ投げろ」の野次が飛んでいたけれど...
 
 ニッカン式 不思議なことにダルビッシュの暴投以外にエラーがなかった。
 わっちは2発を浴びたけれどそれ以外は完全に抑えていた。
 ダルビッシュは何度か危機はあったけれど立ち上がりから
 ボールが低めにコントロールされていてよさそうだったし。
 けれどホークスはクリーンアップがノーヒットでは勝てないわなぁ...
 
 B・Bが負傷
 確かに足を引きずってもいたしケンケンもしていたから相当痛かったはず。
 それでも逆立ちまでしていたしアウエーの3塁側まできて子供連れの
 お客さんとの写真撮影までやっていたからなぁ、遠くて見えなかったケド
 松葉杖だったんだね、用具の陰に隠れて見えなかったけれど...
 
 お立ち台でのダルビッシュ、調子はあまりよくはなかったとか。
 それでも「完封を意識し始めたのはいつ頃から?」の質問に対し
 「始めから意識していました」というビッグマウスぶりだったからなぁ。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-06 23:57 | パリーグ

栄冠

 センバツも昨日で閉幕した。横浜21点!記録ずくめのV
 スモールベースボールの見本みたいなチームだったと思う。
 大きいものを狙わず徹底的に繋いできたチームだった。

 松坂のときとは違ってスター選手は確かにいなかった。
 それでもこれほどのチームを作り上げてくる渡辺監督は大したもの。
 以前監督自身の著書でその年毎に指導方法を変えているという。
 スパルタ式で徹底的に鍛え上げたりいくらか放任したりと変えているという。
 コレは愛甲以来選手を送り続けてきた経験と自信からきているんだろうね。

 また夏が楽しみになってきた。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-05 23:38 | アマ野球

セリーグも開幕

 セリーグも開幕したけれど巨人開幕戦視聴率15・9%

 この手の数字が一人歩きすることが多いのだけれど
 WBCの流れにもウサギは乗れなかったようだ。
 実際パリーグの開幕戦では地元の視聴率は結構高かった。
 だいたいが17~18%ほどだったとも言われているからなぁ。
 監督が変わってもウサギファンが戻りきっていないのだろうね。
 今季もコレまでと同じような補強路線を歩んでいるからなぁ...
 野口・豊田・小坂そしてイ・スンヨブ、お金持ちはコレだから(爆)。

 球界の危機とか野球離れとか最近は言われているけれど
 その真相は単なる「ウサギの危機」なんじゃないかという気がする。
 ウサギで食えなくなったマスコミや球界関係者が焚きつけている
 そんな印象が強い、メジャーまで広げれば野球離れはありえない。
 現にメジャーへの関心は年々高くなっているような気もする。
 ゴジラがメジャーに行ってからウサギの人気が低下し始めたのかも...

 誰かが言っていたけれど「巨人のファンはコアな部分が他より少ない」
 どちらかというとミーハーで移り気なファンが多いという、そうかもしれない。
 コレまで全国的な人気を背景に経営をしてきたのだけれど
 それが放映権料という含み資産を生み出して原資になっていた。
 コレまでそれほどウサギは経営努力をしてこなかったからね。
 近年の地域密着という流れにより状況が変わってきているのも事実。
 パリーグの球団はここ数年相当経営努力をしてきているから、
 以外にウサギの後背地が少なくなってきているのかもしれない。
 
 「巨人愛」を前面に打ち出して選手にそれを要求しているけれど
 コレまでの補強路線で選手にそれを求めるのはどうだろうか?
 かなり虫が良すぎるような気がしてくるけれどね...
[PR]
by extranjeco | 2006-04-04 09:19 | プロ野球

ウインター・リーグ

 コレまでなかったけれどやっと具体的になってきた。

 アジア冬季リーグ 今オフ開催へ 課題は多いだろうね。

 育成期間中の選手にとってはいいことだろうとも思う。
 試合経験を積ませて戦力化をはかるには十分だろうとも思う。
 現在国内にはシーズンオフにそのための受け皿がないのも事実。
 試合漬け・練習漬けにすべき期間だから当然のことだろうと思う。
 更に他の国の選手との交流も大切なことになるだろうとも思う。

 他の国の問題は別にして、国内関係だけでも問題も山積している。

 まずは野球協約上の問題、12~1月は野球協約上球団は拘束できない。
 そのためにキャンプの解禁も2月でそれまでは自主トレ期間になっている。
 選手会との協議も必要になりけれど、協約の見直しも迫られる。
 この間に選手の指導ができるのなら別の効果も生まれるはず。
 今年のWBC前でもキャンプを早くする事だってできたはずだった。
 該当選手をどうするかを協約で定めておく必要は当然だろうと思う。

 派遣費用などをどうするか?という問題もある。
 その費用を誰がどのようにそしてどれだけ負担するのかという問題。
 NPBが一括して負担するのか、それとも拠出金制度にするのか?
 その負担割合をどうするのかという問題が必ず発生するだろう。
 事前に決めておかなければ必ず紛糾する問題だろうとも思う。
 また選手がケガをしたときの保障の問題もある、誰が補償するのか?
 ケガが長期化した場合には契約更改にも支障が出てくるだろう。

 少し考えただけでも結構問題があるようだ。
 けれど検討する意義は十分あるかもしれないとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-03 19:18 | 球界

変わった選手かもしれないね。

 簡単に攻略できそうでできないタイプかもしれないね。
 うまいことノラリクラリと交わしてしまうからなぁ…

 インチェを見ていて去年までウチにいたグーリンを思い出した。
 今にもつかまりそうな感じだったけれど酔拳のようにしぶとい。
 芯を喰らっていてもなぜか打球は野手の正面に行ってしまうからなぁ。
 グーリンはスコアラーデータやVTRを自分で分析して組み立てていた。
 インチェがそこまでできていたらなかなかの掘り出しモノかもしれない。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-02 23:59 | パリーグ