<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

順調なようだね

 楽天にとってその復帰が早く待たれている岩隈だけれど順調なようだ。
 岩隈&桑田はまずまず登板春先を思えばね…
 キャンプでは130kmも球速が出なかったところからすれば順調だろう。
e0039510_1315890.jpg

 まだ球数を投げ込めないようだけれどあせらずじっくりと立て直してほしいね。
 内面的な問題からまだ心のどこかに肩の不安を意識してしまうんだろうね。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-30 15:03 | パリーグ

いろいろと…

 何が起こるかわからないからこそ野球は面白いんだけれどね。

 今年も結構苦戦を強いられるだろうといわれていた楽天だけれど
 ノムさん誕生日前祝いの月間勝ち越し後半戦の波乱の目になるかも… 
 グリンはこの前東京ドームで見たときとは別人のような内容だったんだろうね。
 あのときは折角逆転してもらったのにエラーがらみで自滅してしまったからね。
 8回1失点なら十分先発の仕事をしたといっていいだろうと思う。
e0039510_1335485.jpg

 けれど最近の西口は何かさえないような気がする、前半はいい投球をしても
 突如崩れてしまう姿を見かかるようになってきた。昨日もエラーがらみだったけれど
 自分自身の間が悪いのかそれともツキがないんだろうか?1ヵ月半勝ちがない。

 一方6月になって俄然調子を上げてきているのが日ハムだろうと思う。
 逆に少し調子を落としているのがマリーンズかも…ズルズル5連敗…異例の全体練習
 この日はエラーがらみもあってナベ俊がKOされてしまっていたけれど
e0039510_1455139.jpg

 セギノールにはぶつけてしまってコレでKOになってしまった。
 コレまで日ハムには相性がよかったんだけれどコレで連敗だし。
 何か底なし沼に入ってしまったような印象さえ受けてしまうね、確かに。
 逆にこのところ日ハムはやることなすことが絶好調なんだろうね。
 交流戦が始まって一時は日ハムが底なし沼にはまっていたけれど
 オリバの失速を尻目に勢いを盛り返しつつあるようだ。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-29 23:45 | パリーグ

何でだろうね

 確かに6月に入って失速してしまっているウサギだけれど、ココに来て
 元阪神アリアスの獲得発表何でだろうね?
 若手を育てるためへと方針を変えたはずだったけれど結局去年と同じ。
 今年だって補強の相手はパリーグからだったし、全てベテランだった。
 確かに若手との力の差が大きいのは事実だろうと思うけれど
 補強したはずのベテランが結構致命的なエラーをしているからね。
 若手にとってはたまらないだろうと思う、彼ら自身はすぐファーム行きだし…

 ある意味ダブルスタンダードなのかもしれないけれど場当たりな補強を
 繰り返してきたツケなのかもしれないし編成が全く機能していないんだろう。
 クロマティ以外スカばかり引いてきたことを全く反省していないんだろう。
 ウサギの場合はもっと野球を知っている人材を集めることの方が先決。
 現場だけに全責任を押し付けてきた体質を改善しなければ改革はムリ。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-28 23:32 | プロ野球

やってるね

 毎日のようにメジャー速報が行なわれるけれど、頑張っているようだ。
 日本以上に厳しい生存競争だからねメジャーは。それを知っての上だけれど。
 頑張っている選手は素直に応援したくなるのは人情だろうね。
e0039510_1257799.jpg

 先日初のサヨナラヒットを打った井口だけれどこのところ足踏み状態。
 時々エラーをしてしまっているけれど暑くなるこれからが正念場だろう。
 これからも更なる活躍を期待したい、ケガを早く直すことが先決かもなぁ…
e0039510_131032.jpg

 もうメジャーではスーパースターになっているクレメンス、もう43になるけれど
 やはりその投球はまだまだすごい、自己節制の賜物だろうけれどネェ。
 日本では工藤ぐらいだろうか40を過ぎてもアレだけ三振を取れる投手は。
 工藤も自己節制は相当徹底しているからね、最近は少しよくないようだけれど…
 彼らの自己管理は他の投手も見習った方がいいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-27 20:00 | メジャー

珍記録といえばそうだけれど…

 リーグ戦が再開されて最初の日曜日だったけれど
 昨日の試合は何が何だかよくわからない試合だったなぁ…
 一場 毎回12奪三振も7敗目
 確かに一場は球数を投げた方が調子が上がってくるタイプだろう。
 そのために立ち上がりを狙われることが多いようでこの日も序盤に失点。
 その後は立ち直ったけれど味方の反撃が遅すぎたような感じがした。
 けれど楽天も以前のチームとは違ってしぶとくなってきている。
 やられっ放しなんてことがなくなってきているからね。
 
