<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

遅ればせながら...

 いよいよ甲子園の役者が揃ってきたような感じがするね。
 早実もサヨナラ勝ちで西東京予選を勝ち上がってきたからなぁ。
 結構きわどい試合を勝ちあがってきているからなおさらかもしれない。
 校舎移転のための西東京移転だったけれど東東京の常連だった
 だけに何かヘンな感じもする。それは仕方がないことだからね。
e0039510_19132164.jpg

 けれどセンバツでも2試合で300球を投げた斉藤はこの試合でも
 200球以上投げているからエースとはいえ彼の肩が心配ではある。
 松坂のとき甲子園での連投のときにも彼の肩の心配がされていた。
 ただあのときの松坂は代表枠が2校で試合数が少なかったことや
 控えもいたし予選ではほとんどコールド勝ちであまり消耗してはいなかった。
 センバツの疲れはもう取れているだろうけれど今年は雨のために
 甲子園までの日数が例年以上に少ないことも気にかかる。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-31 19:38 | アマ野球

やっと決定した

 神奈川の決勝はほぼ戦前の予想通りの対決となったような気がする。 
 共にセンバツに出場していて東海大相模は途中敗退で横浜が優勝。
 けれどその横浜は春季大会で東海大相模に決勝で敗れていたからね。
 そのあとに渡辺監督は地元メディアに「春と同じじゃ勝てない」と語っていた。
 選手にも厳しい練習を課していた以上に自分をも戒めたのかもしれない。
 浮かれていては足元をすくわれる、そう思っていたのかもしれない。
e0039510_1993313.jpg

 結構点差は離れたけれど点差ほどの実力差はなかっただろうと思う。
 まだ心身とも未完成な高校生ゆえ1つのプレーが大きな点差となって
 現れてきたようなそんな印象だったし、終盤結構追い上げられている。
 松坂のときのように記念大会だったら両校とも出場できたかもしれない。
 あのときは神奈川は2校の代表枠があってあの時と同じ分け方なら
 東西に分かれて予選になっていたはずだったからね。

 コレでセンバツからの注目校が次々と出場を決めてきた。
 センバツ準優勝の清峰・去年の覇者駒大苫小牧・旋風を起こした
 八重山商工などが出場を決めてきた。残るはエース斉藤擁する
 早実の行方にかかってきたような気がする。入院中の大先輩
 「王監督のためにも」という思いが相当強いとも聞いているからなぁ。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-30 23:59 | アマスポ^ツ

何か悲喜こもごもだったね...

 オールスター明けの最初の週末だったし夏休み最初の週末でもあった。
 どこも結構観客が入ったようだったね、特殊事情がある函館以外は
 ナイターだった。パリーグは普段デーゲームのことがほとんどだからね。
 子供達が夏休みに入ったこともあってナイターにしたんだろうとも思う。

 楽天 対 西武 【試合終了】楽天3勝7敗0分けニッカン式
 [開始18時00分◇フルキャスト宮城◇観衆15296
e0039510_49046.jpg

 ファンや涌井にとってはまさに悪夢か晴天の霹靂だったかもしれないね。
 たぶんほぼ勝利を確信していた矢先の山崎逆転満塁弾だったからなぁ
 打たれたヒットは同じでも涌井の場合は内容が悪すぎたのかもしれない。
 作戦だったのかどうかはわからないけれど1点取られたときに交替だったかも...

 逆に楽天はフェルナンデスの四球で満塁になったワンチャンスを逃さず
 モノにしていっただけなのかもしれない。今年の楽天にはそんな「まさか」を
 やってのけるだけのしぶとさが確実に育ってきているし、礒部もそれを感じている。
 牧田の復活がそれを後押ししているのかもしれないしそれなりに層も厚くなった。
 ナメてかかると間違いなく足元をすくわれるほど手ごわい存在になっている。
 事実6月だけでは勝率が首位の西武を上回っていたのも事実だったからね。

 日ハム対ホークス 【試合終了】日本ハム6勝5敗0分けニッカン式
 開始13時01分◇函館◇観衆20163 この数字は凄いものらしい。
 キャパが小さいだけで実際は超満員札止めだったらしい。
 函館帰りの日ハムファンから直接聞いた話で「ドーム満員計画3」では
 相当なチケット争奪戦競争になるとも言っていた、今季最後のイベントだし。
 しかも新庄弁当が今週から売り出されてすぐに完売してしまうというからね。
e0039510_438586.jpg

 どちらにとっても「アレレ?」の試合だったのは事実で先発が早々にKOだった。
 ダルビッシュは立ち上がりを突かれ四球から自滅する典型的なパターンで
 投げてみないとわからない寺原も3つの内野安打?でこれまた自滅。
 ある意味珍記録だったと思う1イニング3内野安打なんて...ヒチョリにぶつけて
 田中賢にはキッチリと同点打されてしまっていたからね。
 競馬ではないけれど展開のアヤでどう転んだかわからない試合だったなぁ...

