素朴な疑問

 大阪近鉄という球団が消滅してもう1年以上のときが流れた...
 年間40億という赤字に耐えられなくなって球団合併を選択した。
 金額には相当の不確定な部分もあって額面通りには受け取れないケド
 まぁそれはそれで仕方がないと無理やり納得してしまおうと思う...
 球団合併が完結してからは近鉄サイドから全く情報はない。
 「敗軍の将兵を語らず」という言葉があるけれどそうでもないだろうね。

 40億という赤字部門を切り捨てて本社サイドはさぞ胸をなでおろしているだろう。
 今では論功行賞に入っているのかもしれない、結構なことだろう彼らにしてみれば。
 資料会計のプロではないのでコレだけ見てもわからないが...
 年間70億の赤字を計上する部門はまだ継続しているんだね...摩訶不思議なり...
 コレではどう株主に説明をつけるんだろうか?素朴な疑問である。
[PR]
by extranjeco | 2006-01-17 20:08 | 戯言
<< 風化なのか恥さらしなのか... ホリエモン問題 >>