 確かに楽天の愛敬ほどの記録が続いているわけではないけれど、神内
 今季は先発して今のところ負けなしだという。内容もかなり波乱万丈で
 マメを潰して3回で降板したり1回で1アウトも取れずにKOされてもいた。
 それでも未だに負けていないというのもある種の強運を持っているのかも。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-26 19:35 | パリーグ

悲喜こもごもか…

 リーグ戦が再開されて再び肉弾戦が始まった感じがする。
 交流戦以上に化かしあいが始まるんだからね、これからは。
 八木 1カ月ぶりの白星で7勝目
 八木の化けの皮はまだまだ健在、決してはがれないようだ(爆)
 前回は打ち込まれて負け投手になったけれどそれを糧にする力はある。
 多くの評論家が口をそろえるけれど昔ドラにいた今中と重なるようだ。
 決して力勝負では分がいいわけではではないけれど上手く交わす
 それが八木の持ち味なのかもしれないと思う。
 楽天 球団史上2度目1―0勝利
 ココまで来れば貧打というよりは拙攻というべきか…
 けれど楽天側の継投策が見事だったのかもしれないね。
 王監督の眉間のシワがまた1つ深く刻まれたような気がする…
 清原 太腿痛で今季2度目離脱
 オリバは考えた方がいいのかもしれないね…
[PR]
by extranjeco | 2006-06-25 22:51 | パリーグ

這い上がってきてほしいね

 最近その消息を全く聞かなかったけれど入来、1Aで挑戦中。
 入来1Aで復帰 3回無失点事後法にヤラれた気もするけれど…
 自分自身の名誉回復のためにもココから這い上がってきてほしいと思う。
 それも快く送り出してくれたナインやファンへの恩返しなのだからね。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-24 23:50 | メジャー

球界にとってファンとは何なんだろうか?

 交流戦も終わってこれからはリーグ戦に戻るんだけれど
 いつも考えさせられるまゆげのノーさん のコラム。
 確かに全く聞く耳を持たないオーナー側は論外としても(接点さえない)
 選手会もそれほどファンの声を聞こうとする意欲に欠けているような気がする。
 提供されているコンテンツが全て週刊ベースボールとのタイアップだからね。
 選手会独自でファンからの声を聞こうという姿勢があまり感じられない。
 どうしてもそんな思いが付きまとってしまう。ノーさんが言うのももっともなこと。
 遅々として進まない現状を考えればファンの意見を吸い上げるところがどうしても
 必要になってくるはずなんだけれど、それがどこにもないのが現実だろうと思う。

 折角ニッカンには記者Blogがあるんだからそれを上手く活用してはどうだろうか?
[PR]
by extranjeco | 2006-06-23 17:49 | 球界

早く復活してほしいね

 肩の故障と2段モーションの改善という2つの課題に取り組んでいる岩隈。
 先月に復帰への1つの課題を克服して仮免の段階まできているようだ。
 岩隈手応え 144キロマーク
 



 







 

 
 右足を跳ね上げる姿は確かに岩隈の愛称バンビそのものだろうね。
 この画面では見えなかったけれど岩隈はオーバースローから
 少し腕を下げてスリークォーター気味のフォームになっていたとか。
 いままでのフォームが以前肩を壊したときに久保コーチと相談して
 できたものだとテレビで語っていたほどだから逆境をバネにする
 天性のものが彼には備わっているのかもしれない。

 去年から岩隈は藤井のサインに首を横に振ったことがなかったけれど
 何でも「リードは藤井さんに任せていますから」そう答えていた。
 岩隈の復帰はもしかするとカツノリに引導を渡すことになるかもしれない。
 私はカツノリには何の恨みもないけれど捕手としては限界という印象を
 持っている、ピッチドアウトしても盗塁を刺せないんだからね。
 いくらノムさんがカツノリのリードを褒めたとしても逆に投手のリズムを
 悪くしているような気がしてならない、ハマスタの一場がそうだった。
[PR]
by extranjeco | 2006-06-22 23:49 | パリーグ

今年の交流戦

 いろいろとあったけれど今年の交流戦も結構楽しめた。
 ウサギの謎の失速だとかスワローズが息を吹き返してきたりだとか
 あるいは前半は債務超過だった楽天がココに来て債務圧縮している。
 見どころはかなりあったと思う、かく乱要素といえばそうだlれど。

 ニッカン名物のまゆげのノーさんが総括していた、今年も楽しめたセ・パ交流戦
 実際私もインボイスや千葉マリンからは遠い環境でホークスの試合を
 楽しむことができたし交流戦がなければそれは叶わないことだった。
 惜しむらくは競馬ではないけれど最後の直線になってW杯と重なったこと。
 そのために相当メディアの関心が失われてしまったことかもしれない。
 
[PR]
by extranjeco | 2006-06-21 19:47 | プロ野球