 こんなことも影響したんだろうか???
[PR]
by extranjeco | 2006-07-29 23:35 | パリーグ

前絶対王者が退院

 腎臓腫瘍のために入院していたノア前絶対王者小橋が退院した。
 一時はその成り行きが懸念されてもいたからね、まずは一安心か。
 三沢社長の動揺はかなり激しかったようにも感じられた。
 病気が病気だけに今年中の復帰はたぶん難しいと思う。
 高山が脳梗塞で入院したときも復帰までは1年はかかっていたからなぁ...
e0039510_3494169.jpg

 けれど実際多くのプロレスファンはいち早い復帰を待ち望んでいるはず。
 特に圧倒的な強さを見せていた小橋だけになおのことそれを望むはず。
 しかも最近国内のプロレスでは高山の復帰以外にいいニュースがない。
 秋山の表情もあまりさえないようにも感じられるからね。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-27 23:44 | 格闘技

役者が揃い始めてきたね

 長雨などでなかなか日程が進まず代表決定が今年はかなり遅れている。
 特に九州や北陸・長野では大幅な日程の遅れが出ているらしい。
 今月中に全代表が決まるのか?そんな気もしてきているからなぁ。
 もう来月初めには甲子園が開幕してしまうし練習にも影響が出てくるはず。
 社会人野球と違ってドームでの試合がないというのもあるかもしれない。
e0039510_18535017.jpg

 昨年の覇者で夏2連覇している駒大苫小牧が決勝を制し代表に決まった。
 センバツは不祥事で出場辞退にまで追い込まれていたからね。
 今回はなおのことうれしかったかもしれないし、今年も圧倒的な強さだった。

 センバツ準優勝の清峰も予選を勝ち上がってきて有力校が揃いつつあるね。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-26 23:14 | アマ野球

まだムリか、でもあせらずに...

 ノムさんにとっては今季最大の誤算だったエース岩隈の離脱。
 もう2度の追試が行なわれているけれどまだ復帰までの道のりは遠い。
 フィジカル面ではもう問題はないようだけれどメンタル面での課題が
 まだまだ残されているようだ。以前にも肩を故障しているし...
e0039510_122047.jpg

 ノムさんとしては台所事情が苦しいので一刻も早く復活してほしいだろうね。
 岩隈本人もまだ1軍で通用するような投球が出来ていないとも言っていた。
 球速以上に球のキレや肩のスタミナに不安が残っているんだろうね。

 まだ若いしこれからのこともあるので来月一杯はまだ調整が必要かも...
 あせってまた悪化させたら元も子もないからね、確かに。
 チームにとって彼の離脱は本当に痛いはずだけれど今季限りの選手ではない。
 完全に治してからの方がチームにとっても貴重な戦力になるはず。
 今の状態が不本意だということは岩隈本人が1番わかっているだろうから
 あせらずじっくりと取り組んでほしいとも思う。
 
[PR]
by extranjeco | 2006-07-25 19:42 | パリーグ

オールスター第2戦

 雨で仕切りなおしとなったけれど何とか試合は行なわれたけれどパは連敗。
 何か試合のおいしいところはみんなセに持っていかれたような感じだね。
 球児の8回での3者連続三振とかクルーンの快投とか...ストッパー全開だった。
 メディア露出ではどうしてもセから見れば分が悪いからこういうときに
 やってしまわないといけないんだけれど、それだけが残念だったね...
[PR]
by extranjeco | 2006-07-24 17:29 | プロ野球

野球の原点

 今日のオールスター第2戦は激しい雨のために明日に順延された。
 今月に入って九州は南部を中心として集中豪雨にさえなっているほど。
 こんな状況では順延も止むを得ないかもしれないね、天候には勝てないからね。
e0039510_2513742.jpg

 昨日神宮では選手会が中心となって子供達とのキャッチボールが行なわれた。
 地味な活動だけれどある意味野球の普及のための原点かもしれないね。
 野球の基本は確かにキャッチボールにあるはずでこれなくして野球はない。
 1人では野球でできることがホント限られてくる、相手あっての野球だからね。
 相手の正面にボールを投げて相手はそれを捕球する、それは野球の基本。
 野球に限らずある意味コミュニケーションとして人間関係の基本かもしれない。

