<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

効果のほどはどれほどか?

 私は距離的あるいは時間的な問題で旧インボイス西武ドームにはまだ行ってはいない。
 何かの原因でよく止まってしまうが湘南ー新宿ラインでは池袋は簡単に出られるけれど
 そこから先の西武線では身内の西武ファンからも結構手際の悪さを聞くことが多い。
 要は「行きはよいよい帰りは怖い」というそんな状況らしい。
 以前から西武ドームにお客を集めるためには西武鉄道がどれだけファンを運ぶか?
 その1点しかないようにも思えたしもはや球団の努力の限界があって松坂資金も
 底をつき、「いかに南関東からお客を集めるか?」その1点かもしれない。
 球団が公式HPでいくら努力をしても肝心の球場にきたお客をどう輸送するか?
 その視点をこれまで西武鉄道側は欠いていたことだけは否定できないだろうとも思う。

 無論「南関東」という定義には神奈川を始めとして東京都南部を含むエリアになる。
 地下鉄副都心線の開通を待って西武は新たな試みを始めたらしい 
 横浜から東横線での乗り継ぎが可能になるのは5年後の話だけれど果たして
 どれだけの効果が表れるんだろうかなぁ、未経験なだけに西武鉄道は未知数だし。
[PR]
by extranjeco | 2008-05-08 13:14 | パリーグ

末恐ろしいけれど楽しみな逸材

 中田・由規とBIG3といわれて高校ドラフトでは1位指名でなければまず採れない。
 そういわれていたマリーンズの唐川が今季2度めの登板。初登板がホークス戦だが
 とても高卒ルーキーとは思えないような投球内容だったのを覚えている、ヤラれた…
 去年夏の甲子園予選千葉大会から見ていたけれど無駄が全くないゆったりとした
 フォームから繰り出される投球は球速以上に速く見えてもいた。
 怪物中田を完璧に抑えていた由規は甲子園でも150kmを超えていたけれど
 唐川の場合はまるで松坂を思わせるような下半身の充実ぶりだったのを覚えている。
e0039510_4251323.jpg

 今季無駄打ちも多いけれど圧倒的な打撃陣を誇る西武打線を相手に見事な投球。
 ホークス戦では大事をとって7回で降板したけれど昨日は9回1失点で完投。
 チームの育成方法などでも違いはあるけれど松坂以上の怪物ぶりを発揮
 ただものではないことはわかっていたけれど次の楽天戦でノムさんがどんな対策を
 講じてくるかで評価が決まるかもしれない。いい新人が現れたなぁ^^
[PR]
by extranjeco | 2008-05-04 23:40 | パリーグ

試合は見られなかったけれど

 ある意味で注目の試合だったかもしれない、日ハム対楽天
 試合前まではダルビッシュを上回る防御率で近鉄時代から札幌ドームでは
 結構相性がいいと聞いていた岩隈と日本では初登板のルーキー多田野。
 ただルーキーとはいっても彼の場合はアメリカでも投げていたから
 そこそこの実績もあったし六大学でも屈指の投手だったからなぁ。
 骨折明けだけが心配材料だったから投手戦も予想できた。

 けれど予想外で岩隈が乱調だったようで5回持たずに5失点。
 今季これほど調子の悪い岩隈は初めてだろうと思う、どうしたものか?
 四球もあったけれど立ち上がりから不運な安打もあったが5回は滅多打ち。
 3回も失点こそなかったけれどダイジェストではかなり危なかったようだ。
 もっとも日ハムの指揮官は岩隈が最多勝を挙げたときの指揮官梨田監督だから
 攻略法など選手には伝えていたかもしれないしバッテリーも藤井だから
 キャッチャー出身の監督ならどう攻めてくるのかが丸見えだったのかもしれない。
 梨田監督も現役時代にはインサイドワークの良さで定評があったほどだから
 あながちそんなこともあってもおかしくはないだろう。

 多田野の投球は見事というしかないだろうとも思う、7回で降板したけれど
 無四球で1安打無失点の内容なら先発としては十分すぎるだろうと思う。
 多田野自身も六大学時代は奪三振記録を作ったわっちと投げ合って
 投手戦を演じていたほどの逸材で、立教OBの話では2人が投げ合うと
 試合の進行がものすごく速かったということを聞いたことがあった。
 例のスキャンダルがなければ2002年のドラフトでは横浜の1位指名だったほど。
 コケて骨折の報を聞いたときにはがっかりしたけれど早く完治して
 パリーグをもっと盛り上げてほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2008-05-03 16:38 | パリーグ