タグ:オリバ ( 12 ) タグの人気記事

台風とか悲喜こもごも

 今日の福岡は台風の接近・上陸などで早々と中止決定。
 選手の移動や観客の身の安全を考えたらやむをえない決定。
 実際に九州では各地で台風による被害が続出していた。

 他のチームながらその動向を見ていた中山が昨日先発初勝利。
 チーム事情で中継ぎなどをさせられていたけれど元々は先発で
 試合に出てこそ味のある投手ではないかとも思っていた。
 初先発ではホークスをマジで青くさせてもいたし次の日ハム戦でも
 日ハムファンを青くさせてもいた。ここ2試合は精彩がなかったが
 競り合った試合では結構いい投球を見せてもいた。

 何となく日ハム八木に似たタイプで投球術に長けているという印象。
 あの縦に割れるカーブには左は相当手こずるだろうとも思う。
 首都リーグのベストナインにも選ばれているほどだったし2003年の
 神宮大会では準優勝さえもしていて実績もあったからなぁ。
 馬原や鳥谷に隠れてしまっていて知名度こそなかったけれど
 ホークスと横浜が意中の球団だったのを覚えている。

 パリーグの興隆ということから考えても来季以降も見てみたい投手だ。
[PR]
by extranjeco | 2006-09-17 23:38 | パリーグ

復調途上だからね...

 20度目延長戦…岩隈にボヤキ【楽天7-7オリックス】

 確かに楽天は試合時間が長い傾向にあるのは間違いない。
 試合終了がナイターの場合では23時を過ぎていることもかなりある。
 それ故に「野球好き」とノムさんが自虐的に言うこともある。

 確かに6失点では内容が悪すぎるけれど今季を考えれば無理もないだろう。
 さらにフォームを変更した分だけリリースのときの威圧感が弱くなった。
 岩隈自身当然納得はしていないだろうし反省材料を検討しているはず。
 岩隈のときは打線の援護があるけれど勝てはしなくても昨日もあった。
 次は頑張ってほしいと思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-09-06 23:49 | パリーグ

平野恵が4カ月ぶり実戦復帰

 5月6日のロッテ戦(千葉)の守備でファウルフライを捕球した際にフェンスに激突、
 胸骨など数カ所を痛めていた。そんな彼がやっと実践に復帰したという。

 この試合チバテレビで放送されていたけれどあのアクシデントは
 放送前に起きていたので生中継はされていなかったのを覚えている。
 あのプレーは何度かテレビでも取り上げられていたほどだった。
 彼にとっては痛い代償だったししばらく恐怖心が残るかもしれない。

 相当遅れてしまったけれどコレから挽回してほしいとも思う。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-31 23:53 | パリーグ

遅ればせながら...

 清原が記録ずくめのサヨナラ弾【オリックス8―6西武】
 けれど遅すぎたような気もする、もっと早い時期から打線が
 好調だったらここまでチームが失速することもなかったはずだし...
 清原やノリだけの責任だけではないはずだけれど後ろから楽天も
 追いかけてきてもいる。楽天は最下位脱出に燃えているし。

 楽天38勝目 ノムさん岩隈に合格点【楽天6―4日本ハム】
 日本ハム戦の連敗を「11」でストップさせ、札幌ドームでも今季8戦目の初勝利。
 野村監督「初登板というのを割り引けば合格点じゃない。マウンドに立つ姿に
 オーラがある」といっている。
 岩隈には勝ちはつかなかったけれど無事に復帰戦を終えた。
 今季日ハムには11連敗していたけれど岩隈は札幌ドームでは
 負けなしという抜群の相性だったらしいし、岩隈の時は打線の援護もある。
 相性というのもかなり微妙なものかもしれないなぁ。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-30 23:55 | パリーグ

そうだったのか?

 日本ハム7連勝!2位に0・5差【日本ハム3-1オリックス】
 ≪金村 オリックスに14連勝≫ここまでくると相性だけではないかも...
 完全にカモにされてしまっているような気がするなぁ、オリバは...
 <オリックス プレーオフ可能性消える>借金が今季最多の25に膨らみ、
 プレーオフ進出となる3位以上の可能性がなくなったという。
 今のオリバは投手陣が火の車だから借金が膨らんだんだろうね。
 補強した部分にけが人が出てしまっているのも運がないのかもしれない。

 渡辺俊 約3カ月ぶりの5勝目【ロッテ7-3楽天】
 そういえばナベ俊も長いこと勝っていなかったんだね、意外だけれど...
 鉄平にぶつけて危険球退場になってから何かツキがないような気もする。
 その分マリーンズも何か低迷しているのかもしれないね。
[PR]
by extranjeco | 2006-08-28 19:57 | パリーグ

ホントいろいろ...

 山崎武 同点、同点、サヨナラ打【楽天5-4ロッテ】
 ノムさんのぼやきが聞こえてきそうな気もする連日の長丁場。
 「お前らホンマに野球が好きやなぁ...」とか...
 昨日も有銘が踏ん張っても勝てなかったからなぁ、確かに。

 ダル 清原斬った!20歳初白星【日本ハム1-0オリックス】
 けれど日ハムファンは相当青くなったかもしれないと思う。
 打線の援護がなくてなかなか勝てない中山だけれどこの日もそうだった。
 好投しても報われないことが多いね、彼は...
[PR]
by extranjeco | 2006-08-27 23:58 | パリーグ

何だかなぁ

 大阪ドームの破綻から京セラがネーミングライツを取得した。
 オリバはこれからどうするのかまだ結論を下してはいないけれど
 果たしてどうなるんだろうかね、不透明といえば不透明だ。 
e0039510_141375.jpg

