人気ブログランキング |

2005年 09月 17日 ( 1 )

早くもストーブリーグ?

 今シーズンも残り試合を数えた方が早くなってきた…
 いつもながら思うこと、監督の問題がシーズン終了前から
 流れ始めること、選手にとって混乱するだけじゃないの?
 マスコミが火のないところに煙を立てようとしていることもあるけれど…

 先月辺りから流れていたけれど田尾続投、来季楽天は「最下位から脱出」

 三木谷オーナーがもっと早く言明していたらココまでにはならなかったはず。
 いろいろと下交渉をしていたのかもしれないけれど、お粗末だった。
 一時はノムさんの名前まで出ていたけれど、彼の下では均衡財政は不可能。
 再生工場の異名をとる彼だけれど、結構補強では球団にカネを出させている。
 補強の失敗も結構あったことを覚えている、まずオーナーと衝突するだろうね。
 
 就任前からラジオを通じて新球団の広報をやってきたのは監督自身。
 夫人も仙台で番組を持っていてかなり好評だとも聞いている。
 監督解任なら今いる仙台のファンが相当離れることも考えられる。
 地元と交渉に当たっていたキーナートGMを更迭した以上
 更なる地元との軋轢は避けたいのが本当だろうと思う。

 昨日のラジオでも田尾監督の留任はかなり濃厚と語っていた。
 ネタ元は解説者時代から何度もラジオでコンビを組んで趣味の釣りなどでも
 公私にわたって親交のあるスポーツアナからだったから信憑性があった。

 彼の話ではローズ獲得の可能性もかなりあるのではないかと言っていた。
 評論家時代からローズのことを認めていて、大砲に泣いた今季を思えば
 十分にありえる話ではないかとも思える。
 ただGMなど何らかの形で広岡氏がフロントに入る可能性も高く、監督とは
 問題はないにしてもアレだけ酷評していたからローズ・清原はなくなる。

 一将功成りて万骨枯る…楽天、ベテラン6投手を電撃解雇
 確かに彼らに十分なチャンスを与えていたかどうかは疑問に残る。
 結果を残していないと監督は言っているけれど、前半の負の遺産が
 アレだけあったのだから彼らだけの責任ではないような気もする。
 彼らがいたからこれ以上悲惨な数字を防げたということもある。

 ただ再挑戦の機会を与えるためには早く宣告したほうがいいのも事実。
 大越の時のようにトライアウトがほぼ終わった時期ではもう動けない…
 より多くの選手が再雇用されて欲しい…
by extranjeco | 2005-09-17 20:12 | 球界