 けれど昨今の子供を取り巻く環境の激変からか男の子でもキャッチボールが
 できないケースが増えているとも聞く。以前は男の子が生まれると父親は
 「息子とキャッチボールをするのが楽しみ」早応えることが多かったけれど
 最近では仕事が忙しかったりあるいはその場所がないことなども起きている。
 公園などでも安全の問題から禁止にしているところも多いと聞く。
 しかも塾通いなど子供の時間そのものが大きく変動しているのも事実。
 リトルリーグなどのスポーツ少年団に入らない限り十分な環境にはないのかも。
 ファミコンなどでの野球と実際にプレーする野球とでは相当な開きがある。

 直接選手から教えてもらえることが稀な子供達だからこそ選手には優しく
 握りや構えなどをこれからも教えていってもらいたいものだと思う。
 意外にそういうことを彼らはしっかりと覚えているものだからね。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-23 23:38 | 戯言

オールスター第1戦

 私は仕事で見られなかったけれど昨日オールスター第1戦が神宮で行なわれた。
 今年はかなり主力選手のケガなどで新しい顔が出ていたようにも思える。
 イキのいい若手が台頭してくるのも球界活性化の1つの方法だろうし。
 そういった新しい顔がどんなプレーをするのかもオールースターの見どころ。

 今年ならヒチョリがそうだったかもしれない、初出場だったけれど遅ればせながら
 彼だって言わずと知れた松坂世代で帝京時代はわっちからHRを打ったこともある。
 目立たなかったけれど新庄が入団してからは攻守に渡っていい仕事をしている。
 弟分として相当新庄の影響を植えているんだろうとも思ったなぁ。
e0039510_217327.jpg

 澄ました顔をしているけれど今年も新庄は何か企んでいるらしい。
 以前は見え見えだったけれどホームスチールさえヤラかしたこともあった
 今年は国家の許可が必要なことをやってみたいとも言っていたからね。
e0039510_225521.jpg

 けれど見せ方をよく知っているのも新庄の持ち味だろうとも思う。
 何をヤラかすんだろうとは思っていたけれど、今年は裏方に徹していた。
 ある意味プロデューサーになっていたのかもなぁ。
e0039510_229035.jpg

 そのヒチョリがいきなりやってくれた(爆)企画立案は新庄かもしれない。
 誰が見たってピッコロはヒチョリであることは明白だったからね。
 ペイントをしなくても十分だったのではないか?とさえ思えた。
 週刊ベースボールでガンちゃんが苦言を呈していたけれど
 「ヒチョリのパフォーマンスはヒット1本打ってからでいい」それ以上の成績だった。
 攻守に渡る活躍は誰も文句がつけられないものだったからね。
e0039510_2352319.jpg

 コレじゃ清原も松坂も爆笑するしかないよなぁ、絶対子供達にはウケたはず。
 八木あたりが悟空になっていたらもっと盛り上がっていたかもしれないし
 新庄が亀仙人で出ていたらもう完璧だったかもしれないね、きっと(爆)
 
[PR]
by extranjeco | 2006-07-22 23:58 | プロ野球

呪いは消滅していなかった...

 パリーグに伝わるマリーンズのジンクス「個人名弁当」を売り出した選手は
 その年必ず深刻なトラブルに見舞われるというもの。コレまでも何度
 選手がトラブルやアクシデントに泣かされてきたことだろう。
 古くは伊良部・ジョニー・河本・成本・石井浩そしてイ・スンヨブまで。
 ケガで離脱というだけでなく深刻なスランプに陥ったり果ては退団まで行ってしまう。

 ファンや球団・選手もこのジンクスを知らないわけがない。ほとんどの選手に
 断られて、OKを出したのはベニーただ1人だったという(ソレを知らなかったのかも) 
 去年から球団はベニーの弁当「ロコモコ・ランチボックス」を売り出していて
 去年は何事も起こらずマリーンズは日本一にまで登りつめてしまった。
 今年も販売を続けて売れ行きもかなり好調だったという。
 去年はあまり大掛かりな販促行動はとっていなかったらしい。

 そこで今月に入ってから試合前にオーロラビジョンなどで大々的にやり始めたら
 ベニー 右ひざ痛で登録外れるときてしまったらしい。
 指揮官の嘆き今さら…ボビーWBCの影響嘆く福浦まで離脱だからね...
 けれどただでは起きないマリーンズのフロント、交流戦ではセ6球団をモチーフに
 した弁当を販売して交流戦優勝したばかりだったからなぁ(呪い返しか?)...
e0039510_17395761.jpg

 やるしかないけれどね、1度お祓いを受けた方がいいのかもしれないね、マリーンズは...
[PR]
by extranjeco | 2006-07-21 15:57 | プロ野球