 しかもトラの経営統合で機構やオーナー会議がどんな判断を下すか?
 そのオーナー会議が来週中に開かれるけれどまた揉めるんだろうね。
 経営統合が新規参入と見なされれば加盟料を支払う必要がでてくる。
 件のオーナー連中がいったいどんな判断をするんだろうかね。
[PR]
by extranjeco | 2006-07-01 23:52 | 球界

中山慎也

 去年のドラフトでオリバに5位で指名されて入団した、丁度岩隈や宗リン
 正田や馬原の世代。松坂世代の1つ下になるが実際の投球を見てはいない。
 正田と同じ桐生出身ではあるけれど高校時代は全くの無名選手だった。
 正田は高校野球の優勝投手だったから知名度も抜群だった。

 彼は城西大に行ってからその素質が開花したのかもしれない。
 4年生の時には首都大学リーグで優勝したときのエースだったし
 このときに首都大学リーグでベストナインにも選ばれたのを覚えている。
 神宮大会では決勝で早稲田鳥谷にHRを打たれて負けてしまったけれど
 失投はこのときだけだったという記事を見た事もあった。Wikipediaから。
 今では検索をかけると多くヒットするけれど2003年までは
 大学の公式HPくらししかなかったのを覚えている。
 それでも三振を取れる投手だと感じてもいた。

 このときの週間ドラフト会議で彼はホークスかベイスターズを
 意中の球団としていたけれど結局指名はかからずノンプロに行った。
 実際に彼の投球を見ていないのでなんともいえないが土曜の
 ホークス戦で中継ぎで登板して炎上してしまったがコレだけで
 判断するのは早計かもしれない、確かに防御率はよくない。
 ただ投球イニングが短い投手は失点してしまうと数値が急に悪化する。

 オリバの事情からか体力などの問題から中継ぎにされているようだけれど
 是非先発で見て見たい投手だなぁと思うことがある、意外にいい結果を
 残せるような気もしている。ただオリバは投手陣をどう育成するのか?
 その視点が欠けているような気もしないではないのが気がかり。
 同年代のドラ1香月も最近はあまりパッとしないのも気がかりなこと。
 手術をしたこともあったけれど中継ぎでは答えが出ないような気もする...
[PR]
by extranjeco | 2006-04-25 11:54 | パリーグ

清原

 確かに清原への死球は群を抜いて多いのは事実だろうと思う。
 過去何度もぶつけられて休養を余儀なくされたことも多かった。
 武闘派といわれるだけに過去何度も相手に脅しをかけたこともある。
 20日にもダルビッシュにぶつけられて退場したほどだからね。

 そしたら今度はこう言い放った、清原 次の死球に報復宣言
 清原の気持ちはわかるけれど決して褒められたことではないはずだ。
 厳しい内角攻めは投球術の基本であって決して卑怯なことではない。
 相手が強打者であればあるほどバッテリーは執拗に攻めてくるはず。
 実際日本人投手で故意死球を投げられる投手がいったい何人いるんだろうか?
 故意死球に激昂するのならわかるけれどほとんどの場合違うはずだ。

 彼のポリシーもあって、彼はほとんど厳しい内角攻めをよけようとはしない。
 それもあって彼の技術的な未熟さを指摘する球界OBも多い。
 よけ方の拙さも決して褒められたことではないはずではないのかな?
 ONは何度もぶつけられたけれど決して相手投手に実力行使はしなかった。
 逆に自分の打球が石井一久のように顔面直撃したときにどう思うのだろうか?
 あるいは自分のバットが相手を直撃してしまったときにどう思うのだろうか?
 それでも「コレも野球」と簡単に済ませてしまうのだろうか?とも思う。

 メジャーのようにスポーツが完全にエンターテイメントならば答えは違ってくる。
 ただ日本の場合「スポーツは教育の一環」という建て前が存在している。
 それが典型的に現れてくるのが学生野球、特に高校生以下だろう。
 果たして彼らに清原のような威嚇行動が許されているだろうか?
 やったら最後厳罰が彼らを待っている、それをしらないはずはないだろう。
 プロ野球が夢を売る商売なら自分自身の背中を彼らも見ていることを
 決して忘れてはならないはず。それに気付くべきではないのだろうかとも思う。
 彼らに与える影響を自分自身で考えて見れば自ずと答えはわかるだろうとも思う。

 こんな優しい心配りができるんだから
 宗リンと西岡はほとんどイチローと行動していたらしいね。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-23 23:38 | プロ野球

あの男がネェ...

 試合よりもその他のことで注目を浴びる事が多かった彼、前川。
 トラ時代は翌日先発なのに100球も投げてしまったりとか
 近鉄時代には自分の契約更改日が12月1日なのにしっかり欠席。
 何でも「今日は11月31日だと思った」というおバカなコメントまで...
 寮の定年を過ぎても退寮を首脳陣から許されなかったのは
 奔放な性格からか後にも先にも前川ただ一人だったという。
 
 前川が3年ぶり勝利もうそんなに勝っていなかったのか(爆)
 実際近鉄時代の前川の姿を見ていないので何ともいえないが
 どうやら減量に成功したらしいね、トラの頃から変わっていないような...
 私の周りのトラキチには全くといっていいほど認知されていなかったけれど...
 ただ彼が本当に復調したのかを見定めるには西武戦で好投してからだろう。
 近鉄時代は一時西武キラーとまで言われていたと聞いているからね。
[PR]
by extranjeco | 2006-04-08 22:47 | パリーグ